人気の「アンブレラカラー」って?挑戦したくなる髪色をレングス別にまとめました

アンブレラカラーとは、髪の表面にブリーチをして明るいヘアカラーにして内側のカラーとのコントラストを付けた、まるで傘を被ったようなツートンカラーのヘアスタイルです。今回はアンブレラカラーの中から、挑戦してみたくなるヘアスタイルをご紹介します。

公開日:
人気の「アンブレラカラー」って?挑戦したくなる髪色をレングス別にまとめました

一度は挑戦したいツートンの「アンブレラカラー」

アンブレラカラーとは、髪の表面にブリーチをして明るいヘアカラーにして、内側のカラーとのコントラストを付けた、まるで傘を被ったようなツートンカラーのヘアスタイルです。

今、この個性的なアンブレラカラーがワントーンや、内側のカラーを明るめにしたインナーカラーでは物足りなくなった人に人気なんですよ。そこで今回はアンブレラカラーの中から、挑戦してみたくなるヘアスタイルをレングス別にご紹介します。

個性的で人気のアンブレラカラー|ショート・ボブ

逆インナーカラーのアンブレラカラー

インナーカラーは内側をハイトーンブリーチして表面を地毛や黒髪にするのが人気ですが、ヘアカラーを逆にするのがアンブレラカラーの特徴です。

ヘアアレンジが難しいショートヘアも、アンブレラカラーなら耳掛けアレンジでインナーのブリーチなしの黒髪を出すだけでカッコよさが引き立ちますよ。

前髪なしにすると、さらにメンズライクな印象に。


 

 

トレンドのピンクを入れたアンブレラカラー

人気のピンクカラーを表面に入れたアンブレラカラーです。ピンクカラーといっても深みがあり落ち着きのある色なので、あまり派手な印象はありませんね。

表面に束感を付けるようにスタイリングすると、インナーの暗めの髪がよく見えて、さらに落ち着いた大人っぽい印象のショートボブヘアーになりますよ。


 

落ち着いて見えるベージュのアンブレラカラー

ボブに少しピンクがかったミルクティーベージュを表面に入れた、アンブレラカラーです。

表面全体ではなく束になるよう透明感のあるカラーを入れているので、インナーのブリーチなしの黒髪のハイライトのようにも見えますね。

黒髪が見える範囲が大きいので、表面全体にカラーを入れたアンブレラカラーよりも挑戦しやすくて人気のヘアスタイルですよ。


 

ツヤ感のあるバイオレットのアンブレラカラー

表面と内側のコントラスト差が少ない、暗めバイオレットのアンブレラカラーも人気なんですよ。

ツヤ感のあるバイオレットカラーからインナーの黒髪が透けて見えると、ボブの髪色に深みが出ますね。

前髪なしアレンジも似合う落ち着いた印象の暗めカラーを、さらに大人女性らしい印象のヘアスタイルに見せてくれます。


 

ウルフカットで色の差が引き立つアンブレラカラー

トップと襟足の髪の長さを変えて毛先にくびれを作ったショートボブのウルフカットなら、アンブレラカラーの色の違いがより引き立ちます。

表面は透明感のあるアッシュ系カラー、インナーはトレンドのピンク系カラーと人気のカラーを2種類組み合わせたアンブレラカラーもおしゃれですね。


 

個性的で話題のアンブレラカラー|ミディアム

前髪に黒髪を残したアンブレラカラー

髪の表面にアッシュグレーを入れたアンブレラカラーですが、前髪あたりには内側の黒髪を残し、前髪なしにすることでフェイスフレーミングになっています。

透明感のある人気のアッシュグレーからインナーの黒髪が透けることでワンカラ―のアッシュグレーよりも深みが出て、大人女性にも合わせやすいヘアスタイルになっています。


 

ブラウンでナチュラルな印象のアンブレラカラー

顔なじみがよく人気ブラウン系のアンブレラカラーは、明るすぎない表面の髪色と内側のブリーチなしの黒髪とのコントラスト差が少なめなので、アンブレラカラーに初挑戦したい方におすすめの組み合わせです。

派手に見えてしまいやすいアンブレラカラーも、ナチュラルな髪色の組み合わせなら派手なヘアスタイルという印象が和らぎますね。


 

