「透け感」でお部屋の印象を変える!オシャレにこだわりながらスッキリ見えるインテリアにしよう♪

オシャレな雑貨やインテリアは大好きだけど、毎日過ごすお部屋はシンプルで使いやすいのが一番。でも、オシャレにこだわりながらスッキリ見せたり洗練されたイメージのインテリアを作るのは、案外むずかしいですよね。今回は、そんなスッキリ見えやオシャレ度アップに欠かせない「透け感」を活かしたインテリアをご紹介します♪

著者:
公開日:
「透け感」でお部屋の印象を変える!オシャレにこだわりながらスッキリ見えるインテリアにしよう♪

オシャレな雑貨やインテリアは大好きだけど、毎日過ごすお部屋はシンプルで使いやすいのが一番。でも、オシャレにこだわりながらスッキリ見せたり洗練されたイメージのインテリアを作るのは、案外むずかしいですよね。今回は、そんなスッキリ見えやオシャレ度アップに欠かせない「透け感」を活かしたインテリアをご紹介します♪

ちょこっとスペースも透け感のある小物をチョイス!

ハーバリウムで華やかさとスッキリを同時にゲット♪

yuka_setsu0527

何かワンポイントが足りない…そんなカウンターなどのちょっとしたスペース。そこにオススメなのが、植物を乾燥させてオイル漬けにしたハーバリウム。生花に比べて長くお花を楽しめるだけでなく、その透明感と、ちょっとしたスペースにスッキリと飾れる優れもの♪


 

 

yuhe.x.x.x

こちらは窓辺にハーバリウムを取り入れています♪寂しくなりがちな廊下の窓にも、気軽に取り入れられますよね。外の光をハーバリウムに透かすことで、スッキリしたイメージとお花の華やかさを同時にゲット出来ちゃうんです♡


 

ガラス小物で光を透かす

pafe777

透明感というとまずイメージに浮かんでくるのが、ガラス!という方も多いのではないでしょうか?こちらは、コレクションしたアンティークのガラスボトルを窓辺に飾っています。お天気によって毎日違う透け感を楽しめるのも、ガラス小物の魅力ですよね♪


 

Atelier-kobo

あまり光が入ってこないお部屋でも、窓際にガラス小物を配置してみましょう♪ちょっとした外の光も透かしてくれるので、お部屋の印象がグッと変わるかもしれません。


 

Atelier-kobo

こちらは北欧デザインのヴィンテージガラスブランド、エリック・ホグランのブックエンドです。まるで氷のような透け感で、インテリアの中でもひと際目を引きそうです♡ガラス雑貨でも北欧らしい飽きのこない温かみのあるデザインは、無骨な男前インテリアにもピッタリ合いそうです。


 

家具も透け感をプラス♪

ソファやチェアと組み合わせる

leclairdecor

リビングはソファやテーブルなど、大きめの家具が密集しやすく、狭く感じてしまうこともありますよね。こちらはテーブルにガラスをチョイスしています。ローテーブルなど低い位置にガラスの透け感を出すことで、お部屋全体をスッキリみせてくれます♡


 

natasha.designs

こちらは透明感のあるバーカートに植物を配置しています。海外モダンなイメージでも、印象を崩すことなくスッキリとみせてくれますよね。お部屋に、カフェスペースや植物の鑑賞スペースを作りたい方にもオススメのインテリア方法です。


 

ワイヤーで透け感を出す

jellinadetmar

透け感を出せるのは、ガラスやアクリルだけではありません♪こちらはなんと、ワイヤーバスケットをテーブルにしたユニークなアイディアです。向こう側が見えるワイヤーは、大きなサイズでも圧迫感がないですよね。


 

jellinadetmar

一般的な陶器やプラスチックのプランターを天井から吊るすと、圧迫感が出てしまうこともありますよね。こちらはワイヤーバスケットで代用しています!軽い印象もあり、さらに窓からの明るさがそのまま届くので植物の生育環境にも良さそうです♡小さいサイズのワイヤーバスケットだと、100円ショップでも手に入るので簡単にマネできそうです。


 

jtcollings

こちらは、脚部分がワイヤーのコーヒーテーブルなので、とてもスッキリして見えますね。光を遮らないだけでなく、お気に入りのラグの柄もそのまま楽しめます♡


 

fleamarketfab

1つ1つがサイズ感ある家具が集まっていますが、天井に透け感のあるワイヤー状の照明を取り入れることでまとまりを感じられますよね。


 

壁や仕切りも透け感を意識!

壁にもワンポイント取り入れよう

SangSang Hoo

ファブリックアートで壁にも透け感を出してみましょう♪こちらは「サンサンフー」というショップのウォールデコです。絵画やファブリックパネルだと圧迫感を感じてしまうこともありますが、こちらのように特殊なフェルトをカッティングしたファブリックアートは、しっかり壁への透け感もありますね。


 

 

NORDIC Feeling

部屋に入ったときに、まず壁で雰囲気や印象が伝わってくることもありますよね。こちらはデンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンがデザインした「City Hall Wall Clock」。ガラスらしいロイヤルブルーで、真っ白なクロスの壁やコンクリートの壁にも透け感をだしてくれそうです♪


 

カーテンや仕切りにも透け感を取り入れよう

jellinadetmar

こちらは海外のキッチンなのですが日本にあまり馴染みのない作りで、後ろに大きな窓があります。日差しが、ブラインドから透けてとてもスッキリしたイメージですよね♪布製のカーテンだとどうしても重みを感じる、という方はブラインドに変えてみるのも良いかもしれません。


 

widadesign

こちらは部屋の間仕切りを透け感のある素材にして、開放感たっぷりのイメージです。夜でも、隣の部屋からの照明の光などを反射して広々した印象をキープできそうですよね♡


 

まとめ

いかがでしたか?お部屋の「透け感」を意識するだけで、とてもスッキリした印象を受けますよね♪さらに、窓の数が少なかったり日差しの少ないお部屋でも、素材の透け感を活かしたり、光を透かしたインテリアを作るだけで、明るいお部屋も手に入るかもしれません!ぜひ今回の紹介を参考に、洗練されたオシャレなインテリアも、すっきりとしたイメージも手に入れて下さい♡

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告