【連載】ダイソーのリメイクシートで一石二鳥の簡単DIY!

貼りやすくて見た目も素敵、かつお手入れも簡単なダイソーのリメイクシートをご紹介します。お部屋の雰囲気を手軽に変えれるダイソーリメイクシートをぜひご覧ください。

2017/08/30 更新
著者:
【連載】ダイソーのリメイクシートで一石二鳥の簡単DIY!

著者名

rumi

rumi

思考と空間の整理のプロ・ライフオーガナイザー  自宅の収納方法やDIYでのリフォーム、100均リメイクなどをSNSで公開中。 収納やリメイク、インテリアの記事の執筆、雑誌・WEBサイトへレシピ提供、店舗プロデュース 2016年9月に宝島社より【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。 

初心者さんにも使いやすい!ダイソーのリメイクシート

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。8月も終わりに近づき、夏休みもあと少しですね!先日、ダイソーで見つけたリメイクシートがとても使いやすくて簡単にDIYを楽しめたので、ご紹介しますね!

 

IMG_2815-600x400

こちらがダイソーのリメイクシートです。いくつか種類があるのですが、今回は板壁風のものを選びました。数年前までのリメイクシートって少し嘘っぽさが目立って、使いにくかったんです。さらにシートを貼って、数日経つとシートが縮んでしまって、繋げて貼っていたシート同士が離れてしまったりも。なので今回は慎重に、本当に使えるものかどうかも検証しました。

 

広告

 

トイレをリフォーム!

IMG_2819-600x400

リメイクシートを貼る場所はこちら!トイレです。真っ白で分かりづらいのですが、上には漆喰を塗っていて、下にはベニヤ板で作った板壁を貼っています。板壁は気に入っていたのですが、トイレ掃除がしにくいんですよね。壁もしっかりと拭きたいのですが、どうしてもスッキリした!という達成感が味わえなかったんです。そこで、ダイソーのリメイクシートを貼ってみよう!と思いました。

 

IMG_2823

まずは板壁を外します。

 

IMG_2828-600x400

全て外しました。雑巾で壁をキレイに拭きます。

 

IMG_2830-600x400

リメイクシートを貼っていきます!何度でも張り直しができるので、慎重に、ゆっくりと、空気を押し出しながら貼っていきます。もしどうしても空気が出ていかなくなってしまったら、ポコッとなってしまっている場所に針を刺して、空気を抜いてくださいね。空気を抜くことでシワがかなり軽減されるはずです。

 

IMG_2832

定規をグッと押し当てて、カッターでカットします。

 

IMG_2833

とりあえず2シート貼りました。前回のように、シートが縮んでしまったら困るので、2日間様子を見ることにしました。

 

IMG_2875-600x400

2日間様子を見て、シートは全く縮まなかったので、貼りたい場所全てに貼りました。

 

本物の板壁よりも板壁っぽい!

IMG_2876

写真でも分かるように、リメイクシートを貼ると、ベニヤ板で作った板壁以上にリアルに板壁ぽさが出ました!!

 

IMG_2881-600x400

数年前のリメイクシートのように、縮んだりすることも全くなく、張り直しも簡単でした。そしてなによりお掃除がとっても楽に、ピカピカになりました。さらさらとしたシートなので、本当にお掃除が楽です。

 

まとめ

いかがでしたか?ダイソーのリメイクシートは貼りやすさ、見た目、その後のお手入れ、どれもハナマルでした。広い部分で使うと少しフェイク感が出てしまうかもしれませんが、お手洗いや洗面所などにはピッタリだと思います。是非お試しくださいね!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!