GU・ユニクロetc・・・今季トレンドのボアアウター&素敵コーデをご紹介

今季トレンドのアウターと言えば、断然ボアアウター。カジュアルからキレイめまで幅広いテイストのデザインが登場しています。そこで今回は、プチプラのGU&ユニクロのものをはじめ、ボアアウターを使った素敵な着こなしをご紹介したいと思います。

2017/11/03 更新
著者:
GU・ユニクロetc・・・今季トレンドのボアアウター&素敵コーデをご紹介

著者名

tentenwork

tentenwork

男の子を子育て中の主婦です。それまではセレクトショップを中心に、約10年間アパレル業界で仕事をしていました。プチプラブランドからセレクト系まで、等身大のおしゃれをご提案できたらと思います★

今季トレンドのアウターと言えばボアアウター!

今季トレンドのアウターと言えば、断然ボアアウター。カジュアルからキレイめまで幅広いテイストのデザインが登場しています。そこで今回は、プチプラのGU&ユニクロのものをはじめ、ボアアウターを使った素敵な着こなしをご紹介したいと思います。

GU&ユニクロのボアアウター

大人気のGUボアブルゾンを着回し★

大人気のGUのボアブルゾンは、ショート丈&すっきりとしたノーカラーのデザインで、どんなボトムスとも相性◎。こちらのコーデのように衿を後ろに抜き、軽く羽織る感じで着るのが、今っぽく見える着こなしのポイントです。


 

広告

 

ミディ丈のチェックスカートを合わせて。ベレー帽やサイドゴアブーツなどをプラスして、トレンドのトラッドカジュアルなスタイリングです。


 

前と同じボアブルゾンを、マキシ丈のの花柄ワンピースに合わせてヴィンテージライクに。


 

インナーのグリーンのボーダーをアクセントに、色違いの黒のブルゾン&黒のタイトスカートで、大人シックなカジュアルコーデに。同じ色同士でも、それぞれの素材感が際立ちメリハリが付いています。


 

その他のボアアウターもおススメ★

こちらはGUのリバーシブルのボアアウターに、マキシ丈のサロペットを羽織ってガウン風に。今年らしい丈バランスのコーデです。白っぽいボアなら、重くなりがちな秋冬の装いも明るくしてくれます。


 

ユニクロのボアフリースコートを使った、オールブラックコーデです。足元を編みタイツ&パンプスでキレイめにまとめて、カジュアルになりがちなフリースコートをモードライクでリッチな雰囲気にしています。


 

こちらはUNIQLO Uのメンズのボアアウターを着ています。ロックTシャツ&ブラックデニムの黒でまとめた辛口コーデに、ベージュのボアアウターを合わせてることで、ラフでカジュアルな印象に。


 

参考になる着こなし沢山♥オシャレなボアアウターコーデ集

何かと合わせやすいショート丈★

いつもだったらカーキのミリタリーブルゾンを合わせるところを、カーキのボアブルゾンを羽織って。それだけで一気に今年っぽい装いにバージョンアップ。小物はキレイめにして、大人カジュアルな秋コーデの完成です。


 

インパクト大なペイズリー柄のコーデュロイワイドパンツに、黒のボアブルゾンを合わせて。トップスを黒でまとめることで、パンツのデザインを引き立てたコーデです。


 

ジャンパー風のビッグシルエットなボアジャケットに、ドット柄のワイドパンツを合わせて、大人のフレンチカジュアルコーデに。上下ともボリュームのあるシルエットなので、ヘアスタイルはコンパクトにまとめ、全体のバランスを取っています。


 

黒のタートルネックに、黒のボアブルゾンをレイヤード。ブルゾンのボタンがコーデのアクセントになっています。ボトムスは白のワイドパンツを合わせて、モノトーンでクリーンな印象に。上下バランスの取れたスタイリングです。


 

 

カーキのシャツワンピースに、キャメルのボアブルゾンを羽織って。秋らしい色合いが大人シックなコーデです。ノーカラーでシンプルなVネックのブルゾンなら、衿周りにデザインのあるアイテムと合わせても、すっきりと着こなせます。靴はあえて派手なものをチョイスして、インパクトのある足元に。


 

温かそうなミドル~ロング丈★

白のカットソー×ブルーデニムに、ライトベージュのボアアウターを羽織ってヘルシーカジュアルな印象に。ブラウンのニットクラッチが季節感とこなれ感をプラスさせています。


 

グレーのニット&ブラックデニムに、こっくりとしたブラウンカーキのコートを羽織って。メンズライクなスタイリングにボア素材のアウターを合わせることで、旬な感じと柔らかさがプラスされています。レイヤードした白のインナーが、コーデのアクセントに。


 

もこもこ×ロング丈で今年らしさ満点なコートは、一枚羽織ればすぐに旬のスタイリングに。グレーなら黒よりも重い印象にならず、カジュアルにも着回せます。インナーに着たパープルのニットが大人シックな雰囲気で素敵です。


 

まとめ

いかがでしたか?一枚羽織るだけでたちまち今年っぽくなるボアアウター。プチプラブランドからも沢山出ているので、ぜひお気に入りの一枚を見つけて冬のおしゃれを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!