靴収納をマスターしよう!これでも玄関もすっきりお洒落に☆

靴収納についてのアイデアをいろんな切り口からご紹介いたします。おすすめの100均アイテムやDIY例、隠さずお洒落に見せる方法などなど。これを見ればあなたも靴収納マスターに☆

2017/02/14 更新
著者:
靴収納をマスターしよう!これでも玄関もすっきりお洒落に☆

靴というのは、たくさん持っていないつもりでも、ファッションやシチュエーションごとに1人1足以上所有しているものです。1人が4アイテムしか持っていなかったとしても、4人家族で16足も収納しなくてはなりません。さらにブーツのように通常の靴と形や大きさが違うアイテムの収納に頭を痛めることが多いようですね。そんな靴収納についてのアイディアをいろんな切り口からご紹介いたします。ご参考にどうぞ!

100均アイテムを使用して靴収納☆

ダイソーのシューズハンガー

ダイソーの「シューズハンガー」というアイテムは本来スニーカーなどを洗濯して干すときに使用するものなのですが、それを収納に利用しています。ちなみに、ダイソー以外の100均にも類似商品がありますよ。


 

キャンドゥのシューズボックス

透明のシューズボックスなので、中が一目瞭然で便利ですね。使用されている方のコメントによると、結構丈夫とのことです。前から出し入れできるというところも気が利いていますよね。靴の収納以外にも使えそうです!


 

広告

 

セリアの麻袋

麻袋に子供用シューズを入れて、オープンシェルフに置くだけ収納にしていますね。見た目にとってもオシャレですね。どこかに靴を持っていくというシチュエーションには、このまま持ち出せて便利そうです。


 

100均つっぱり棒

今ではどこの100均でもつっぱり棒まで売っている時代になりましたね。そのつっぱり棒を使えば、靴収納棚を簡単に作ることができます。靴ぐらいの重さなら十分に耐えられます。


 

ハイヒールなら1本使いでも収納OK!ヒールの部分をひっかけておきます。木の枝にとまっている鳥のようですね。このつっぱり棒はダイソーのものなのですが、ナチュラルな木の色があるところがいいですね。


 

100均すのこ

100均に売っているすのこを5枚組み合わせて作成したものです。すのこ自体、あまり大きなサイズはないため、大きな棚はできませんが、ちょっと棚が欲しいという時、プチプラで簡単にできるのでおススメですよ♪


 

こちらはダイソーのすのこで作った子供用の靴棚。ちょっとおしゃれに棚板をカラーリングしています。2色にする場合は、組み立てる前に塗るといいですよ。


 

すのこ以外でも使える材料あり

こちらはセリアの材料で作った子供用の靴棚。普通の板の他にトレーなどを使っています。装飾用のストリートサインやそれを結わえ付けている麻紐などが雰囲気を出してかっこいいですね。


 

ダイソーのスチールラック

ダイソーのスチールラックは、大きい棚は無理ですが、シューズシェルフにするのに手ごろな大きさはできます。100均とは思えないクオリティなので、木製よりスチール製がいい方にはオススメですよ!


 

ワイヤーネット

どの100均でもワイヤーネットの取り扱いがあります。便利なワイヤーネットは靴棚にも使えるのです♪ワイヤーネット組み立て用の部品もありますし、結束バンドでも組み立てられます。


 

100均のワイヤーシリーズで作成しています。ワイヤーラックの素っ気なさを同じく100均素材のフェイクフラワーで飾って華やかにしています。工夫次第でいろんな使い方ができるのだという参考になりますね。


 

セリアの大人気収納BOX「Plenty Box」

セリアの「Plenty Box」は靴用の箱というワケではありませんが、靴の収納に便利なため、よく使われるアイテムです。安価なので大量に手に入れて揃えておくことができるところがうれしいですね!


 

シンク下用シェルフを転用!

