さりげないデザインで特別感を出す!自分らしい素敵な空間を作ってみませんか?

自分らしい空間を作るために、柄やデザインのディテールにこだわるインテリアコーディネートをしてみませんか?部屋のインテリアにこだわるなら柄やデザインなどのディテールまでこだわることで、他者のインテリアと差別化することができます。ディテールにこだわって、自分だけの自分らしい空間を作りましょう。

2017/07/17 更新
さりげないデザインで特別感を出す!自分らしい素敵な空間を作ってみませんか?

著者名

いいひつじだ

いいひつじだ

建築、インテリアに興味があります。物を作るより、空間を造ることが好きで、色のコーディネートや素材の統一感までこだわるタイプです。素敵な空間を多くの人と共有できるよう、情報を発信していきます。

自分らしい空間を作るために、柄やデザインのディテールにこだわるインテリアコーディネートをしてみませんか?部屋のインテリアにこだわるなら柄やデザインなどのディテールまでこだわることで、他者のインテリアと差別化することができます。ディテールにこだわって、自分だけの自分らしい空間を作りましょう。

壁紙のデザインにこだわる

素敵な壁紙の画像です。こちらでは、ロフト部分の壁紙をこの可愛らしいデザインにしています。ロフトと言えば、子供の格好の遊び場になりますよね。可愛らしい女の子が好みそうな壁紙のデザインです。この壁紙の画像から、子供が遊んでいそうな想像ができる、特別な空間になっています。


 

こちらの壁紙もとても素敵です。壁紙を選ぶ際、家具に合わせやすいよう、シンプルな白や単色の壁紙を選ぶことが多いですが、あえて柄のある壁紙を選ぶことで、自分らしい特別な空間にすることができますね。こちらの壁紙は、単純なパターンではなく、メリハリのあるパターンなので、とても面白いですね。


 

こちらの壁紙もとてもおしゃれですね。水玉の色合いや、ふわふわ浮いている印象が部屋を柔らかい雰囲気にしてくれています。壁紙の寿命はだいたい10年ほどと言われています。長くても15年くらいで相当な劣化が見られます。壁紙本体の寿命だけでなく、貼り付ける糊の寿命もありますので、10年経ったら貼り直しを検討する必要があります。壁紙に柄を入れるのに抵抗がある人は多いと思いますが、貼り直すことを考えたら、壁紙のデザインにこだわっても良いのではないでしょうか?


 

広告

 

タイルやレンガでデザインにこだわる

キッチンなどの水回りにはタイルがおすすめです。水に強い素材な上、掃除もしやすいです。最近では、モザイク柄のタイルが人気で、細かいデザインが好まれる傾向にあります。設置箇所も限定的に入れることが多いです。例えば、コンロ周りや、カウンターの立ち上がり、背面の収納カウンターの一部などにモザイクタイルでアクセントを入れています。また、タイルはキラキラとしていて、女性に好まれる傾向が高いです。キッチンに長く立つことの多い女性が、好きなデザインのタイルを入れてもいいのではないでしょうか?


 

こちらのキッチンはレンガを用いています。レンガはコンロ周りにとてもおすすめです。特に素焼きのレンガですと、油を吸収するため、ほとんど掃除いらずです。レンガは落ち着いた雰囲気を出したり、カントリー調にもなります。最近では、リメイクシートでレンガのデザインを表現することも多いですね。


 

お風呂の壁

こちらのお風呂では、シャワー側の壁面のデザインにこだわり、アクセントとしています。選ばれたデザインが大きな花柄で可愛らしいですね。


 

小物のデザインにこだわる

トイレに設ける小さな手洗いのボウルです。陶器でできており、細かいデザインが入った高級感のある手洗いになっていますね。他にはない特別なデザインを取り入れることで、素敵なトイレになります。


 

こちらはドアのレバーハンドルにこだわっています。通常ステンレス製が多いですが、アンティークブラスのレバーハンドルはデザインに優れているだけでなく、使い続けることで味わいを増し、愛着が強まりますね。


 

こちらは鋳物のドアハンドルです。重厚感があり、触り心地も違ってくるので、ドアハンドルにこだわると普段の生活に変化があるかもしれませんね。物に対して丁寧な扱いになるでしょう。


 

こちらは棚を固定する金物のデザインにこだわっています。壁と棚のレトロ感ととても良く合ったデザインの金物ですね。最近ではセリアなどでもデザインの凝った金物が多く売っていますので、簡単に変えることができます。


 

カーテンのデザインにこだわる

カーテンにこだわるのは比較的簡単にできます。こちらのカーテンはとてもポップなデザインになっており、子供部屋の明るい雰囲気にとても良く合っています。薄手のカーテンから漏れる光が白を基調としたインテリアを明るくして、優しい雰囲気の空間になっています。


 

最近では、レースカーテンとドレープカーテンを別々のカーテンレースに設置するのが流行ってきています。特にレースカーテンは窓枠の中に収めることで、カーテンの膨らみを抑え、ドレープカーテンの印象を強めています。こちらの画像でも、ドレープカーテンがデザインチックに配置されていますね。


 

同じカーテンの画像ですが、タブヘッドとなっていることが分かります。タブだとひだに膨らみがあまり出ません。カーテンレールもシンプルなデザインなので、より一層膨らみ感が出ないデザインになっています。また、黒色がとても良く目立っていますね。


 

カーテンレールにもさまざまなデザインの物があります。あまり選ぶことのないカーテンレールですが、そこにこだわってみると、いつもと違う印象の空間を作ることができるかもしれません。


 

明かりのデザインにこだわる

照明のデザインにこだわる人も多いですね。照明のデザインはとても多く、多岐にわたっていますので、ぜひ好きなデザインを探してみて下さい。フロアスタンドやテーブルスタンドから選んでみると手軽に部屋の印象を変えることができますよ。


 

こちらの画像では、壁の一部にステンドグラスをはめ込んでいます。照明の明かりによってステンドグラスの模様が見えて、良い雰囲気になりますね。ガラスブロックよりもデザイン性のあるステンドグラスで自分らしい空間にしています。


 

 

床が可愛いデザイン

こちらの床はタイル張りの床になっています。また、タイルの模様もさりげなく可愛らしいデザインになっており、他にはなかなか見ないおしゃれデザインですね。


 

こちらも床がさりげなく可愛らしいデザインになっているんです。


 

先ほどの床をアップしてみると分かります。良く見ると模様の入った木材が使われており、素敵ですね。このようなさりげないデザインは、気付いたときに少し嬉しい気持ちになります。


 

手軽に床の印象を変えるなら、ラグのデザインにこだわりましょう。ラグの素材にこだわる人は多いですが、デザインも様々な物があります。気に入った物を置くことで、自分らしい空間を作ることができます。


 

こちらは玄関のタイルが特徴的なデザインになっています。玄関は多くの人に見られる場所なので、ここに特徴を持たせることで、自分らしさを強調できます。最近では、玄関に敷くタイル調の敷物もありますので、玄関の印象を変えて、おしゃれ上級者を目指しましょう。


 

まとめ

さまざまなディテールのデザインを見てきましたが、好みの物はありましたでしょうか?私は、近代建築の巨匠であるル・コルビュジエが好きなんですけども、ル・コルビュジエもディテールにこだわって建築デザインをする人でした。ディテールにこだわることで、物事の真髄にたどり着くと言っても過言ではありません。ここで挙げた例が全てではありません。こだわり方は人それぞれ、さまざまな工夫があります。自分なりの自分らしいこだわりを持って素敵な空間を作ってみて下さい。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!