柔らかな印象になるアンブレラカラー

先ほどご紹介したアンブレラカラーに似ていますが、こちらは前髪部分にインナーカラーを多めに取って前髪なしスタイルにしています。

ブリーチなしの黒髪部分が顔まわりに多めに残っていると引き締まって見えて、小顔効果もありますよ。

どちらもナチュラルな髪色なので、こちらも挑戦しやすいアンブレラカラーを取り入れた人気のヘアスタイルです。


 

個性が出る色×色のアンブレラカラー

アンブレラカラーでより個性を出したい方に人気なのが、内側を地毛もしくは黒髪にするのではなく、表面も内側もカラーを施した組み合わせです。

爽やかな夏にぴったりのミントグリーンを内側に、表面にハイライトのようにブロンドカラーを入れたアンブレラカラーは髪に立体感を出せるヘアスタイルですね。


 

ミディアムウルフのアンブレラカラー

先述のようなショートのウルフカットだけでなく、ミディアムのウルフカットをアンブレラカラーにするのもおしゃれですね。

表面の外国人風なミルクティーベージュのきれいなカラーが、インナーのブリーチなしの黒髪でさらに引き立ちます。

人気の外ハネととろけそうなカラーで、ウルフカットがレディーなヘアスタイルになりますね。


 

個性的で話題のアンブレラカラー|セミロング・ロング

寒色カラーが大人っぽいアンブレラカラー

寒色系の髪色も、内側の黒髪が透けて見えることで深みのある大人っぽいカラーに見せることができますよ。

正面から見たときに毛先や首のあたりに暗めのインナーカラーが見えることで、顔まわりが引き締まって見えるのが嬉しいですね。

黒髪や暗髪のワンカラ―よりも軽さがあるので、人気の切りっぱなしのヘアスタイルにもおすすめです。


 

 

ハイライトのようなアンブレラカラー

ロングヘアにアンブレラカラーを入れるときは、トップからの髪の毛の流れを計算し徐々にカラーの面積を狭くしていくと、人気のハイライトカラーのように見せることができます。

徐々にインナーの黒髪とトップのカラーが入り混じり、ロングのヘアスタイルに立体感をプラスすることができますよ。


 

まるで夏の海のようなアンブレラカラー

まるで夏の海のようなアンブレラカラー

kenjikunn1

トップがホワイトに近いアッシュ、インナーがウルトラマリンの組み合わせのアンブレラカラーは、まるで日光が反射した夏の海のような髪の毛のコントラストが生まれます。

髪をかき上げたときや髪が風になびくときなど、ちらりとインナーの深いブルーが見えることでワンカラ―では表現できないヘアスタイルを楽しめますよ。


 

髪色がグラデーションになったアンブレラカラー

髪色がグラデーションになったアンブレラカラー

iso0613

表面のブラウンが徐々にインナーの黒髪となじむ、グラデーションカラーのようなアンブレラカラーです。

カラーの入った表面の髪にレイヤーを入れて徐々に髪色が混ざり合うことで、ツートンカラーの派手な印象が和らぎますね。

表面の髪色も肌馴染みがよいので、前髪なしアレンジも似合う大人女性にもおすすめのヘアスタイルです。


 

こっくりとした色味がおしゃれなアンブレラカラー

こっくりとした色味がおしゃれなアンブレラカラー

hair_mellow_gtnob

表面はこっくりとした深みのある人気のピンク色、インナーはツヤと透明感のあるダークグレーで、全体的に落ち着いた印象のおしゃれなアンブレラカラーになっています。

トレンドのピンク色もアンブレラカラーとして暗めのインナーカラーと組み合わせるのは、挑戦しやすいヘアスタイルですね。


 

一度は挑戦したいツートンのアンブレラカラーまとめ

いま話題のアンブレラカラーをレングス別にご紹介しましたが、いかがでしたか?ツートンカラーというと派手な印象があるかもしれませんが、組み合わせる髪色によっては大人女性でも取り入れやすいカラーリングなんですよ。

インナーカラーやワンカラ―にではない髪色に挑戦してみたい方は、ぜひアンブレラカラーを取り入れたヘアスタイルを試してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