狭い部屋に置くソファの配置方法をご紹介。インテリアをおしゃれにするヒントって?

洋風インテリアでくつろぐために必要な家具といえばソファ。狭いスペースでもおしゃれに見えるソファのデザインやソファの配置についてリサーチしました。ソファのある人気インテリアレイアウト実例がたくさんありますので、ぜひご覧ください。

公開日:
狭い部屋に置くソファの配置方法をご紹介。インテリアをおしゃれにするヒントって?

狭い部屋でもおしゃれに見えるソファ配置

洋風インテリアでくつろぐために必要な家具といえばソファ。でも、狭い部屋だとソファを置くとお部屋が窮屈に見えて、おしゃれにできないというお悩みもあるのではないでしょうか。

そこで、狭いスペースでもおしゃれに見えるソファのデザインやソファの配置についてリサーチしました。ソファのある人気インテリアレイアウト実例がたくさんありますので、ぜひご覧ください。

狭い部屋の魅力的ソファ配置:一人掛け

コーナーを活かした配置のソファレイアウト

コーナーを活かした配置のソファレイアウト

goodroomjournal

お部屋のコーナーに収納家具を配置するというのが、ありがちなレイアウト。

それをやめて代わりにソファを置けば、とってもおしゃれな上にくつろぎスポットになるインテリアにできます。

さらに狭いコーナーをテーマやテイストを決めて統一したインテリアにすると、特別なスペース感がでて魅力がアップ。

ソファはシンプルなデザインのものを選ぶと、模様替えする時に便利です。


 

 

一人掛けソファを2つ置くソファレイアウト

一人掛けソファを2つ置くソファレイアウト

acme_furniture

スペースが狭いところに一人掛けのソファを2つ配置するというのは、一見贅沢な空間の使い方のように見えるかもしれません。

しかし、一人掛けソファを複数置く方が融通が利くので、空間を有効活用しやすくなります。

画像例のようにテーブルをソファの間に配置すると、前にテーブルを置くより意外と便利。

横幅があるけど奥行きのないお部屋におすすめのインテリアです。


 

ゆったり過ごせるワンルームソファレイアウト

ゆったり過ごせるワンルームソファレイアウト

mairoom203

ワンルームや自分の個室にソファを配置する時は、大胆に部屋のど真ん中にレイアウトするというのもおすすめ。

自分のためだけのソファなら、狭いお部屋でも自分がくつろげるように配置するのがベストです。

リクライニングタイプのソファなら周りにスペースがある方がよいので狭いお部屋なら、なおさらお部屋の中央にソファを配置するインテリアが使いやすいでしょう。


 

重厚な印象なのにお手軽なソファレイアウト

こちらのソファはボンボンソファというレザービーズクッション。

本革と見紛うフェイクレザーを使用して、インテリア性のあるデザインと高級感のある座り心地を追及したビーズクッションソファです。

本格的なソファに見えつつ柔らかな座り心地で、とてもリラクシー。

見た目は重厚な雰囲気でもビーズクッションだからとても軽く、移動が楽々可能で狭い部屋でも重宝します。


 

テーブルに対して斜め配置のソファレイアウト

テーブルに対して斜め配置のソファレイアウト

lemohomeanddesign

お部屋のコーナーにテーブルを配置して、そのテーブルに対して横向き斜めにソファを配置するレイアウト。

テーブルセットをコンパクトに隅にまとめることができて、狭いお部屋でもおしゃれにまとまります。

狭いお部屋でなくても落ち着いた雰囲気のコーナーを作ることができるので、寝室インテリアなどにおすすめ。

とても狭い場合は、アームレスタイプのソファにするとよいですよ。


 

狭い部屋の魅力的ソファ配置:二人掛け

王道の壁際に寄せるソファレイアウト

王道の壁際に寄せるソファレイアウト

ie_memo

狭いお部屋にソファを置く時の王道配置パターンは、壁に寄せてソファを置くレイアウト。

ソファは比較的大きめの家具なので、狭いお部屋ではソファによって圧迫感が生じることがあります。

高さのある家具や床面積を占める家具を置く時はなるべく壁際に配置すると、中央が空くので生活動線が確保され狭い印象が緩和されますよ。

また白や薄い色のソファにするとインテリアが広く見えます。


 

アームレスタイプで開放的なソファレイアウト

アームレスタイプで開放的なソファレイアウト

kirariointerior

ソファのデザインもシンプルでコンパクトなアームレスタイプをチョイスすれば、狭いお部屋でも開放的なインテリアになります。

背もたれの低いローバックなら、なおのこと狭い印象を軽減。

ソファの前にテーブルを配置するならテイストを統一すると、おしゃれなインテリアになると同時に狭いと感じにくいでしょう。

スチール素材の細身のフレームもスマートな印象です。


 

