黒だけじゃ足りない☆定番アウターライダースのカラーバリエーション♪

ライダースジャケットといえば、黒でハードなイメージがありますがカラーは色々ありますよね。カラーや合わせるインナーによって、イメージはガラリと変わります。なので今回は、ライダースのカラーバリエーションとコーディネートについて、ご紹介していきます♪

2017/01/11更新
黒だけじゃ足りない☆定番アウターライダースのカラーバリエーション♪

ライダースジャケットといえば、黒でハードなイメージがありますがカラーは色々ありますよね。カラーや合わせるインナーによって、イメージはガラリと変わります。なので今回は、ライダースのカラーバリエーションとコーディネートについて、ご紹介していきます♪

カラー豊富。ライダースジャケットのコーディネート

ベージュ

ベージュのライダースを肩からふんわり羽織って女性らしく魅せる!インナーのVネックとパンプスでさらにレディライクに。


 

キャメル

Vネックとパンプス、同じような着こなしでも、キャメルのライダースにホワイトのスキニーデニムを合わせると、清潔感がアップしますね。


 

ニットワンピースと

フレアスカートのニットワンピースとベージュのライダースで柔らかな雰囲気。バッグとシューズはブラックで揃えてピリッと引き締めます。


 

グレー

暗くなりそうなグレーのライダースはインナーにホワイトを持ってくると顔色も明るく見えますね。ワイドパンツを合わせると今年風。


 

広告

 

ブラウンのフェイクスエード

フェイクスエードの柔らかさがとてもリラクシーな雰囲気です。ノーカラーだから首元もスッキリ、広めにみせてゆるカワ♥


 

アイボリー

白黒ボーダー、黒のプリーツスカートとタイツ、白のスニーカー、そしてライダースはアイボリー。モノトーンでまとめた大人カジュアルスタイル。


 

ブラウン

レンガ色がかったブラウンは、甘すぎず辛すぎず。どんなコーディネートも出来ちゃいます。トレンドのレオパード柄をチラ見せしてアクセントをつけて♪


 

ピンクのショート丈

淡いピンク色が可愛すぎるショート丈のライダース。コンパクトな型ながら袖は長めでゆったりです。ボトムはタイトでもボリューミーでも、自由なコーディネートが楽しめそう。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