おすすめのこたつ用ソファまとめ。ロータイプ〜高めまでくつろげるアイテムをご紹介

こたつにおすすめのソファを紹介。座面の高さが低いソファをレイアウトし、こたつでぬくぬくと快適に過ごしましょう。今回は低め〜高めまである定番のローソファタイプと人気のマットタイプに分け、特徴も解説します。

公開日:
おすすめのこたつ用ソファまとめ。ロータイプ〜高めまでくつろげるアイテムをご紹介
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家具コンシェルジュ1級を所有し、家具選びのお手伝いやインテリア・フード・ライフスタイルの記事を執筆するライターです。キャンパー・DIY好き・植物マニア・家電オタクでもあります。仕事や趣味で学んだことをいかし、楽しくてちょっと役立つ情報を発信中。

こたつでの時間を快適にするソファを紹介

寒い季節になってくると、こたつに入ってあったかくして過ごしたい方も多いのではないでしょうか。リビングにはソファもありますが、一般的なソファは座面が高く、こたつに入りながら使うのは難しいもの。

そこで今回は、こたつにおすすめのソファを紹介しましょう。低め〜高めまである定番のローソファタイプと人気のマットタイプに分け、特徴も解説します。選び方を参考にしながら自分に合う、こたつ用ソファを見つけましょう。

こたつ用ソファで定番のロータイプ

こたつのためにつくられた人気ローソファ

最初にこたつ用ソファの中から、定番のローソファタイプを紹介していきましょう。

このタイプは一般的なソファと似た形ですが、座椅子のように低い座面が特徴です。こたつと一緒に使うなら、10cm以下〜20cm前後をおすすめします。

SEMI-TUのこたつを囲うソファは、その名の通りこたつのために考えられた人気家具です。

座面の高さは7.5cmと低めで、体をこたつに入れたままソファで寝転がってくつろげます。


 

 

レイアウトを変えてくつろげるローソファ

リコメン堂のローソファは、レイアウトを変えてこたつでくつろげる家具です。

L字配置にすれば2人掛けのソファ、直線に並べると1人で寝転がるソファ、対面に配置すれば2人で向かい合って座れるソファに。

座面の高さは8cmと低めなので背もたれを倒してリクライニングすれば、こたつでお昼寝もできます。

形がすっきりしてシンプルなので、おしゃれなリビング作りにも最適です。張り地はレザー調とファブリックから選べます。


 

2WAYでくつろぐクッション付きローソファ

リコメン堂のアペーゴは、座面にクッションがついたローソファです。クッションありの状態だと座面の高さは12cmあります。

座面の高さが10cmを超えるとソファに座って足だけこたつに入れて過ごすスタイルにぴったりです。

クッションを取り外して枕にすれば座面が低くなり、こたつでお昼寝できるソファに。

肌触りがよい生地なので、思いっきりくつろげるでしょう。もこもこクッションの可愛い見た目もおしゃれですね。


 

オットマンで配置を変える高めのローソファ

LOWYAのオットマン付きローソファの座面高は、こたつ用の中では高めの21.5cmです。

この高さだと、座った時にこたつ布団が太ももにかかるくらいになります。こたつに入って寝転がれませんが、テレビを見る目線を合わせやすいのがメリットです。

オットマンを動かして配置換えできるのも魅力で、こたつを使わない春〜秋は足を伸ばせるカウチソファにし、こたつを使う冬はオットマンを横に並べると長めのソファになります。


 

クラシカルデザインの1人掛けローソファ

一人暮らしの方におすすめしたいのが、LOWYAの1人掛けローソファです。

ダイヤモンドステッチが入ったベロア調のクラシカルデザインが、こたつ空間をおしゃれに演出します。フェミニンなお部屋に合う女性に人気のデザインです。

背面は42段階のリクライニング仕様になっており、高さ12〜47cmまで調整可能です。

自分に合ったスタイルで、こたつ時間を楽しめますね。座面にくぼみもあるので、座り心地もよいですよ。


 

組み合わせてカスタマイズできるローソファ

ベルメゾンの1人掛けローソファは複数組み合わせると、さまざまなスタイルを作れるスグレモノです。

単体だと小さい1人用ソファ、2台以上組み合わせると複数人で座るソファ、コーナータイプを組み合わせるとL字型やコの字型のソファになります。

家族が増えてライフスタイルが変わっても対応できる便利なソファですね。座面の高さは16cmあるので、こたつに足だけを入れて過ごすスタイルにおすすめです。


 

