狭い部屋を快適に過ごすレイアウト実例集。スペースを有効活用するおしゃれな空間作り

部屋が狭いと、思ったようなおしゃれなレイアウトはできないと諦めてはいませんか?部屋が狭くても、スペースを上手に使うことでおしゃれで、過ごしやすいインテリアが作れるんですよ。今回は、狭い部屋でもおしゃれで過ごしやすいレイアウト実例をご紹介します。

公開日:
狭い部屋を快適に過ごすレイアウト実例集。スペースを有効活用するおしゃれな空間作り

狭い部屋を快適にするおしゃれなレイアウト特集

部屋が狭いと、思ったようなおしゃれなレイアウトはできないと諦めてはいませんか?部屋が狭くても、スペースを上手に使うことでおしゃれで、過ごしやすいインテリアが作れるんですよ。

そこで今回は、狭い部屋でもおしゃれで過ごしやすいレイアウト実例をご紹介します。

狭い部屋でもおしゃれなレイアウト|インテリアテイスト重視

おしゃれな統一感があるレイアウト

おしゃれな統一感があるレイアウト

狭い部屋でも広く、おしゃれに見せるためには、インテリアテイストも重要です。色や家具のテイストを統一することで、狭い部屋でもまとまりがあってすっきりとした部屋になりますよ。

また、家具類は壁側に寄せて配置することで、部屋の中央部分があき広く見えるレイアウトにできます。ところどころに小さな植物をレイアウトしても爽やかでおしゃれですね。

 

 

ものが多くてもまとまりがあるレイアウト

狭い部屋でも好きなものをたくさんレイアウトしたいという場合にも、統一感は重要となってきます。

狭い部屋でものをたくさん置くとごちゃごちゃと散らかった印象になってしまいそうですが、こちらのようにアンティークで統一することで、ものが多くてもまとまりがあるおしゃれなインテリアになりますよ。

色の統一感があるところもおしゃれなポイントです。


 

ナチュラルアイテムを使ったレイアウト

ナチュラルアイテムを使ったレイアウト

白で統一しつつナチュラルアイテムを取り入れた狭い部屋は、おしゃれで広さが気にならないですね。すっきりと片付いているため狭いお部屋でも広く見え、窓が多く開放感があるのも特徴です。

また、狭い部屋を広く見せるためには大きめの鏡を取り入れるのも有効ですよ。インテリアテイストがマッチするように枠の色や素材にこだわって、統一感があるおしゃれな部屋にしてみましょう。

 

かっこいい雰囲気で統一したレイアウト

圧迫感が出てしまいそうな打ちっぱなしの壁の狭い部屋でも、モノトーンカラーの家具をレイアウトすることで、広くゆっくりと過ごしやすいリラックススペースが作れます。

かっこいい印象の壁にあわせて、レイアウトする家具もモノトーンカラーで統一してみましょう。

また、背が低いテーブルやソファも、狭い部屋を広く見せるポイントです。


 

壁を有効活用したレイアウト

壁を有効活用したレイアウト

狭い部屋でも活躍する壁面収納家具を取り入れたインテリアは、壁側に家具をレイアウトすることで、スペースを広く使えて便利です。

収納家具はナチュラルテイストで統一されていて、やわらかい雰囲気が素敵ですね。狭い部屋でも収納スペースを増やしつつ、バランスよく飾り棚をレイアウトすることでおしゃれなインテリアになりますよ。

 

狭い部屋でもおしゃれなレイアウト|動線の確保重視

移動がしやすいレイアウト

移動がしやすいレイアウト

狭い部屋のスペースを上手に使うためには、動線を意識した家具のレイアウトも重要です。

こちらはテーブルやイス、デスクなどを置いている部屋ですが、どれもコンパクトなサイズの家具なうえに動線を区切るものがなく、移動もしやすい部屋になっています。狭い部屋でも移動スペースがしっかり確保されたレイアウトを意識しましょう。

 

ものが少なく広く見えるレイアウト

ものが少なく広く見えるレイアウト

狭い部屋だとテーブルを置くと移動スペースが確保しにくくなってしまう場合もあるので、テーブルはレイアウトしないのもおすすめです。

ソファの横に小さめのサイドテーブルを置いたり折りたたみ式のテーブルを用意したりすると、必要となったときに便利ですよ。テーブルがない分、動線が確保しやすく狭い部屋も広く見えます。

