一日一捨てしてみませんか?持たない暮らしを意識できるスッキリ収納実例

断捨離をしたことある人は多いのではないでしょうか。断捨離後はスッキリした〜と思ったのに、また徐々に増えていく物たち……物を増やさないようにするために、スッキリ収納実例とともにご紹介します。

公開日:
著者:
一日一捨てしてみませんか?持たない暮らしを意識できるスッキリ収納実例

著者名

komame.m

komame.m

シンプルインテリアと収納が好きで、”丁寧な暮らし”と”ゆる家事”という言葉に弱い主婦です。双子を含めた3人の息子たちと、いかに心地よい暮らしができるかを日々考えています。

断捨離をしたことある人は多いのではないでしょうか。断捨離後はスッキリした〜と思ったのに、また徐々に増えていく物たち……物を増やさないようにするために、スッキリ収納実例とともにご紹介します。

靴箱の断捨離

kozu_tani_inside

玄関に靴があふれていませんか?もし靴箱に入り切らず、家族の人数以上の靴が毎日並んでいるようなら、見直しどきです。家族が多ければ多いほど、管理も大変になりますが、サンダルや雨靴を含め一人あたり4〜5足くらいに抑えておきたいですね。


 

 

mecchi555666

そして、家族みんなの靴が靴箱に入ることが理想的です。靴箱が小さくどうしても入り切らないときは収納スペースを増やして、常にたくさんの靴が転がっている状態をなくしましょう。整然と並んだ靴箱は美しいですよね!


 

kozu_tani_inside

持ち数を減らせばメンテナンスしやすく、それぞれを大切に履くことが出来ます。おしゃれは足元からと言いますし、愛着のある靴を大切に履く人って素敵ですよね。靴って性格が出る部分でもありますし、意外と見られているかも。だらしのない人、ではなくきちんとした人、という印象を与えたいですよね。


 

財布の中身をすっきりと

kozu_tani_inside

レシートがごっちゃりしているのは言語道断ですが、ポイントカードやクレジットカードで膨れ上がっているのも考えものです。本当に必要なカードだけに厳選するとレジでもたつくこともありません。


 

食器棚は余白があるくらいがちょうどいい

shuconbu

普段使いの食器も見直してみましょう。余白が残るくらいがちょうどいいですよ。家族構成にもよりますが、ほとんど出番がない食器は断捨離してスペースを空けると、使いやすくなります。食器同士がぶつかるくらいぎゅうぎゅうに詰め込まれた食器棚は、出し入れの際にカチャカチャ音がしますし破れる恐れもありますよね。


 

yuka3246

もしどれも捨てられない……というときは、一度すべてを出してみましょう。奥底に眠っていた食器が見つかるかもしれません。なかには、使ってないけどお気に入りで手放せないものだってありますよね。そういうものは少量なら残していてもいいですが、場所を取りすぎては意味がありません。リビングに飾ったり、鉢植えとして使ったりと、別の用途にしてもいいですよ。潔く厳選していきましょう。


 

mk.1010

カトラリーは引き出しがごちゃごちゃになりがちです。必要なものを、必要な数だけにするよう心がけたいですね。例えば大きなフォークは使わないから断捨離するなど、それぞれの暮らしにあわせた収納量を目指しましょう。


 

kozu_tani_inside

カトラリーもここまでくるとツワモノですが、この写真くらい余白があれば一瞬で摑み取れますよね!しばらく使っていないカトラリーはないか、たまに見直すことがポイントです。


 

寝室はお掃除しやすく清潔な空間に!

shinkok

ベッドは大きくて、ベッド下の掃除やマットレスのメンテナンスも重労働ではないでしょうか。フローリングでも布団を敷いて寝る生活は、なかなか快適ですよ。普通の布団だと腰が痛くなるので、厚みのあるマットレスがおすすめ。通気性が気になるなら、すのこを敷くと気持ちがいいですね。もちろん布団はすぐにたためるので、床掃除もしやすく清潔です。


 

メイク道具は持ちすぎない

a_m_u_11_

コスメ好きな人はどんどん増えていくのではないでしょうか。実は化粧品も酸化します。お肌が荒れているとしたら、それは古い化粧品を使っているせいかも。2年経った物は処分し、厳選したコスメだけを残すようにしましょう。


 

 

kozu_tani_inside

さらに断捨離が進められるなら、自分に似合う物や使いやすいアイテムだけにしましょう。毎日のメイク時間も短くて済みますし、ナチュラルメイクにすれば肌質も良くなります。


 

クローゼットは余裕を持って

letoile__life

おしゃれにこだわれば、限りなく増えていく衣類や服飾雑貨。でも本当に、持っているすべてを活用できているでしょうか?ワンシーズンに2〜3回しか着ていないものは、なくても大丈夫なはず。冠婚葬祭やアウトドア系など特別な衣類以外は、基本的にはトップス4〜5枚・ボトムス2〜3枚あれば十分です。とはいえいきなり多くを減らすのは難しいので、似ているデザインや色ものなど、徐々に減らしていけるといいですね。


 

k.h.s.0906

ぱんぱんに詰め込まれたクローゼットは、衣類が擦れ合ってシワになりがちです。でも余裕を持ってかければ、美しい状態をキープできますよね。服の数が少ないと、全シーズンの衣類をかけておけるので衣替えの必要もありません。家事が時短になるというメリットもありますよ♪


 

おもちゃも定期的に見直しを

k.h.s.0906

放っておくとあっという間に溢れかえる物の、間違いなく第一位なのはおもちゃですね!子どもは全てが宝物のようで捨てられないので、大人が教えてあげないと分別することができません。「これはずっと遊んでないから要らないね」「もう壊れて動かないから、捨てていいんじゃない?」「迷うならこっちの箱に入れておこうか」など一緒に考えながら整理していきましょう。


 

ayumi._.202

子供がお片付け上手になるには、教育することが大切です。小さいうちはなかなか言うことを聞かず大変ですが、ある程度大きくなったら自ずと片付けられるようになります。小さい頃からの繰り返しが大事ですね!


 

断捨離したら

non.103.non

断捨離したらすべて処分してもいいですが、まだ使えるものがあるなら買取システムやフリマアプリで売ると、意外とお金になるかもしれません。不用品で得たお金で買い物するときは、無駄じゃないかよく考えて買うようにしましょう。


 

まとめ

持たない暮らしが生み出す効果と、スッキリ収納実例についてご紹介しましたがいかがでしたか。ちょっとごっちゃりしてるな〜と思うところがあれば、参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告