今年のクリスマス飾りはDIYで☆リースとスワッグを手づくりしよう!

もうすぐクリスマス。クリスマスに向けてお部屋を少しずつ飾り付けていくのは、ワクワクして楽しいものですね。最近さまざまな種類が増えてきているクリスマスの飾り。なかでも、壁にかけるリースやスワッグは場所をとることがないので、人気のある飾りです。

公開日:2017/12/11
著者:
今年のクリスマス飾りはDIYで☆リースとスワッグを手づくりしよう!

著者名

miiryon

miiryon

インテリア、器、料理にアウトドア好きの大人女子。日々を豊かな気持ちで過ごすためのモノやコトをお伝えできたらと思います。

もうすぐクリスマス。クリスマスに向けてお部屋を少しずつ飾り付けていくのは、ワクワクして楽しいものですね。最近さまざまな種類が増えてきているクリスマスの飾り。なかでも、壁にかけるリースやスワッグは場所をとることがないので、人気のある飾りです。

自分好みのリースとスワッグを飾ろう

クリスマス前の時期になると、お花屋さんや雑貨屋さんにすてきなリースやスワッグが並びますが、今年は自分で手づくりしてみませんか?

リースをつくってみよう

必要なのは、リースのベースにする長い枝ものと、アクセントにする実や葉。実や葉は短めのものか、カットして使います。これらを止めるための細いワイヤーも用意しましょう。

シンプルなクリスマスリースの作り方はこちら


 

広告

 

枝を丸い形にしながら、崩れないようにワイヤーでとめていきます。枝は太すぎると丸い形になりにくいので、細いものや、しなるものを選びましょう。ワイヤーがなければ、麻紐などを使っても大丈夫ですが、緩まないようにしっかりととめることが大事です。一本の枝で足りない場合は、枝をワイヤーで繋いでいきましょう。


 

ベースの枝に、アクセントとなる実や葉をくくりつけていきます。ワイヤーが目立つようであれば、上から緑や茶色の麻紐で巻きましょう。


 

ステキなリースが完成です!こちらのリースはベースの葉の形が映えるように、アクセントの実と葉を控えめに、シンプルに仕上げています。


 

アクセントに綿の木を使うのもよいですね。白い綿はよりクリスマスらしい雰囲気のリースになり、茶色の綿はナチュラルな雰囲気のリースになります。


 

ドライフルーツや、シナモンなどのスパイス、松ぼっくりなど、アクセントにはさまざまなものが使えます。これらの飾りは「グルーガン」と呼ばれる接着剤を使って直接リースにとりつけるか、ワイヤーをつけてからリースにくくりつけるようにしましょう。


 

野ぶどうやサンキライなど、つる性の実がなる枝を使えば、もっと簡単にリースをつくることができます。枝をくるくると円の形にして止めていくだけで、つるの自然のままの形も楽しめます。


 

スワッグをつくってみよう

maimai➰🐌

出典:instagram.com

スワッグは、少しのポイントを意識するとキレイな仕上がりに。花束のように束ねてしまうのでなく、壁に吊るした時の前面を決めて束ねるのがポイントです。長い枝や動きのある細長いものは下に、花や実のついた枝は上に順に重ねていくと、バランスよく仕上がります。枝は一種類ではなく、もみやヒバ、ユーカリなど複数をくみあわせることで色や形に変化がうまれ、立体感のあるスワッグになります。


 

他のおうちのリースとスワッグを参考にしてみよう

le*cocon

出典:instagram.com

お花屋さんやネットショップ、100均などでリースの土台を購入すれば、仕上げのアレンジだけで簡単にリースをつくることができます。


 

 

ユーカリの葉の形が美しいリース。アクセントに入った実やドライフラワーも同系色を使っているので、シックな印象のリースとなっています。


 

土台になる枝と、ペッパーベリー、リボンを使えば、半月状のクリスマスリースがつくれます。ホワイトのペッパーベリーでつくれば、よりナチュラルな印象のリースになります。

ペッパーベリーを使ったリースの作り方はこちら


 

George

出典:instagram.com

白いアジサイのリースは、白一色が降り積もる雪を連想させる、ロマンティックでクリスマスらしいリースとなっています。


 

le*cocon

出典:instagram.com

組み合わせを変えて、色々なリースを作ることができるのは手づくりだからこそ。壁に飾るリースだけでなく、キャンドルリースをあわせて作るのも素敵ですね。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

もみの木やユーカリに、白い綿とホワイトのペッパーベリーをあわせた、どんなお部屋のインテリアにでもあわせやすい、シンプルなスワッグです。


 

kazue ◌

出典:instagram.com

大ぶりの花と葉を使ったリースは、緑とブラウンの色の組み合わせが、ナチュラルでシックな印象をつくっています。クリスマス時期が終わっても楽しめるスワッグですね。


 

まとめ

手づくりのリースやスワッグは、飾っていて可愛いだけでなく、見ている私たちをあたたかい気持ちにさせてくれます。今年は、ぜひリースやスワッグの手づくりにチャレンジして、クリスマスの準備をしてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。