食器洗いをラクにしたい!毎日の家事を効率良くする7つのポイント!

毎日する家事のひとつに食器洗いがあります。洗い物が好きという人も多いですが、一日何度も洗い物するのは大変なこともありますよね。今回は、洗い物を少しでもラクにするアイデアをご紹介します。

公開日:2017/12/19
著者:
食器洗いをラクにしたい!毎日の家事を効率良くする7つのポイント!

著者名

komame.m

komame.m

シンプルインテリアと収納が好きで、”丁寧な暮らし”と”ゆる家事”という言葉に弱い主婦です。双子を含めた3人の息子たちと、いかに心地よい暮らしができるかを日々考えています。

毎日する家事のひとつに食器洗いがあります。洗い物が好きという人も多いですが、一日何度も洗い物するのは大変なこともありますよね。今回は、洗い物を少しでもラクにするアイデアをご紹介します。

まずは王道、食洗機にお任せして時短!

_sapo__

食洗機って、あるとやっぱり便利なんですよね。洗って乾燥までしてくれるので、あとは残った水気を拭って仕舞うだけ。この時、食洗機と食器棚が近いのが理想的です。家事動線が良いので、洗い物のハードルがぐんと下がります。


 

広告

 

__amastyle__

食洗機洗剤も、少しでもラクなものを選びたいですね。粉末状やジェル状でも十分ですが、タブレット型は、計らずポンと入れるだけでいい手軽さが大きなメリットです。タブレット型の食洗機洗剤は、セリアの蓋つきケースにちょうどいいサイズ。一袋ぴったり入ります。


 

水切りかごを使う

k___home_

食洗機があっても、ちょこっとしたものなど手洗いは必要かもしれません。だから小さめの水切りかごがあると便利ですよね。水切りかごが小さければ洗った食器をすぐ拭こうという気持ちになって、あっという間に片付け終了するという利点があります。


 

__iii__home

KEYUCAの水切りかごはステンレス製で角ばったデザインがスタイリッシュ。木製トレーやグラスなど、食洗機不可の食器は手洗い必須だから、水切りかごはあったほうがいいですね。


 

水切りかご以外のアイテム

y.a.k_home4811

水切りかごはちょっと場所をとるなあ…というなら、水切りマットはいかがでしょうか。好みの位置で折り曲げられる柔らかさが使いやすいマットは、towerのもの。くるりと丸められるから、使わないときはコンパクトに収納できるのもメリットです。towerは無駄を省いたシンプルなデザインが人気です。


 

aki77_k

珪藻土のマットを利用している人もいます。珪藻土は湿気防止に砂糖などに一緒に入れたり、吸水性の良さからコースターやバスマットのような商品がよく売れていますよね。その抜群の吸水性を利用して、食器の水切りにも使うのはナイスアイデア!食器から滴り落ちる水で水浸しになることもなく、快適に使うことができます。


 

布巾にのせる

akincona

水切りかごって場所をとるし、細かい部分に汚れや水垢が溜まるしでメンテナンスも必要ですよね。それが面倒に感じているなら、いっそのこと水切りかごは撤去してみるのもいいかもしれません。なぜなら水切りかごがなくても、布巾で代用できるんです。あまりたくさん積み上げることはできませんが、ある程度の量なら十分、対応できます。


 

a.o.home

手ぬぐいはざぶざぶ洗ってもなかなかヘタらない丈夫さと、速乾性がキッチン向きなアイテムです。たくさんの食器を伏せるには吸水性は心もとないけれど、少量なら気持ちよく活躍してくれますよ。


 

すぐ拭き取る

sue5088

さらに、洗ったものをすぐに拭き取ってしまえば、水切りかごも不要になります!この作業を今までしていなかったら面倒に感じるかもしれませんが、洗いあがってすぐに食器を棚に戻せるのは、気持ちがいいですよ。


 

tomachia

使うふきんは、ぜひお気に入りのものを揃えて。「食器拭き」を楽しむことも、家事をラクに感じるためのコツです。例えばベルメゾンの布巾は、毛羽立たずふわふわで肌触りもいいんだそうです。


 

イロドリ

キッチンクロスは、さっと取れる場所に引っ掛けておくのも大切なポイント。家事動線を第一に考えて、なるべく少ないアクション数にすることが、家事をラクにさせます。


 

自然(お日様)の力を借りる

arekore

天気がいい日は、天日干しも!気持ちがいいしエコですよね。洗って水気を切った食器を椀かごに伏せて、風通しの良い日陰にしばらく置いておくだけで自然に乾燥します。直射日光にあてると、椀かごや、食器も素材によってはあまり良くないので、それだけ注意します。


 

 

0221hina

自然乾燥したら、そのままキッチンに置いていても絵になるのが椀かごの良さ。毎日毎食使う食器は、こうして椀かごに仕舞えば、使い勝手がさらによくなりますよ。


 

洗い物を少なくする

そもそもの洗い物の数を減らせば、少しでもラクになるのではないでしょうか?

調理にざるを使う

yucaco_k

野菜を洗ったり、茹でた青菜を冷ましたり、水気を切ったり。天然素材のザルは、水分調節が上手だから野菜の下ごしらえには欠かせません。また、基本的には流水でちゃちゃっと洗い流すだけで良いので、数を多く持たなくても使いまわすことができるんです。


 

ワンプレート

chi_ko_ta

朝食やお昼ご飯などはワンプレートにして、極力お皿を減らすよう意識してみても。盛りつけに工夫をしたら、まるでカフェのような気分も味わえます。ワンプレートだからといって小鉢を使いすぎると、結局洗い物が増えるので、小鉢はアクセント程度にしておきたいですね。


 

お弁当

arekore

もし家族のお弁当を作るのなら、ついでに自分の分も作ってみては。自宅でお昼を食べる場合でも、お弁当箱ひとつにしていたほうが洗い物が少なくて済みます。


 

まとめ

食器洗いという家事を少しでもラクにするためのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか。今まで当たり前だと思っていたことを無くしてみるのが、一番かもしれません。明日からの家事を、少しでもラクしてみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。
内容について運営スタッフに報告