サイドボードの上、お洒落にしてみませんか?組み合わせで考えるコーディネート術

サイドボードの上のディスプレイはセンスや個性が現れる、家のフォーカルポイントとなる部分です。海外では飾るのが普通ですが、日本ではまだそれほど積極的に取り入れられていないかもしれません。これを機に、おしゃれなディスプレイのアイデアを知って、サイドボードの目利きになってしまいましょう。

2016/12/17 更新
著者:
サイドボードの上、お洒落にしてみませんか?組み合わせで考えるコーディネート術

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

サイドボードの上って、いつもきちんとキレイに片付いてますか?読みかけの雑誌や衣類など、ついつい、モノの「仮の置き場」になってしまいがちなサイドボード。美しく保つためには、レイアウトを決めておくことが大切です。美しいデコレーションや、レイアウトのアイデアを紹介しちゃいます。これでみなさんも「サイドボード上手」になってくださいね。

コンテンポラリーアートを飾って

額装との相性がとてもいいのサイドボードです。大きなものを立てかけてもいいし、サイドボードを中心にして、上の壁面に幾つか並べていくのもありですね。


 

広告

 

アート、照明、グリーンを左右対称に

整然としたレイアウトを目指すなら、左右対称(シンメトリー)がオススメ。両脇を締めるスタンド照明は同じタイプのものを選びましょう。小物で少しだけシンメトリーを崩すのがポイントです。


 

ポスターフレーム

好きなポスターフレームを飾るのもおしゃれですね。トーンを揃えておくと、グラフィックはいろいろでも1本筋が通った印象になりますよ。立て掛けと壁掛けを混ぜているので、いい意味で「崩し」が効いてます。


 

ミラーとの組み合わせ

小さなミラーを一杯飾ってみるだけで、華やかで知的な印象になりますね。実際にフェイスミラーとしても使えますし、部屋を若干でも広く見せる効果もあります。アルファベットオーナメントなどのアイテムと組み合わせて、ボーイッシュな印象もアリです。


 

シンプルなディスプレイで静謐なイメージを与える

飾るものは花瓶と照明だけ。壁面の余白が、襖絵のように、絶妙な「間」をリビングにもたらしてくれます。


 

ウォールギャラリー

キャビネットの上のウォールギャラリーはよく見かけるデコレーション方法ですよね。アートや額はそれぞれ大きさが違うので、バランスよくレイアウトするのが一つの楽しみです。パターンを変えたりしても、気分がガラッと変わりますよ!


 

黒板とゴールドフレームでヨーロピアンカフェスタイルに

ヨーロピアンアンティークは豪華だけど重くなちがち。そこで、フレームの中を黒板にして、手作り感を足してみてはいかがでしょう。ちょっと気取ったカフェのような、特別な雰囲気がリビングに生まれるのでは?


 

テレビモニターを加えて便利に使うアイデア

サイドボードの上に、壁面固定のテレビモニターを。コードレスで電波の受信ができるテレビも増えていますので、このようなすっきりしたレイアウトも可能になりました。じっくり鑑賞するテレビというよりはBGMとしてニュースを流しておく、なんていうライフスタイルの人にいいかもしれません。


 

花を加えると女性らしさUP

女性らしさを出すなら?やはり「フラワーベース」がいいでしょうね!ミラー、スタンド照明を加えて、デコレーションしつつ、オープンにした本で知性もアピールできます。


 

おわりに

出典:http://roomclip.jp/

サイドボードの上は、家の「スタンス」を演出する絶好の場所です。好みのアイテムをそろえつつ、季節に応じたディスプレイができるといいですね!

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