座面がやや高めのふっくら包まれるローソファ

ふっくらした座り心地が好きな方には、リコメン堂のこちらのローソファがおすすめです。

チップモールドの吹き込みウレタンを採用し、厚みがある座面に仕上げているので、包まれるような座り心地になっています。

ボリュームがある見た目ですが、ローソファなので圧迫感がなく、おしゃれでスッキリしたリビングを作れますよ。

座面はやや高めで20cm以上あるので、足だけをこたつに入れてくつろぐスタイルにおすすめです。


 

こたつ用ソファで人気のマットタイプ

ベーシックカラーのL字型マットタイプソファ

続いてこたつ用ソファの中から、人気のマットタイプを紹介していきましょう。

このタイプはマットと背もたれが組み合わさった形で、マットにこたつをそのまま置けます。

床に極めて近い状態でくつろげるためお昼寝に最適で、子供のプレイマットにもおすすめです。

リコメン堂のL字型マットタイプソファは、ベーシックで使いやすいブラウンとベージュの2色展開となっています。

ナチュラルで温かみがあり、冬にぴったりな色ですね。


 

なめらか&あったかL字型マットタイプソファ

冬のこたつ時間をもっとあったかくて快適なものにしたいなら、ベルメゾンのL字型マットタイプソファがおすすめです。

生地に極細マイクロファイバーを採用し、なめらかであったかくて包まれるような肌触りになっています。見た目にも温もりを感じますね。

敷物と一体化できる背もたれクッションなので、リラックス中にずれる心配もありません。

マットの厚さは4cmあり、底冷えをしっかりと防いで床で過ごす時間を快適にします。


 

エレガントなL字型マットタイプソファ

マットタイプのソファは子供と一緒に使う方が多いため、ほっこりした色やデザインが主流となっています。

そんな中、エレガントなデザインとして人気を集めているのがAchillesのL字型マットタイプソファです。

上品なグレーのキルティング生地を採用した大人っぽいデザインに仕上がっているので、モダンインテリアのこたつ空間にも似合います。

マットはサラッとしているので、こたつを使わない夏にもおすすめです。


 

ソファ単体で使えるL字型マットタイプソファ

AchillesのこちらのL字型マットタイプソファには、座面にも枕にもなるクッションがついています。

マットを外せば単体でコーナーソファとして設置できるので、こたつを使わない夏にも活躍するオールシーズン対応アイテムです。

背もたれを調整してクッションを枕にすれば、こたつに入りながらごろ寝やお昼寝ができます。

シックでおしゃれなグリーンカラーは、レトロモダンインテリアやカフェ風インテリアにおすすめです。


 

家族でこたつを囲むU字型マットタイプソファ

マットタイプソファには、背もたれがU字型になったタイプもあります。

L字型よりも背もたれ部分が増えるので、家族みんなでこたつを囲んで座りたい方におすすめです。

BEST VALUE STYLEのU字型マットタイプソファは、サイズとカラーを好みに合わせて選べます。

サイズは幅170×奥行き195cm、幅215×奥行き240cmの2サイズ展開、カラーはブラウン、ベージュ、グリーンの3色展開です。


 

ラグが洗えるU字型マットタイプソファ

子供がいる家庭におすすめしたいのが、ベルメゾンのU字型マットタイプソファです。

マットにはワンタッチテープで外せるラグがついており、ラグ部分は洗濯機で洗えます。

子供が汚しても簡単にお手入れできますね。ラグは爽やかな肌触りなので、こたつを使わない夏も快適に過ごせます。

クッションを外すと、ラグとウレタンマットを折り畳んで収納できますよ。季節を問わず、いつでも清潔かつ快適に使いたい方におすすめです。


 

折り畳むと変形するU字型マットタイプソファ

セルタンのデニム調マットタイプソファは、ヴィンテージ風インテリアなどのカジュアルなリビングにおすすめです。

ラフでおしゃれな質感の生地が、気取らずにリラックスできるこたつ空間にしてくれます。カバーリング仕様で、カバーを外すと洗濯可能です。

一般的なU字型よりも背もたれが少ないのにはワケがあり、マットを折り畳むとソファに早変わりします。

季節やシーンに合わせて、ソファの形状を使い分けしたい方におすすめです。


 

こたつ用ソファを選ぶ時のポイント

まず、ローソファタイプを選ぶ場合は座面高に注目します。こたつに体をすっぽり入れて昼寝したいなら10cm以下、足元だけをあったかくしたいなら10cm以上、テレビをちょうどいい高さで見たいなら20cm以上がおすすめです。

それからマットタイプは、使う人数を考えて形状を選びます。大人数でこたつを囲むなら、背もたれがたくさんついたU字型がおすすめです。自分に合ったこたつソファで快適に過ごしましょう!

こちらもおすすめ☆