 

広々と見えて動線も確保できるレイアウト

広々と見えて動線も確保できるレイアウト

__ra__chan__

狭くてもきちんと動線を確保した部屋は、シンプルで狭さも気にならないインテリアに仕上がります。

ソファやテーブルなどは、背が低くコンパクトなものがおすすめ。また、丸型のテーブルは狭い部屋に圧迫感を出したくない方にもよいですよ。

場合によってはラグなども活用して、動線をわかりやすくしてあげると過ごしやすくなります。


 

移動スペースに余裕があるレイアウト

狭い部屋にペットサークルのような大きなものを取り入れたい場合は、その分ものを少なくして動線の確保をするようにしましょう。

テーブルも大きめのソファもと、あれこれレイアウトしてしまうと動線が確保しにくくなってしまい、過ごしにくい部屋になってしまいます。

家具同士の大きさとどこに何を置くか、動線をどう確保するかなどを考えると、部屋作りもしやすくなります。


 

狭さを感じさせないレイアウト

狭さを感じさせないレイアウト

ソファや収納棚を壁に寄せることで、テーブルを置いても動線が確保しやすいレイアウトになっています。テーブルやクッションも取り入れていますが、きちんと人が通れる場所が確保されている分、狭さはあまり気にならないですね。

ポストカードや写真などを壁に飾れば、狭い部屋でもスペースを取らずにおしゃれさをアップできます。

 

狭い部屋でもおしゃれなレイアウト|家具重視

上手に家具を利用したレイアウト

上手に家具を利用したレイアウト

iro.ako_kusa.m

狭い部屋をおしゃれに、過ごしやすいインテリアにするためには、家具にこだわることも重要です。

こちらのおうちでは、収納家具を使ってリビングスペースと学習スペースを区切っています。

狭い部屋だとなかなか空間を思うように区切ることができず、メリハリがつきにくいということもありますが、収納家具を上手に配置することで、狭い部屋でもおしゃれでメリハリあるレイアウトになります。


 

 

コンパクトな家具をレイアウト

狭い部屋を広々と見せるためには、コンパクトな家具で統一するのもおすすめです。

余裕を持って小さめな家具をレイアウトすることで、狭くても圧迫感がないおしゃれなお部屋になります。

小さな家具は移動もさせやすく、模様替えもしやすいメリットがありますよ。

また、透明感があるクリアな家具は圧迫感がないため、狭い部屋に配置するのもおすすめのデザインです。


 

圧迫感がないシンプルなレイアウト

圧迫感がないシンプルなレイアウト

背板がない収納家具は、向こう側が見えて圧迫感がなく、狭い部屋に配置するのもおすすめの家具です。背板がない棚を使って、狭い部屋でもリビングと廊下を区切ることができますよ。

家具をどこに配置するかを工夫することで、狭い部屋でも生活スペースを上手にわけられるため、過ごしやすさがぐっとアップして快適になります。

 

収納力がぐっとアップする壁面家具レイアウト

収納力がぐっとアップする壁面家具レイアウト

狭い部屋を広く使うために活用したいのが、壁面収納家具です。壁のどこにでもレイアウトでき、収納もできるため狭い部屋では活躍するアイテムです。

おしゃれな見せる収納にしつつ、リュックやバッグなど出かけるときに持っていくアイテムを引っかけておけば、さっと持ち出せて便利です。また、よく切る服はクローゼットではなく、コンパクトなハンガーラックを使うのもおすすめです。

 

薄めの家具を使ったコンパクトなレイアウト

薄めの家具を使ったコンパクトなレイアウト

狭い部屋では収納家具も場所を取ってしまうため、ラダーのようなおしゃれなインテリアアイテムを収納家具として使い、壁側にレイアウトするのもおすすめです。

壁側にコンパクトな家具を寄せておくことで、狭い部屋でも広々と過ごせますよ。また、ラダーやマガジンラックなどは見せる収納にも有効なアイテムのため、お気に入りの雑誌や帽子などを収納するのに役立ちます。

 

狭い部屋でもおしゃれなレイアウトまとめ

狭い部屋でもできるおしゃれなレイアウトについてご紹介しました。部屋が狭い場合は、ただ単に家具を少なくすればよいというわけではなく、動線を考えたり視覚的にどう見えるかを取り入れてみたりすることが重要です。

狭い部屋を過ごしやすくしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもおすすめ☆