ウエスト「キュッ」で細見え効果大★使える【コルセットトップス】が続々お目見えです!

次なるウエストマークアイテムとして注目されているのが、ヴィンテージ感漂う「コルセット」。もちろんベルトで取り入れるのもいいけれど、各ブランドからは今、コルセットをドッキングした使えるトップスが続々と登場しているんです!そこで今回は、そんなコルセットトップスと相性ピッタリなボトムスや、スタイリングのコツについて解説。

2017/05/11 更新
著者:
ウエスト「キュッ」で細見え効果大★使える【コルセットトップス】が続々お目見えです!

著者名

masumi0330

masumi0330

ファッション系メディアライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。 みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。 とにかくオモロイことが好き★

サッシュベルトブームの流れを受け、次なるウエストマークアイテムとして注目されているのが、ヴィンテージ感漂う「コルセット」。もちろんベルトで取り入れるのもいいけれど、各ブランドからは今、コルセットをドッキングした使えるトップスが続々と登場しているんです!そこで今回は、そんなコルセットトップスと相性ピッタリなボトムスや、スタイリングのコツについて解説。スタイルアップも実現する注目のアイテムなので、ぜひ、初夏の着こなしに取りれてみて★

どんなボトムスと合わせる?

腰回りを一度キュッと絞るので、比較的どんなボトムスとも相性は◎ 定番のスキニーデニムからふんわりスカート、トレンドのワイドパンツまで、幅広くコーディネートできちゃいます。

その1:スキニーデニムと合わせる

コルセットトップスは、ウエストより上の部分がふんわりラインになっているものが多め。いつものスキニーパンツと合わせるだけで、きれいなメリハリシルエットを作ってくれますよ。

初夏に着たい明るいブルーデニムと

すごくシンプルなのにしっかりオシャレさも感じるのは、デザインコンシャスなトップスのおかげ♪

すごくシンプルなのにしっかりオシャレさも感じるのは、デザインコンシャスなトップスのおかげ♪


 

トレンドを程よく取り入れたコンサバスタイル

インディゴデニムと黒を効かせた小物できれいめに。あえて腰の紐は緩くして、スキニーパンツとの対比をさらに楽しんで。

インディゴデニムと黒を効かせた小物できれいめに。あえて腰の紐は緩くして、スキニーパンツとの対比をさらに楽しんで。


 

リメイク風デニムでハズす

ピンクのちょい甘トップスには、一ひねりあるボトムを合わせるのが今っぽい★どこか懐かしさを感じる渋い小物使いで、人とは違う雰囲気に。

ピンクのちょい甘トップスには、一ひねりあるボトムを合わせるのが今っぽい★どこか懐かしさを感じる渋い小物使いで、人とは違う雰囲気に。


 

広告

 

その2:ワイドパンツと合わせる

腰でキュッと絞られたコルセットトップスは、ゆったりめなワイドパンツを合わせると、エレガントなスタイルに仕上がります。

色使いでリラックスムードを漂わせる

肌になじむ色合いのトップスには程よい濃度のデニムを合わせ、あえてトーンを上げない着こなしを。

肌になじむ色合いのトップスには程よい濃度のデニムを合わせ、あえてトーンを上げない着こなしを。


 

ロマンチックなトップスを少し辛めに

首元のカッティングや、絶妙なカラーリングが美しいこんなトップスは、ワイドデニムパンツで少し辛めに味付けするのが大人の正解。

首元のカッティングや、絶妙なカラーリングが美しいこんなトップスは、ワイドデニムパンツで少し辛めに味付けするのが大人の正解。


 

ホワイト×ベージュの優しさがじんわり

ロイヤルミルクティーのような滑らか配色が逆に目を惹くコーディネート。チノパンのラフさとも喧嘩しないのが、コルセットトップスの便利なところです。

ロイヤルミルクティーのような滑らか配色が逆に目を惹くコーディネート。チノパンのラフさとも喧嘩しないのが、コルセットトップスの便利なところです。


 

その3:スカートと合わせる

もちろんスカートとの相性もバッチリ!コルセットトップスは女度高めな傾向があるので、小物使いや着くずしで中和してあげるとこなれ感もアップしますよ。

繊細な細プリーツスカートと

一度ウエストで引き締められたシルエットが、スカートからまた広がってきれいなXラインに。

一度ウエストで引き締められたシルエットが、スカートからまた広がってきれいなXラインに。


 

今季注目のイエローのカラースカートで

ブラック×イエローの、くっきりとしたコントラストが際立つコーディネート。カラースカートをはくときは、トップスとシューズの色を揃えておくとうまくいく!