パーテーションを兼ねたソファレイアウト

パーテーションを兼ねたソファレイアウト

bigjoy_interior

ソファは座ってくつろぐための家具ですが、そればかりがソファの機能ではありません。

パーテーションのようにレイアウトすることで、ゾーニング家具としての役割を担うこともできます。

広いスペースは清々しい反面、実生活上では使いづらさもあります。

動線を確保しつつ圧迫感のないソファでスペースを区切れば居心地がよくなり、インテリアの味わいにも奥行きが生まれます。


 

収納家具と合わせ技なソファレイアウト

収納家具と合わせ技なソファレイアウト

asasa0509

ソファを壁に寄せない配置にする場合、ソファの背面部分がデッドスペースとなってしまうことがあります。また、おしゃれに見えないというお悩みも。

そこで、ソファの後ろにバックシェルフを配置するアイデアがおすすめです。便利な上にディスプレイでインテリアを魅力的に演出できますよ。

雑多に見えながら、さりげなく統一した雰囲気を持つアイテムを飾るとおしゃれ。


 

インテリアの趣を統一したソファレイアウト

狭いスペースにあえて豪華な装飾の重厚なソファを置くというインテリアもありますが、やはり狭いお部屋のレイアウトの基本はシンプルでコンパクトなソファを配置するというもの。

細身のフレームで、座面の奥行きが浅くてすっきりしたデザインのソファを選べば、狭いお部屋でも圧迫感なく配置できます。

人気の北欧インテリアの趣で統一すれば、より爽やかな趣ですよ。


 

狭い部屋の魅力的ソファ配置:複数人掛け

ストレートシルエットのソファレイアウト

ストレートシルエットのソファレイアウト

luv.white___

狭いスペースに複数人掛けの長ソファをレイアウトしたい時も、二人掛けソファの配置の考え方と同じです。

高さがないローバッグタイプソファを選んで、白や淡いカラーの家具や雑貨で統一すると圧迫感を減らすことができ広々とした雰囲気に。

ソファのストレートシルエットデザインと、アーバンな印象のアートポスターがモダンな趣を織りなすインテリアになっています。


 

 

北欧インテリアテイストのソファレイアウト

北欧インテリアテイストのソファレイアウト

happyhome725

人気の北欧モダンなインテリアに統一したおしゃれなリビング。

その中心にあるソファは、ぬくもりのあるナチュラルブラウンのフレームと細かい幾何学模様のファブリックが組み合わされていて、とてもスタイリッシュです。

こちらの例は狭いリビングではありませんが、狭いお部屋でもインテリアがおしゃれにまとまるデザインのソファです。

テーブルとセットの配置にもおすすめ。


 

ダイニングいっぱいに配置のソファレイアウト

ダイニングいっぱいに配置のソファレイアウト

ダイニングコーナーいっぱいに配置されたダイニングソファとテーブル。狭いダイニングスペースでも、いっぱいいっぱいにソファを配置することで広々とした印象になっています。

ソファのデザインも洗練されていておしゃれな上に、実用性にも富んでいて座り心地もリラクシー。収納家具とソファの背もたれの高さを合わせていて、美しくインテリアが統一されています。

 

自由な配置を楽しめるソファレイアウト

画像はソファをスタンダードな壁寄せ配置にしている例ですが、こちらのようなシンプルデザインのデイベッドソファを使えば、狭いお部屋でもフレキシブルな配置のインテリアを楽しむことができるでしょう。

ソファ自体がスリムな形状のデザインなので、狭い廊下やホールなどに配置して使用することも可能です。

高さを抑えて統一したインテリアにぴったりのソファです。


 

床座式インテリアのソファレイアウト

床座式インテリアのソファレイアウト

konoasa_i

こちらはローソファーで床座式インテリアにまとめたリビングです。

狭い空間の場合、高さのある椅子式インテリアよりも、高さを抑えた床座式インテリアにした方が圧迫感が軽減され、狭いお部屋でものびのび使用できます。

このタイプのソファはテレビと対峙して配置するのがポピュラーですが、テレビがない場合は窓に向けて配置するインテリアにするのも一興です。


 

ソファ配置で決める狭い部屋のインテリア

狭い部屋をおしゃれに見せる魅力的なソファ配置をご紹介しました。床座式のお部屋にしない場合、ソファはリラックスするために欠かせないアイテム。

狭いスペースでも圧迫感を軽減するデザインやカラーを選んでレイアウトすれば、かなり住み心地のよい空間にすることができますよ。おしゃれでリラクシーなインテリアにすれば、狭い間取りでも毎日気持ちよく過ごせるでしょう。

こちらもおすすめ☆