オンにもオフにも使える!冬の上品コーデをつくるアイテム選びのコツを解説します!

「オフの日しか着れない洋服がたくさんあって困る…」そんなお悩みを解消するコーディネートをご紹介。冬物はかさばりがちですが、思い切り着回せるアイテムなら買って後悔なしです!

公開日:2017/12/01
著者:
オンにもオフにも使える!冬の上品コーデをつくるアイテム選びのコツを解説します!

著者名

ミツコ

ミツコ

喫茶店やフルーツサンドを愛するアラサーです。気合いをいれなくてもキマるお洋服選びにこだわりアリ。毎日の生活がちょっと楽しくなるコーディネートをご提案します!

「オフの日しか着れない洋服がたくさんあって困る…」そんなお悩みを解消するコーディネートをご紹介。冬物はかさばりがちですが、思い切り着回せるアイテムなら買って後悔なしです!

冬のワンピースのおすすめはこちら!

気温調節に、ニットによる着膨れ…冬のコーディネイトは考えることがいっぱいだけど、ワンピースなら1着で決まるので安心です。

ほどよくフェミニンなワンピースは暖房対策に

少し薄手の素材のワンピースは、暖房が効き過ぎのオフィスやお店でもさわやかに着こなせます。カーディガンを重ねると、さらに微妙な温度変化にも対応できますよ。チェック柄とブーツでトラッドな印象を出すと冬らしい印象になりおすすめです。


 

広告

 

通勤ニットワンピの王道

通勤ニットワンピの王道コーディネートともいえるのがこちら。体のラインを出しすぎない、上品なシルエットがポイントです。こんなエレガントなワンピですが、赤系のショールやパンプスを合わせたり、スニーカーと合わせると、一気に素敵なオフ仕様で使えるんです。


 

ニットワンピはウェストマークを忘れずに

[Andemiu] 【ブラウンWEB限定】ベルトツキボトルネックワンピース

8,532円

冬のニットワンピースはとっても素敵ですが、「太って見える」「透けが気になる」というお悩みも結構あるのではないでしょうか。分厚すぎない生地と、透けない色・素材を選ぶことが重要です。 そしてウェストマーク付きのデザインを選べば、さらにスタイルアップ! 今年の冬、自信を持って着られるワンピースをゲットです。

 

バストをマークするという発想もアリ

まるでリボンのように自然にバストをマークしてくれるニットワンピがあるんです。胸下で切り替えがあるこのワンピースは、足を長く見せつつウェストをカバーもしてくれるうれしいデザイン。太めの縦リブで、理想のIラインシルエットをつくることができます。


 

パンツと合わせるミニ丈ニットワンピ

ワンピースでもとにかくあったかくしたいならこちら!ミニ丈のニットワンピをロングニット感覚でタイトなパンツと合わせてみましょう。パンツとブーツの色を合わせると、足がとても長く見えるコーデになります。


 

ニットの着こなしは丈がポイント

丈の選び方でニットのコーディネートは決まります!お手持ちのボトムに合った丈をじっくり選んでくださいね。

プラム色のニットで華やかに

ゆとりのあるニットなのに着膨れして見えないのは、ニットの丈とパンツのおかげです。ふんわり&濃い色のニットをするときは、薄い色のタイトなパンツが好相性です。ハイウェストに見えるように長過ぎない丈のニットを選びましょう。足首の細さが分かるシューズを履くと、スタイルアップも叶っちゃいます。


 

おしゃれにみえるボーダーはこれ!

ボーダーニットは単調になりがち?いえいえこんなニットもあるんです!グリーン×イエローはおしゃれにみえる配色ですが、マスタードカラーのスカートを合わせると上品な印象もプラスできます。


 

Vネックでしっとりフェミニン

首を長く美しく見せてくれるVネックニット。その魅力をさりげなく引き出すなら、ボトムス&シューズはクールな系統を選ぶのがおすすめ。ヘアをアップにすると、トップとボトムのギャップで逆に女性らしさが印象づけられるコーデになります。


 

ブラウスでマンネリ脱出!

華やかなブラウスが一枚あると、ワードローブのマンネリ脱出に効果的です。

ブラウスは思い切り好きな柄を楽しむ

[Green Parks] m SET2点 花柄ブラウス+キャミソール

4,309円

ブラウスは少々派手な柄でもカーディガンやショールで抑えることができるので、思い切り好きな柄を選んでみて。 オフの日はキャップやゴールドのシューズでおしゃれのかけ算を楽しめちゃいます。

 

黒地ブラウスは上品な花柄を

黒地のブラウスならオフィスで浮きにくく、華やかさを楽しめます。ボトムスはグリーンやイエローなどのカラーを合わせて、明るくするのがポイントです。


 

通勤にもOK!な技ありアウター

アウターって結構かぶりがちじゃないでしょうか?かぶりにくいけどかわいい!アウターで、通勤もプライベートも快適に過ごしたいですね。

くすみピンクのアウターで冬でも明るい印象に

暗い色のアウターを着る人が多い冬だからこそ、明るい色のアウターは映えますよね。くすみピンクならブラック系やブラウン系と合わせやすいので、気軽にチャレンジできます。ミディ丈のタイトスカートはオクスフォードシューズにもパンプスにもショートブーツにも合うため、シーンを選ばず活用できるお役立ちアイテムです。


 

 

ベージュのノーカラーは上品アウターの決定版

ベージュのアウターは大人の女性らしさを印象づけるのにもってこいのアイテムです。ノーカラーのコートはエレガントな上、マフラーやショールを重ねるのにも向いています。アウターが明るい色のときは足下に向かって色が濃くなるようにボトムス・シューズを選ぶと、コーデが引き締まりますよ。


 

キルティングのジャケットと合わせるボトムスの素材にこだわり

カジュアルな印象に傾きがちなキルティング・ジャケットも、ボトムスの素材選びによってはぐっとシックな印象になります。画像にあるコーデュロイ素材のスカートや、ウール・ベルベットなどを組み合わせると、キルティングの意外な表情を楽しむことができます。


 

ミドル丈ダウンは着回し力最強!

ダウンの着膨れが気になるなら、ミドル丈がおすすめ。パンツにもスカートにも合わせやすく、重宝するはずです。ポイントは光沢のない素材&ゴールド系の金具を選ぶこと。それだけで、きれいめコーデへのシフトが簡単になります。画像のグレーチェックのパンツとブラウンのブーツのようにボトムスとシューズのカラーを変えることで、メリハリのあるきちんとしたコーデをつくることもできますよ。


 

ベージュのチェスターコートでパンツスタイルを仕上げる

ベージュのチェスターコートを白いパンツに合わせると、一気にあか抜けた印象になります。パンツはタイトなものがおすすめ。すっきりしたラインのチェスターコートによるスタイルアップ効果をさらに増すことができますよ。


 

まとめ

お気に入りのお洋服をオンでもオフでもフル活用できると更に嬉しいですよね。ぜひ、「私って買い物上手♪」と感じながらお買い物を楽しんでください。オフィスのドレスコードと着る楽しさを両立した大人のおしゃれで、冬をあったかくのりきりましょう!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!