インテリアに「白」をうまく活用したい!よりスタイリッシュに魅せるためのホワイトカラー活用法☆

インテリアをよりオシャレに魅せるには、内装やインテリアのカラーを工夫することが肝心ですが、特に利用することが多い白は、うまく扱うことで今以上にオシャレでスタイリッシュなお部屋を演出することができます。今回は、より素敵なお部屋づくりのためにホワイトカラーをうまく活用したコーデ例やオススメグッズをご紹介していきます。

2017/10/19 更新
著者:
インテリアに「白」をうまく活用したい!よりスタイリッシュに魅せるためのホワイトカラー活用法☆

著者名

toki0128

toki0128

旅行やインテリア、アクセサリーに手芸、芸術などなど好奇心の赴くままに勉強中です。最近は10歳の愛犬とのお散歩に夢中。座右の銘は「人生万事塞翁が馬」です。

インテリアをよりオシャレに魅せるには、内装やインテリアのカラーを工夫することが肝心ですが、特に利用することが多い白は、うまく扱うことで今以上にオシャレでスタイリッシュなお部屋を演出することができます。今回は、より素敵なお部屋づくりのためにホワイトカラーをうまく活用したコーデ例やオススメグッズをご紹介していきます。

白い空間を有効的に利用したリビングルーム

ホワイトの内装、家具で開放感を演出

FLYMEe

出典:instagram.com

インテリアカラーの中でも、汎用性が高い白は、様々なお部屋に利用されることが多い色です。特に、くつろぎやすさと開放感が求められるリビングルームは、壁面や床などに白が使われることが多いです。こちらのリビングでは、壁面とソファに白を用いることで、空間を広く見せ、開放感のある憩いの場を演出しています。


 

広告

 

ma-(まー)

出典:instagram.com

白い空間は開放感を演出しますが、少々落ち着かないと感じるときは、ウォールシェルフなどを設置してオブジェやブロマイドなどのインテリアグッズをデコレーションするとよいでしょう。こちらのインテリア例のように、お花や蝶のモチーフを壁面にデコレーションすると、より一層空間に物語性が出ます。


 

どらこ

出典:instagram.com

一口に白といっても、目がさえるような白にナチュラルな白と幅広く、上手く扱うことで単調にならず深みのある空間を演出することができます。こちらのインテリア例では、白で全体を統一しつつ、階段やソファ、床、壁面とそれぞれ異なった風合いの白を用いて、柔らかな雰囲気を演出しています。


 

白い内装を活かした広くゆったりとしたダイニングルーム

お部屋を広く見せるホワイトを効果的に用いる

ma-(まー)

出典:instagram.com

空間を広く、開放的に見せるホワイトを効果的に用いることで、広々としたゆとりのあるダイニングルームを演出することができます。こちらのインテリア例では、キッチンとダイニング、リビングが同じフロアにありますが、内装をホワイトで統一することで開放感があり、狭く感じないゆったりとした空間を演出しています。


 

OTHILIAS HEM | Interior

出典:instagram.com

白はどのような色調にも合わせやすく、また、食材などの色をありのままに映すため、ダイニングルームに効果的に用いることで食事がよりおいしく、楽しくなります。こちらのインテリア例で用いられている白は、オフホワイトから目がさめるホワイトと用いている白の種類が多く、テーブルや窓辺に飾る観葉植物の色も実に鮮やかに演出しています。


 

フローリングをホワイトにして、より開放感あふれるダイニングに

インテリアショップBIGJOY

出典:instagram.com

ホワイトを基調としたダイニングルームでは、床面はフローリングのナチュラルな色そのままのご家庭も少なくないと思いますが、こちらのインテリア例のように、フローリングの木目を活かした塗装を施すことで、より広がりのあるダイニングルームにすることができます。


 

インテリアショップBIGJOY

出典:instagram.com

こちらは、ダイニングとリビングが同じ空間にありつつも、壁面と床がホワイトで統一されているため、狭さを感じずゆったりとくつろげる空間を生み出しています。床も硬質的なホワイトではなく、フローリングの木目を活かした塗装が施されているので、ぬくもりを感じさせます。


 

ホワイトを基調としたキッチンで清潔感を演出

白さを活かしてスッキリとしたキッチンに

株式会社FILE -FILE Co., Ltd.-

出典:instagram.com

清潔感とスタイリッシュな雰囲気をキッチンに取り入れたいのであれば、内装やキッチンの食器棚もホワイトで統一するとよいでしょう。こちらのキッチンはキッチンカウンターや食器棚、壁面のタイルやペンダントライトを白で統一することで、清潔感と洗練された雰囲気を両立したオシャレなキッチンに仕上がっています。


 