〇○用と書かれていても、素直にその用途に限って使わなくてもいいのですね。自由な発想、柔軟なアイディアに脱帽です。重ね収納が可能で、ちょっとした高さのある靴でもOKだそうです。


 

 

自分で作ろう!靴収納DIY例

すのこ

ホームセンターなどで売っているすのこを使って作成しています。子供の靴を収納しているすのこは100均のすのこですね。そこにセリアのアイアンバーで靴をひっかけるところを作り、見せる収納にしています。


 

側面に使っているすのこはホームセンターなどで売っている小さめの物で、それに100均の小さいすのこを組み合わせて作っています。アイアンバーで作っているスリッパかけがかっこいいですね。


 

こちらもホームセンターのすのこを使ったシューズクローゼットです。金の取手もついて、雰囲気がありますね。棚の横についているほうきとちりとりがかけられているフックも便利そうです。


 

ワイヤーかご+すのこ

ちょっと長めのすのこを手に入れて、あるいは2枚つなげて、それに取手とキャスターをつけます。後はワイヤーかごをのせて出来上がり♪とっても簡単ですね。あとは自分好みの装飾をどうぞ。


 

隙間部分を収納にするために寸法にあった板を用意して引き出し風の靴収納を作成しました。板には見栄えをよくするためにウォールステッカーを張ったり、コルクを敷いたりしています。キャスターも便利。


 

賃貸住宅ですと思ったような収納が無かったりしますね。あってもオシャレじゃなかったり、自分の使い勝手に合わなかったり。そこで、寸法を測って板を用意して自分好みのディスプレイ収納を作成!


 

ディアウォール

ディアウォールはつっぱり柱というようなもの。床から天井につっぱって取り付ける柱に棚をつけていくようなイメージです。けっこうスマートに台収容の収納を作ることができるので人気があります。


 

棚板はL型棚受けという部材でとめています。棚板のピッチはある程度変えられるので、靴の高さに合わせた棚をつくることも可能です。寸法の合ったものを購入すれば、カットする必要がないので楽ですよ。


 

奥行きを浅くして、置いて収納する棚ではなく、立てて入れる収納ラックにしている人もいます。しょっちゅう使うデイリーユースのスニーカーや子供の靴、サンダルなどはこれで十分ですね。


 

りんごの木箱

りんごの木箱を靴箱に利用するという方もけっこう多いです。たいてい横にして使うことが多いのですが、この例はタテにして使って、棚と扉をDIYしてつけていますね。


 

OSB合板

OSB合板の壁に同じOSB合板をカットして棚板としてつけています。つける際、普通に水平な棚にしないで、斜めにすることによって、ショップ風の見せる棚にしています。


 

塩ビパイプ

塩ビパイプを配管のようにめぐらした棚です。男前のかっこいいシューズラックですね。少し靴の安定性が心配ですが、きっちんとかかとがひっかかるような角材も壁につけています。


 

つっぱり棒プラス段ボール紙プラスリメイクシート

つっぱり棒2本を壁に渡し、そこにリメークシートを貼った段ボールをかぶせて棚のようにしています。その棚に靴の入った箱をのせています。つっぱり棒棚は簡単ながら、上手に作ればなかなか立派な棚に見えますよ♪


 

 

見た目もスッキリ☆ケースに入れた靴収納例

IKEAのシューズケース

白いケースがIKEAのシューズボックス「SKUBB」です。4個セットで1,299円(税込み/2017年2月現在)。大きさは、幅22センチ×奥行34センチ×高さ16センチで、色は白、黒、緑、青があります。


 

ニトリのシューズケース

これは2個セットで399円(税込み/2017年2月現在)です。シンプルなつくりのケースですが、持ち手が付いているので持ち運びに便利。大きさは幅30センチ×奥行18.5センチ×高さ10センチです。


 

積み重ねたまま、横から出し入れできるところが便利ですね。これなら一番下にある靴も上にある靴をどけなくても出し入れすることができます。フタ式ではないので、かさばらないところもいいですね。


 

ダイソーの収納BOX

ダイソーの透明収納BOXを靴ケースにしています。自作ラベルを貼って、統一感を出していますね。しっかりしたプラスチックのケースなので、掃除も楽のようです。


 

こちらは写真を貼っていますね。透明のケースでも靴がきちんとした状態ではないので、一瞬どんな靴が入っているかわかりにくいですよね。写真を貼ると中身がすぐにわかるので本当に便利です。


 

透明のシューズボックスにクラフト紙とレースペーパーを入れて目隠しにして飾っています。プラスチックっぽさが少し緩和されてナチュラルな雰囲気になっていますね。


 

キャンドゥのシューズボックス

100均のケースとあなどれないようなけっこう立派なケース。6個まで積み重ねOKということで、大きさは外側が約29センチ×21センチ×12センチで、収納サイズが約横19センチ×奥行27センチ×高さ10センチです。


 

