おしゃれな見た目&使いやすい!ロールタイプのウェットシート収納が可能な『Mochi Bin』

今では必需品になったウェットシートですが、そのままだと生活感が出てしまいがちです。 ウェットシート収納の新しい形として人気のideacoの”mochiシリーズ”。今回はロールタイプのウェットシートをお使いの方におすすめの”Mochi Bin”をご紹介します。

更新日:
おしゃれな見た目&使いやすい!ロールタイプのウェットシート収納が可能な『Mochi Bin』

これがウェットシートケース?ideacoで人気の”mochi”シリーズ

最近はウェットシートなどの除菌グッズを使う機会がとても多いですよね。
今では必需品になったウェットシートですが、そのままだと生活感が出てしまいがちです。

ウェットシート収納の新しい形として人気のideacoの”mochiシリーズ”。
今回はmochiやMochi Mocoをはじめ、ロールタイプのウェットシートをお使いの方におすすめの”Mochi Bin”をご紹介します。

※価格は公開時の情報をもとに記載しております。価格変更や売り切れの場合もありますので、各商品ページをご確認ください。

ここが魅力!ideacoの『Mochi Bin』の5つの特徴

瓶にしか見えない、スマートなデザイン

生活必需品でもあるウェットシートをおしゃれに詰め替えてくれるのが『Mochi Bin』。

置いているだけでまるでオブジェのようなデザインで、一見するとウェットシートケースに見えません。ロールタイプ専用の容器は珍しいので必見です。

今すぐ購入する


 

インテリアの邪魔をしないナチュラルカラー

カラーは、ホワイト/サンドホワイト/グレー/モスグリーンのくすみカラーの4色。

主張の強くない、柔らかな色味のためモノトーンやナチュラル、モダンなど様々なタイプのインテリアに溶け込みます


 

ウェットシートが袋ごとセットできるのも嬉しいポイント

おしゃれなデザインでも、使い勝手が悪ければストレスですよね。
ideacoの『Mochi Bin』は詰め替え方法も簡単で、ボディを2つに分けてセットするだけ。片側がやわらかいシリコン製なのでスムーズに開閉できます。

パッケージの上部を開ければそのままセットすることも可能!詰め替えが簡単なのはうれしいですよね。


 

リモート中デスクでお菓子を一口。片手でも取り出しやすいジグザグスリット。

ウェットシートが引き出しやすいよう、取り出し口はジグザグにカットされています。

特許庁に意匠登録もされている斬新なアイデアは、見た目のかわいさだけにとどまらず、実用性の高さを感じるデザインに。


 

シンプルな構造+乾きにくい木蓋にも注目

ideacoの『Mochi Bin』はシンプルな3つのパーツでできています。
ホワイトは上部がシリコン素材、下部がメラミン素材、他カラーは下部はメラミン樹脂に竹パウダーを配合した竹メラミン製といったエコな素材に。

天然の風合いが楽しめるラバーウッド素材でできたフタは、乾きにくいという機能性も兼ね揃えたものとなっています


 

ideacoの『Mochi Bin』の詳細情報をチェック

【価格】
¥3,960(税込)

【サイズ】
〔本体〕幅10×奥行10×高さ20.5cm
〔重量〕450g
〔詰め替え用シート対応サイズ〕直径約80mm×高さ140mmまで

【素材】
〔本体〕ホワイト:メラミン樹脂
サンドホワイト、グレー、モスグリーン:竹パウダー、メラミン樹脂
〔フタ〕ラバーウッド(防カビPU塗装)、シリコン

※(1シートあたり140㎜×200mmまで)のものが使い勝手良くご利用いただけます。
なお、本製品は完全密封製品ではございません。予めご了承ください。

詳細はこちら


 

ideacoの『Mochi Bin』を取り入れて、シンプルでミニマムな暮らしを。

シンプルなアイテムは、暮らしになじむものは味気ないものも多い印象ですが、ideacoの『Mochi Bin』は目を惹くスタイリッシュなミニマルデザインで、見る人の心をくすぐります。

生活必需品であるウェットシートも、できるだけおしゃれにスタンバイできたらうれしいですよね。あなたもideacoの『Mochi Bin』を取り入れてシンプルでミニマムな暮らしをはじめてみませんか。
folk storeはこちら


 

こちらもおすすめ☆