株式会社FILE -FILE Co., Ltd.-

出典:instagram.com

都合上、どうしても狭くなりがちなキッチンですが、内装を白にすることで開放感を出し、広さを感じる空間にすることができます。こちらのキッチンでは、壁面から通気口、コンロ台、キッチンキャビネットに至るまで白で統一し、広々とした清潔感あふれるキッチンを演出しています。


 

flamingo-sap

出典:instagram.com

白いキッチンは清潔感と開放感を与えてくれますが、あまりにも白すぎると落ち着かないという場合は、アクセントとして白以外の色を取り入れるとよいでしょう。こちらのキッチンは、シンク台に淡いグリーンを取り入れ、清潔感とポップさを合わせたスタイリッシュなキッチンを演出しています。


 

白いインテリアグッズで清潔感をアピール

収納ボックスや観葉植物などで効果的にホワイトを取り入れる

Hill

出典:instagram.com

収納スペースにホワイトカラーの収納ボックスを用いることで、清潔感が増し、よりスッキリとした収納にすることができます。特に、清潔第一のキッチンや洗面所などに用いる収納アイテムを白で統一することで、収納性だけでなく、清潔なイメージをより強くしてくれます。


 

 

うーさん

出典:instagram.com

白いお花はお部屋に清楚でナチュラルな雰囲気をプラスしたい時に便利です。小ぶりなお花から大胆なお花もカラーがホワイトであれば、主張しすぎず、それでいてお部屋に華やかな雰囲気も与えてくれます。飾るときも花言葉や季節などを考慮すると、より素敵なお部屋になりますよ。


 

お部屋づくりにぜひ活用したい!おしゃれなホワイトインテリアアイテム

バラエティに富んだ白いインテリアアイテムで、よりオシャレなお部屋に

ダイニングルームの花形であるテーブルも、ホワイトカラーにすることでより上品でくつろげる空間を演出できます。特に、「SIROMUK(シロムク)」のツキノ・ダイニングテーブルは、白無垢の木材をそのまま活かし、シンプルながらもナチュラルで柔らかな雰囲気をプラスします。


 

リビングルームに白いソファを置くことで、ゆったりと落ち着いた空間を演出できます。「mam(マム)」のニワトコ・ソファは素朴でカントリーなデザインとナチュラルな雰囲気を醸し出し、よりリラックスできるお部屋づくりに役立ちます。


 

ダイニングルームだけでなく、リビングや個人のお部屋などのインテリアとしても楽しめるのが、リッラ・オーランドアームチェアです。アームのついたチェアは座り心地が良く、背もたれも程よくフィットすることで長時間座り続けても疲れにくく、ゆったりとくつろげます。


 

白無垢の味わい深く上品な素材感を活かした「SIROMUK」のマサユメ・ナイトテーブルは、素材を活かしたシンプルなデザインに40cmと低めの高さで、リビングだけでなくベッドルームやダイニングと、お部屋を選ばず用いることができます。収納家具としてだけでなく、お気に入りのインテリアグッズをディスプレイする棚としてもお使いいただけます。


 

「SIROMUK」のオトナ・デスクは、シンプルながらも白無垢素材の美しい木目や柔らかさを活かしたデザインで、お部屋にナチュラルかつ上品な雰囲気をプラスしてくれます。また、デスクとしての機能性も高く、長時間デスクワークをしても疲れにくいのも魅力です。


 

フリルを幾重にも重ねたような優雅さと、ポップなスタイルが合わさった北欧的なデザインの「LE KLINT(レ・クリント)」のペンダントライトは、ハンドクラフトならではの味わい深い魅力を感じさせます。明かりを灯せば光のグラデーションが生まれ、お部屋をムーディな雰囲気に包みます。


 

今話題のフレンチシャビーな雰囲気をお部屋にプラスしたい場合は、こちらのキャビネットなどいかがでしょうか?「Knot antiques(ノット・アンティークス)」のクイーンキャビネットは、アンティークなデザインとシャビーなホワイトの塗装が、上品かつ素朴な雰囲気を醸し出し、お部屋により味わい深い魅力を与えてくれます。


 

まるで四つ葉のクローバーを思わせるシャビー塗装のフレームがキュートな「Knot antiques」のドアーズ・ミラーは、直径120cmと大きめで、リビングやダイニングなどのお部屋だけでなく、玄関先にもお使いいただけます。また、ミラーとしての実用性だけでなく、ホワイトのダメージ塗装が施されたチャーミングなフレームと合わせて、インテリアとしてもお楽しみいただけます。


 

まとめ

今回は、お部屋のオシャレ度をより高めるためのホワイトカラーの活用術及び、オススメの白いインテリアアイテムをいくつかご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?白はどのようなスタイルにも用いやすく、上手に活用することでよりスタイリッシュな魅力を引き出すことができる色です。是非今回のまとめを参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!