いつもの『ボーダー』を旬のコーディネートに更新!スタイリングのコツをご紹介♪

誰もが1枚は持っている定番アイテム『ボーダー』。かわいいけど人とかぶってしまったり、トレンドの感じられないマンネリコーディネートになってしまいがち。そこで今回はそんな『いつものボーダー』を今っぽく見せるコーディネートをご紹介します!大好きな『ボーダー』で季節感のあるコーディネートを楽しみましょう♪

2017/11/09 更新
著者:
いつもの『ボーダー』を旬のコーディネートに更新!スタイリングのコツをご紹介♪

著者名

anko

anko

インテリアもファッションもベーシックアイテムに少しトレンドを加えたスタイルが好きです。興味のあることを自分らしく発信していきたいと思っています。

誰もが1枚は持っている定番アイテム『ボーダー』。かわいいけど人とかぶってしまったり、トレンドの感じられないマンネリコーディネートになってしまいがち。そこで今回はそんな『いつものボーダー』を今っぽく見せるコーディネートをご紹介します!大好きな『ボーダー』で季節感のあるコーディネートを楽しみましょう♪

『無難』にならないボーダーコーディネート

定番カラーで旬の着こなし

ワイドパンツとゆったりカーディガンは今シーズン外せないトレンド感満載の鉄板アイテム!ラフすぎる印象になりすぎないようにシンプルにボーダーを合わせてスッキリ着こなしたい。


 

広告

 

インナーを白でまとめたキレイめコーディネートは無難になりすぎないようにドロップショルダーのゆるっとアウターでトレンド感を加えて。


 

『KBF』のサスペンダー付きパンツはストラップの調節でオールインワンとしても使える2WAY!少しクセのあるデザインも定番のボーダーと合わせると着こなしやすいですね。白のアイテムを足して秋冬もボーダーの爽やさを楽しみたい!


 

ベーシックアイテム同士の組み合わせも、自分にピッタリのサイズ感にこだわることでより洗練された清潔感のあるスタイリングに。ボーダーがアクセントになって大人のこなれたカジュアルスタイルに仕上がっています。


 

いつものボーダー×スキニーのコーディネートに旬のモヘア素材のロングカーディガンを羽織るだけで、抜け感のプラスされた『今』を感じる新鮮スタイルに。


 

人と違う色で差をつけたい!

大好きなボーダーを秋冬カラーのボルドーに更新!コーディネートのアクセントになるカラーを選べば着こなしの幅が広がります。


 

コーディネートが難しそうな赤のボーダーは意外にもキャメルとの相性が抜群!正統派なボーダーのイメージをインパクトのある新鮮コーデに変えてくれます。ボトムはデニムなどのブルー系のアイテムをシンプルにあわせたいですね。


 

まわりとの差をつけたボーダーコーディネートを楽しみたいならキャメルがおすすめ!落ち着く秋冬の定番カラーでありながらカジュアル感を程よく抑えて女らしさをキープできるアイテムです。


 

人気の『Traditional Weatherwear』のボーダーTは短めの丈とフワッと広がるシルエットがこなれ感を演出してくれます。すっきりテーパードのパンツと合わせればカジュアルだけどきちんと感のあるスタイリングになりますね。トレンドカラーのモスグリーンのパンツが旬な雰囲気を引き寄せます。


 

秋冬アウターコーデのアクセントに

メンズライクなウールのバルマカンコートのインナーには定番の黒スキニー×ボーダーでレディと『ちょっとおじさん』のミスマッチを楽しんで♪カラーパンプスでより洗練された雰囲気に。


 

今季も引き続きトレンドのゆったりシルエットのコート。だらしない印象にならないようにするにはインナーのコーディネートとのメリハリが大事!細めのボーダーTシャツもハイウエストのデニムですっきり着こなしてキレイめカジュアルの完成♪


 

 

ロックテイストになってしまいそうなレザージャケットとサッシュベルトの組み合わせも、柔らかシフォンのプリーツスカートが優しい雰囲気に仕上げてくれています。ボーダーをトレンド感満載にスタイリングした上級コーディネートですね。


 

ダッフルコートやレースアップシューズなどマニッシュなアイテムをボーダーワンピースで女らしく仕上げて。ネイビーとブラックでまとめたシャープな色合いがミニワンピースの甘さを抑えてくれています。


 

今季トレンドのクラシカルな雰囲気に仕上げてくれるハイウエストのデニムはいつものボーダーを新鮮な着こなしに変えてくれます。ゆるめのアウターを合わせれば感度高めのオシャレコーデに♪


 

ボーダーのカジュアルなイメージにタイトスカートで女っぽさをプラスして。アウターも襟を抜いたり肩にかけたりして「キチンと着ない」ことで抜け感を出すのが今年流。


 

いつまでも着続けたいボーダーとミニボトムを合わせたパリジェンヌスタイル。大人のミニは中は短め、アウターは長めのバランスが鉄則!子供っぽくならないように着こなしたいですね。


 

まとめ

毎シーズン買い足したくなってしまう定番アイテムの『ボーダー』もシンプルにまとまりすぎてしまったり、去年と同じコーディネートになってしまうことも。今年はいつもと違うカラーに挑戦してみたり、トレンドのアイテムと組み合わせてちょっと冒険したスタイリングを楽しんでみるのもいいかも♪ぜひ参考にしてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!