100均の布アイテムをリメイク!ひと工夫で自分好みになるDIY実例集

手芸好きの方にも、100均アイテムが大人気。布も販売されていますが、バッグやエプロン、その他の布アイテムが充実しているので、パトロールしているうちに創作意欲が湧いてくるんですよね!ひと工夫することで、自分好みのアイテムができあがります。今回は100均の布アイテムのリメイク例を集めてみました。

公開日:2017/12/25
著者:
100均の布アイテムをリメイク!ひと工夫で自分好みになるDIY実例集

著者名

nikoniko25

nikoniko25

100均、IKEA、無印良品etcが大好きなワーキングママです。普段の暮らしをキラキラさせるインテリアのTipsをお伝えしていきたいと思います。

手芸好きの方にも、100均アイテムが大人気。布も販売されていますが、バッグやエプロン、その他の布アイテムが充実しているので、パトロールしているうちに創作意欲が湧いてくるんですよね!ひと工夫することで、自分好みのアイテムができあがります。今回は100均の布アイテムのリメイク例を集めてみました。

100均の布アイテムを自分好みにリメイクしよう♪

ダイソーのデニムバッグを簡単リメイク

元々はロゴが入ったデニムバッグを、ロゴを隠すようにリメイクしています。好きな布のハギレをボンドで貼り付け、自分好みのロゴをステンシルで入れれば、ダイソーだとバレないおしゃれなパッチワーク風のバッグができあがり!

デニムバッグのリメイク方法はこちら


 

広告

 

ダイソーのエプロンなら親子でお揃いも

ダイソーのシンプルなエプロンにステンシルをほどこして、かっこよく仕上げています。ダイソーの無地のエプロンは大人用200円(税抜)、子供用100円(税抜)と2サイズあるので、親子お揃いでリメイクしても楽しいですね。

ステンシルを使ったエプロンのリメイク方法はこちら


 

トイレットペーパーカバー

ダイソーのデニムランチョンマットを半分にカットしてトイレットペーパーカバーにしています。トイレットペーパーの予備を出しておきたいけれど、そのままにしておくのは嫌だという場合に使えるアイディアですね。ディスプレイとしても、男前インテリアやナチュラルインテリアを盛り上げてくれます。

トイレットペーパーカバーの作り方はこちら


 

タブレットなどに便利なクッションバッグ

セリアで売っているマットを使用しています。マットを2つ折りにして持ち手の部分に穴を開けてハトメをセット。下と横の2辺をミシンで縫って、ステンシルでロゴを入れたらできあがり。分厚いフェルトのような素材がクッションの役割を果たしてくれるので、タブレットやノートパソコンの持ち歩きにぴったり。

マットを使ったクッションバッグの作り方はこちら

 


 

巾着バッグにアレンジ

ダイソーで売っているトートバッグとTシャツヤーンを使用しています。トートバッグの持ち手を外し、バッグの入り口に穴を開けて、Tシャツヤーンで編んでいきます。余ったヤーンでフリンジを付けてワンポイントにしても可愛いですね。

トートバッグを使った巾着バッグの作り方はこちら

 


 

手ぬぐいでベビースタイ

どこの100均ショップでも売っていて可愛い柄も豊富な手ぬぐいを、ベビースタイにアレンジしています。赤ちゃんのよだれが多い時期には何回も取り替えるので、枚数あると便利なアイテムなので、100均手ぬぐいで作れてしまうのはうれしいですね!

手ぬぐいを使ったベビースタイの作り方はこちら


 

手ぬぐいをランチバッグに

マリメッコ風のセリアの手ぬぐいはSNSでも可愛い!と話題になっているアイテム。こちらは三等分に折ってランチバッグを作っています。お気に入りの柄でランチタイムが楽しくなりそう♪

マリメッコ風ランチバッグの作り方はこちら


 

手ぬぐいをカフェ風ファブリックボードに

カフェ風の柄が可愛いセリアの手ぬぐいをベニヤ板に貼り、枠を付けてファブリックボードにしています。こちらは古木風の枠を作って、チェーンでぶら下げているので、より男前なカフェな雰囲気に。

手ぬぐいを使ったボードの作り方はこちら


 

まとめ

今回は100均の布アイテムのリメイク例を集めてみました。普段使いできるものからお部屋のディスプレイまで様々なアイテムを作ることができるんですね!お気に入りの柄が見つかったり、バッグのデザインの一部が気に入らなかったり、作り変えてみたい時にぜひ今回のアイディアを参考にしてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!