レトロな団地でお洒落に気ままに。自分らしいインテリアで丁寧な暮らしを楽しむ

近年、ヴィンテージマンションや古い団地の良さが再注目されています。昔の建物の造りの丁寧さや、そのレトロなデザインが逆に今お洒落だと、密かな人気を集めています。そんな素敵な住宅で、自分らしい丁寧な暮らしを実現している方のお部屋をご紹介したいと思います。

公開日:2017/12/25
著者:
レトロな団地でお洒落に気ままに。自分らしいインテリアで丁寧な暮らしを楽しむ

著者名

8suzu8

8suzu8

母からもらったミシンで服をリメイクしています。姪っ子&甥っ子たちに夢中です。執筆することで皆さんと楽しく関わりたいと思っています。

近年、ヴィンテージマンションや古い団地の良さが再注目されています。昔の建物の造りの丁寧さや、そのレトロなデザインが逆に今お洒落だと、密かな人気を集めています。そんな素敵な住宅で、自分らしい丁寧な暮らしを実現している方のお部屋をご紹介したいと思います。

古き良き住宅の魅力を感じる、丁寧な暮らしを

レトロな団地で、古道具とともに暮らす

kazue ◌

出典:instagram.com

昭和の時代を感じさせてくれる、タイル貼りの玄関。玄関のドアやタイルのレトロな雰囲気が懐かしく感じるのとともに、このヴィンテージ感がお洒落ですよね。


 

広告

 

kazue ◌

出典:instagram.com

ベランダの窓からは自然の優しい光が差し込み、とても明るいキッチンスペース。キッチンのタイルがこれまたレトロな趣きを感じさせてくれます。またヴィンテージ調の家具が、お部屋の雰囲気とマッチしていますね。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

自然素材のカゴや、カッティングボードなど、ナチュラルなキッチン道具が並び、見た目もとてもお洒落。洗剤のボトルやキッチンツールを立てておく容器をホワイトで統一するなど、色を揃えることでまとまりのある仕上がりに。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

味わいのある棚に食器を収納したり、小さなスツールを使って電子レンジを置くなど、使いやすく工夫を凝らしたレイアウトに。自家製の果実酒や、手作りのスワッグなど、丁寧な暮らしを楽しんでいる様子が伝わってきます。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

昔ながらの和室ならではの、木の縁や柱が、アンティーク家具と相性良くマッチしていますね。お気に入りの書籍を並べて、和室で好きな時に本を読んだり、趣味を楽しむのも良いですね。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

すりガラスになった引き戸もレトロな趣きがあって、とってもお洒落な雰囲気。木製の古道具や家具などを取り入れた、シンプルな色使いのインテリアは、温かみのある優しい仕上がりに。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

落ち着きのある空間でゆったりとした時間を過ごすのに欠かせない、お茶の時間。コーヒーやお茶を楽しむためのアイテムも、じっくり丁寧に選んで大切に使っていきたいものです。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

畳敷きのお部屋には、昭和の雰囲気漂うちゃぶ台をチョイス。観葉植物を取り入れたインテリアは、今っぽさと昔っぽさがミックスされていて、とても新鮮な仕上がりです。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

小さな台をお部屋の一角に配置して、季節の花を生けたりディスプレイスペースとして活用。シーズンごとにさまざまな演出をしながら、楽しい空間づくりをしています。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

タイル貼りのレトロな雰囲気の脱衣所には、銭湯に置いてあるような趣きのあるカゴを配置。必要なものが必要なだけ整頓されて収納してあるのはもちろん、こうした自然素材の温かみのあるカゴやスツールを上手く利用したレイアウトはお見事です。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

ナチュラル感のある古道具と一緒に素朴な雰囲気のお花を飾ったスペースは、見ているだけで温かい気持ちになってしまいますね。お部屋の細かいアイテムなどを、カゴや小さな引き出しを使ってセンス良く整頓されています。


 

 

kazue ◌

出典:instagram.com

日当たりの良いベランダにはお気に入りの植物を並べて、その成長を楽しむのも素敵。1日の始まりは、植物への水やりを。朝日を浴びれば、きっと身体もすっきりと目覚めるはず。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

ベランダにもアンティークの棚や踏み台を置いて、植物を並べたり作業スペースとして使ってもお洒落。古い配管の風合いと、古道具の温もり感のある趣きがとてもよくマッチしています。


 

素敵に年を重ねた団地で、自分らしく暮らす

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

セルフリノベーションでカウンターを取り付けた、カフェ風な雰囲気がお洒落なキッチンスペース。古い家具をミックスしながらバランス良く仕上げたセンスはお見事!


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

さらにキッチンカウンター内の収納も、使い勝手の良い完璧な造りに。ナチュラル素材のカゴやボックスを使った収納は、見た目もとってもお洒落な仕上がりです。


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

シンプルなステンレスコンロは癖の無いデザインなので、アンティークミックスなインテリアともコンビネーション抜群。お気に入りのキッチン道具で朝食を準備すれば、とっても楽しい気分で1日をスタートできそう。


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

限られたスペースを有効に使って収納を。お気に入りの食器は、見せて収納することでディスプレイにも。有孔ボードはたくさんのキッチンツールをかけて、見た目もすっきりと収納が出来ますね。


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

壁板を取り付けてセルフリノベーション。ホワイトの木板は、お部屋をナチュラルで明るい雰囲気に仕上げてくれます。また壁板を取り付けたことによって好きな棚を設置出来たりと、賃貸でも自由に飾りつけが出来ますね。


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

さまざまな懐かしい雰囲気の古道具を使って、見た目もお洒落に収納されています。事務用の書類ケースやバスケットなど、デザイン違いのアイテムがバランスよく組み合わせられています。


 

sayo.(大塚沙代)

出典:instagram.com

子どものおもちゃは、小さいものが多くあちらこちらに散らばりがちですが、こんな風にバスケットに入れれば見た目もすっきり。可愛らしいカゴなら、子どももお片づけを楽しんでしてくれそう。


 

まとめ

いかがでしたか?古い団地ならではのレトロな趣きは、古道具やアンティーク家具を取り入れたインテリアと相性抜群ですね。またセルフリノベーションで、自分だけのお気に入り空間に仕上げるのもとっても素敵で楽しそう。みなさんもレトロな団地や、ヴィンテージマンションに注目してみてはいかがでしょうか?

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!