大人女子だからこそおススメ♪黒ワンピの春夏コーデ集★

ワンピースのおしゃれが楽しくなる季節がやって来ました!しかし、春夏に黒のワンピースは何だか暑苦しく見られそう…と敬遠される方も多いのでは?いえいえ、そんなことはありません!選ぶ素材やデザイン、コーデによっては黒でも涼しげに見せることが出来ますし、大人女子だからこそシック&素敵に着こなせるんです!

2017/05/17 更新
著者:
大人女子だからこそおススメ♪黒ワンピの春夏コーデ集★

著者名

tentenwork

tentenwork

男の子を子育て中の主婦です。それまではセレクトショップを中心に、約10年間アパレル業界で仕事をしていました。プチプラブランドからセレクト系まで、等身大のおしゃれをご提案できたらと思います★

大人女子だからこそ…黒ワンピースを素敵に着こなし!

ワンピースのおしゃれが楽しくなる季節がやって来ました!しかし、春夏に黒のワンピースは何だか暑苦しく見られそう…と敬遠される方も多いのでは?いえいえ、そんなことはありません!選ぶ素材やデザイン、コーデによっては黒でも涼しげに見せることが出来ますし、大人女子だからこそシック&素敵に着こなせるんです!そこで今回は、春夏におススメの黒ワンピと着こなしをご紹介したいと思います。

一枚でさらりと♪

ワンピースの魅力は、何と言っても一枚でスタイルが決まること♪春夏に黒のワンピースを選ぶポイントは、バックオープンやスリット等、どこかに抜け感を出し程よく肌見せするデザインであること。その分着丈は膝より長めにするなど、露出し過ぎないようにバランスを取りましょう。また、素材は薄手のコットンやリネンなどで透け感が出るようにすると、黒でも涼し気に見えますよ。更に、かごバッグやサンダルといった夏小物で、コーデに季節感と軽さをプラスするのもおススメです。

 

バックカシュクールで背中があいたひざ丈ワンピース。カシュクールのドレープ使いが、しっとりとした女性らしさが出ていて素敵ですね。実はこちら前後2WAYで着ることが出来るそう。色々な着こなしが楽しめそうですね。

商品詳細を見る


 

今シーズントレンドのフォークロア調のワンピースも、黒を選べば子供っぽくならずにシックに着こなせます。素材も薄手のコットン素材なので、ほど良く透け感が出ていて涼し気です。


 

広告

 

こちらのシャツワンピースは、とろみ感のある素材とすっきりあいた胸元で女性らしい雰囲気。マキシ丈ですが、フロントがスリットのように少しあいているのも、軽さを出すポイントになっています。

商品詳細を見る


 

リラックス感のあるカットソー素材のワンピースは、肩がちらりと覗くデザインが特徴的。その分、浅めのネックラインとミモレ丈で上品な雰囲気に。麦わら帽子とヌーディーカラーのサンダルで夏らしさをプラスしてますね。


 

リゾートだったら、思い切ってベアトップのマキシワンピースもおススメ。黒でも洗いざらしたようなコットン素材なので、セクシーになり過ぎずヘルシーな雰囲気です。足元もヌーディーなフラットサンダルで抜け感とリゾート感を♪


 

レイヤードで…♪

一枚でさらりと着るのも素敵ですが、今シーズンはレイヤードを楽しむのもおススメです。ボトムスと合わせたり、ラフに羽織ったりすることで、コーデに程よい軽さやカジュアル感が出せますよ。

 

かしこまった印象になりがちなパフスリーブの黒ワンピを、パンツと合わせてカジュアルダウンさせて。赤のバレエパンプスとかごバッグで、春夏のフレンチカジュアルスタイルの完成です♪

商品詳細を見る


 

シルク混で少し光沢があるシンプルワンピースは、切りっぱなしのデニムを合わせてキレイめカジュアルに。共布のベルトをハイウエストで結べば足長効果も♪サンダルやエスニック調の巾着バッグで春夏らしさをプラスさせています。


 

やわらかいテンセル素材のシャツワンピースを、ライトブルーのワイドパンツにガウンのように羽織って。ワイドボトムと長めのワンピースのレイヤードは、今シーズンらしいバランスです。インナーに白×ブルーを合わせれば、黒でも春夏らしい爽やかな雰囲気になります。


 

サイドや裾に刺繍が施された透け感のあるワンピースに、白のロングスカートを合わせてリラックス感のある大人カジュアルに。黒の透け感や裾からのぞく白が、春夏らしい軽さを出しています。


 

トレンドのキャミワンピは、黒で繊細なレース使いのものを選べば子供っぽくならない上に、重い感じにもなりません。ワイドデニムと合わせてカジュアルダウンさせて着こなしています。


 

花柄も黒ベースなら…♪

花柄が一大トレンドの今シーズン。でも甘くなり過ぎそうで挑戦しづらい…と感じている方も多いのでは?モノトーンや黒ベースの花柄なら、意外とシックに着こなせておススメです。

 

黒ベースに白い小花柄なら、柄のインパクトもそんなに強くなく、モノトーン感覚で着こなせます。こちらはキャミワンピースに、鎖骨がきれいに見えるゆるっとしたインナーと白スニーカーを合わせて、大人カジュアルなコーデに。


 

 

夏らしいエスニックテイストのするカシュクールワンピに、あえてロゴTをインナーに合わせてカジュアルダウン。テイストの異なる組み合わせも、モノトーンでまとめているので、すっきりとしています。


 

黒ベースに白の小花柄でも、こちらのワンピースは透け感のあるシフォンのような素材とスキッパーの襟元で、どこかレトロな雰囲気。マニッシュなハットや黒のコンバースといった辛口小物を合わせて、甘辛ミックスにまとめています。

商品詳細を見る


 

赤の小花柄のワンピースも、黒ベースだと落ち着いた印象です。小花柄とパンプスの色を合わせているのが素敵ですね。そこにかごバッグを合わせて、フレンチシックな雰囲気に仕上げています。

商品詳細を見る


 

ガウンの様に羽織って、カジュアルにレイヤードしたコーデです。インナーを黒にすれば、ワンピースとも一体感が出てまとまりやすく、シックで大人っぽい装いに。

商品詳細を見る


 

まとめ

いかがでしたか?春夏素材の黒ワンピースは、残暑が厳しい初秋頃まで長く着回すことも出来るので、1枚あると何かと便利ですよ。ぜひワードローブに加えてみてくださいね★

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!