セリアのPlenty Box

100均アイテムのところでもご紹介しましたが、セリアのPlenty Boxを靴の収納に使っている方はたくさんいます。この方は靴のメンテナンス用品や子供の小さくなった靴などを入れているそうです。


 

ポンパレモールのシューズケース

棚上部のクリアシューズケースは通販のポンパレモールの4個583円のアイテムだと思われます。透明とはいえ、しまってしまうとどんな靴か分かりづらいので、写真を貼っているところがナイスアイディアですね。


 

コモストック(comostock)のシューズケース

アマゾンなどで購入できる商品です。8箱入りで2,180円です。(2017年2月現在)大きさは横20センチ×奥行28.5センチ×高さ11.5センチ。前開きのところが便利です。

商品はこちら(amazon)


 

前出の商品より安価な商品です。10箱入りで1,880円。その代りフタ式の上開きなので、前出のシューズケースのように重ねて棚のような感覚で使うことはできません。


 

靴の箱

もともと靴の入っていた箱を収納に活かしている方もいます。どの箱にどの靴が入っているか一目でわかるように、やはり写真を貼っています。なるべく揃った箱を使うのがポイントですね。


 

 

隠すのはもったいない!?お洒落に靴を見せる収納例

角度をつけることができるシューズラックで、少し前に傾けて靴の正面が見やすい状態にした棚に整然とならべて収納しています。まるで靴屋さんみたいですね。靴もインテリアとして活かされてステキです。


 

スニーカーをまるでスポーツショップのディスプレイのように飾って収納していますね。つっぱり棒にワイヤーネットをつけて、そこに靴を置くためのパーツをつけています。


 

板を買ってきて、それに靴を置くための金具を打ち付けて壁にたてかけたシェルフです。たくさんは収納できませんが、お気に入りの靴を飾っておくことができるので、気分もUP♪


 

かわいい靴屋さんのようですね。靴の置き方からショップ風で、ディスプレイの装飾のような飾りを置いているところもセンスが光っています。下にはサンダルをかけて収納しているのもショップのようです。


 

厳選したお気に入りの靴だけをキレイに大切に置くことで、自然とショップのようなシューズシェルフになっています。インテリアもごちゃごちゃせずに、スッキリとしているところにも靴の存在感を感じさせます。


 

まるで学校の下駄箱のようですね。まだ小さなお子さんのようですが、自分専用の靴箱を持っているなんてすごいですね!靴も自分でキチンと片づけられるようです。素晴らしいですね。


 

赤ちゃんの靴は靴箱の中で迷子になりがち。そこで、こんなステキなワイヤーかごに1足ずつ入れるようにすると、とってもキュートな上に実用的にも便利。ナイスアイディアです。


 

レンガと板でつくった靴棚は味わい深くてオシャレですね。同じレンガばかりでなく、少しずつ表情の違うブロックを混ぜているところにセンスの良さを感じます。


 

靴箱に入りきれない分をこのシューズスタンドに置いているようです。よく使う靴は靴箱に入れるよりもオープンシェルフに置く方がいいかもしれないですね。


 

ミシン台をリメイクした靴棚で、味わいがあってカッコいいです。額や本の飾り方がとても玄人っぽいですね。普通とても玄関にあるとは思えないものがオブジェ兼実用品となっているところに、楽しさがあります。


 

踏み台や椅子などに靴をディスプレイしながら収納するという方法があります。たくさんはのせられないのですが、だからこそ逆に厳選された1足2足がとてもステキに見えます。


 

ラダーラックはハシゴをシェルフとして使うラックです。形は様々で、脚立の形の物や、はしご型の物などあります。この写真は脚立型のものに棚板を渡して棚にしています。今人気のシェルフです。


 

オシャレですね。シャビーシックなテイストの素敵な玄関です。靴もインテリアの一部になりながら、でも実用品でもありとても機能的です。ディスプレイしない分は横の箱に入れているのですね。


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?玄関は限られたスペースでありながら、色々な物を置く必要があるために、ごちゃごちゃとなりやすい空間でもあります。大きな収納にすっぽり収めてしまえると楽ですが、そうでない場合は頭を悩ませますね。そんな時は、見せる収納にするとモノや空間を活かすことができ、要らないものを無駄に溜め込むこともないため、スッキリした気持ちで過ごすことができますよ。上手な靴収納をマネして、さわやか生活をはじめませんか?

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