お気に入りを見つけよう。選べる座面が嬉しい「Dチェア」

毎日腰かける椅子は、家具としてのサイズは控えめながら、使う頻度が高く、生活に深く関わるアイテムですよね。そこで今回は、キシルの人気No.1チェア、「Dチェア」シリーズをご紹介。心と暮らしにぴったりのお気に入りを、見つけてみてくださいね。

公開日:
お気に入りを見つけよう。選べる座面が嬉しい「Dチェア」
XYL

XYL

ライター

未来の子どもたちの海や空につながっているキシルの家具。人と森を結ぶ橋のような存在になりたいと願いながら、日々取り組んでいるものづくりの姿をご紹介します。

お気に入りを見つけよう。選べる座面が嬉しい「Dチェア」

毎日腰かける椅子は、家具としてのサイズは控えめながら、使う頻度が高く、生活に深く関わるアイテムですよね。

テーブルや机とセットで、なんとなく選ぶことも多いチェアですが、お気に入りのものを一脚取り入れるだけで、毎日をぱっと明るく過ごすことができますよ。

そこで今回は、キシルの人気No.1チェア、「Dチェア」シリーズをご紹介。心と暮らしにぴったりのお気に入りを、見つけてみてくださいね。


 

 

Dチェアとは

Dチェアはもともと、キシルの「ダイニングテーブル D hinoki」に合わせる椅子として開発された、キシルのロングセラー商品です。

素材の心地よさはもちろんのこと、無垢の椅子ながらも重々しくなく、かといって繊細すぎないバランスの取れたデザインが魅力です。使いやすい座面の高さと、どんなインテリアにもすっと馴染む品のある佇まいから、仕事や勉強用としても広く選ばれています。

 

PCチェアとして愛用しているスタッフは、ふっと集中が切れたときなどに木のぬくもりを感じ、心が安らぐ点が気に入っているのだとか。

体にふれる部分が多いので、夏場などは特に気持ちよく使うことができるそうです。


 

選べる3種類の座面

Dチェアシリーズは、好みに合わせて、3種類の座面から選ぶことができます。

 

木のぬくもりをダイレクトに味わう「板座」

木のあたたかみや、さらりと肌馴染みの良い座り心地。自然素材の魅力を思う存分に堪能できる「板座」タイプは、もっとも選ばれているスタンダードなタイプです。

 

オイル塗装で仕上げたひのきの座面は、1年中ここちよい使い心地。特に冬場には、一般的な木製椅子との違いをより感じることができます。

たとえば学校の椅子など、寒い日に椅子に座ったときに、ひやっとした座面に驚いた経験はありませんか?

それは、座面をコーティングするウレタンが冷えたことによるものです。


 

本来、木は熱伝導率が低いため、気温が座面の温度に与える影響は少ないもの。

木の呼吸や質感をそのままに残したオイル塗装の座面ならば、冬場もしっとりとした温かさが続きます。


 

お手入れ簡単、優しい色合いの「basic color」

座面にクッション性が欲しい方や、カラー選びを楽しみたい方には「basic color」タイプがおすすめです。

 

ファブリックは2種類。水や汚れをはじく加工がされた「type01」と、市販の消毒スプレーを使ったお掃除が可能な「type02」から選んでいただけます。

汚れや食べこぼしを気にせず、楽しく食卓を囲めるように、お手入れのしやすい生地を採用しました。


 

どのカラーも、水をたっぷりつけて描いた風景画のような、やさしいトーン。

ひのきの素材感と、座面のカラーリングから自然を感じるような、ほっとする空間づくりが叶います。


 

お部屋に華を添える、特別な一脚  「mina perhonen」

素材の良さを引き出したひのきのフレームに、繊細な刺繍が施されたミナペルホネンのファブリック。お部屋がパッと華やかになる「mina perhonen」タイプは、人の手をかけて大切に作られたプロダクトだけが持つ、あたたかで上質な風合いが魅力です。

 

腰かけるたびに、あるいは目にするたびに心が満ちていくような、豊かな時間を過ごすことができます。


 

ふわっとした優しい手触りのモールスキン地は、20年、30年と使い込むうちに、摩擦によって裏地の色が少しずつ顔を出します。

フレーム、座面ともに味わい深くなっていくチェアは、時を経るごとに愛着が増し、暮らしの宝物となるようなアイテムです。

主張の少ないデザインに、ほどよいサイズ感でありながら、個性もプラスすることのできるDチェア。

日々の暮らしに、ほっと心が温まるような、小さな時間を生み出す相棒として、1脚お迎えしてみませんか。

商品の一覧を見る


 

記事に登場した商品

Dチェアはこちら

Dチェア basic colorはこちら

Dチェア mina perhonenはこちら

こちらもおすすめ☆