ブラック×イエローの、くっきりとしたコントラストが際立つコーディネート。カラースカートをはくときは、トップスとシューズの色を揃えておくとうまくいく!


 

 

どんな風に着る?

コルセットトップスと相性のいいボトムスが分かったところで、次はそのスタイリングの仕方を見てみましょう♪

その1:きれいめテイストで着る

まずは、コルセットトップスが本来持っている、レディな雰囲気を活かす着こなしをご紹介。

ホワイトのワントーンコーデ

ともすると少し膨張して見えることがあるホワイトトーンの着こなし。でもコルセットトップスなら、ウエストのレースアップでしっかりとラインを引き締めてくれます!

ともすると少し膨張して見えることがあるホワイトトーンの着こなし。でもコルセットトップスなら、ウエストのレースアップでしっかりとラインを引き締めてくれます!


 

きれい BUT ハンサム!なスタイリングで

白×黒で作るモノトーンも素敵だけれど、白をグレーにするだけでよりクールなイメージに。

白×黒で作るモノトーンも素敵だけれど、白をグレーにするだけでよりクールなイメージに。


 

その2:カジュアルテイストで着る

近世の異国情緒が漂う”コルセット”。でも今の”コルセットトップス”は、そのムードを残しつつも、カジュアルなデザインに落とし込まれたものがたくさん!ちょっと力を抜きたい日は、肩肘張らないスタイリングで過ごしましょ♪

ワークパンツを合わせて

こなれ見えするグレーとカーキの組み合わせ。こんなコーデも、ウエストのレースアップがあるからメンズライクになり過ぎない!

こなれ見えするグレーとカーキの組み合わせ。こんなコーデも、ウエストのレースアップがあるからメンズライクになり過ぎない!


 

ステートメント入りでとことんラフに

着るだけで楽しい気分になれそうなコルセットトップス。その青とは対照的な赤いスカートを合わせて、ポップなカジュアルを楽しんで。

着るだけで楽しい気分になれそうなコルセットトップス。その青とは対照的な赤いスカートを合わせて、ポップなカジュアルを楽しんで。


 

Tシャツ感覚で着れるものも

グレーのメランジ調の生地なら、リラックス感も充分。ダメージデニムを合わせて、どこまでも"ちゃんとしない"お洒落を。

グレーのメランジ調の生地なら、リラックス感も充分。ダメージデニムを合わせて、どこまでも”ちゃんとしない”お洒落を。


 

その3:スポーティーテイストで着る

なんと意外なことに、コルセットトップスはスポーティーなアイテムとも合うんです!普通に着るのは飽きちゃった!という方は、ぜひ一度お試しあれ★

じわじわ来てるトラックパンツと

少しずつファンが増えているトラックパンツ。少しパンチのあるこんなコーデも、白×黒のモノトーンならトライできそう!

少しずつファンが増えているトラックパンツ。少しパンチのあるこんなコーデも、白×黒のモノトーンならトライできそう!


 

ハジけたいときにはミニスカで!

夏に向けてイベントが多くなるこの時期は、「盛り上がるとき用コーデ」を予め用意しておくと便利★優しいピンクを基調にすればケバくないのにハイテンションな着こなしに。

夏に向けてイベントが多くなるこの時期は、「盛り上がるとき用コーデ」を予め用意しておくと便利★優しいピンクを基調にすればケバくないのにハイテンションな着こなしに。


 

まとめ

いかがでしたか?いつものスタイリングに、ヴィンテージなのに今っぽい風を吹き込んでくれる「コルセットトップス」。きれいめ派もカジュアル派も、着こなし方次第で自由に楽しめるアイテムだと思います。気になる方はぜひ、ショップやネットでチェックしてみてくださいね★

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!