使い切っても捨てないで!まだ使えるペーパーの芯のリメイクをご紹介

トイレットペーパーやキッチンペーパーの芯は使い切ったら捨てるだけ、大半の方はそう思うはず。そこで今回はペーパーの芯を使ったリメイクをご紹介します。小学生のお子さんには自由研究のヒントになるかも。ぜひご覧ください。

著者:
公開日:
使い切っても捨てないで!まだ使えるペーパーの芯のリメイクをご紹介

トイレットペーパーやキッチンペーパーの芯は使い切ったら捨てるだけ、大半の方はそう思うはず。そこで今回はペーパーの芯を使ったリメイクをご紹介します。小学生のお子さんには自由研究のヒントになるかも。ぜひご覧ください。

ペーパーの芯をリメイク!まだ使い道がありますよ

小さなニット帽

momorin1128

こちらは小さくカットしたトイレットペーパーの芯で作ったニット帽。毛糸を二つ折りにしたものを芯に乗せて、輪の方に切った方の毛糸を通し、これを繰り返して芯を隠していきます。最後に毛糸をひとつにまとめ、毛糸の長さを合わせて丸くカットすればポンポンが。たくさん作って並べたくなる♡かわいい冬のオブジェになりました。


 

 

キャンドル風オブジェ

3本のキッチンペーパーでキャンドル風オブジェにアレンジ。蝋が垂れている風に見せるためにグルーガンを使用しています。取っ手を付けたケースは100均のもの。ケースの中はフェイクグリーン、芯の中はLEDライトなので火事の心配もありません。

詳しい作り方はこちら


 

コードの収納

トイレットペーパーの芯でパソコン周りなどのコードをまとめて収納することができるんです。ただ、そのままでは味気ないのでマスキングテープやシールなどで飾ってみましょう。これで簡単収納ができ上がりました♪


 

パーティー用デコレーション

パーティーの雰囲気を盛り上げてくれるデコレーションにも活躍☆トイレットペーパーの芯をカッターでカットして、表にはスタンプ、内側面を黒く塗ったものをつなげていきます。誕生会や女子会にも使えるアイディアですね。


 

フラワーベースのカバー

こちらは上のパーティー用のデコレーションと作り方はほぼ同じ。芯をカットする寸法を変えれば、フラワーベースのカバーとしてもナチュラルな雰囲気が楽しめます。


 

サビ風ペイントを

こちらは芯にサビ風ペイントを施したもの。下地にプラスターメディウムを塗ることで漆喰風な仕上がりに。乾いたらブラウンをペイントします。ペーパーのフチは手でちぎると経年劣化したような雰囲気でヴィンテージ感がプラスされますよ。

詳しい作り方はこちら


 

クラウン型オブジェ

トイレットペーパーの芯をギザギザにカットしてペイントし、先端の尖っている部分には半円型のパールシールを使っています。シールを貼るなどの装飾をすれば小さくてかわいいクラウン型オブジェに。お子さんと一緒に楽しめるリメイクですね。


 

アイアン風なボビン

こちらは支柱がトイレットペーパーの芯、台座がペーパーコースターで作ったボビンです。アイアン風のペイントで麻ひもや毛糸を巻くと、さらにアンティーク感が増していますね。


 

まとめ

トイレットペーパーやキッチンペーパーの芯を使ったリメイクをご紹介しました。元々はただ捨てるだけの芯なので失敗しても大丈夫、どんどんチャレンジしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告