背の高いお花を楽しむアイテム!古道具風木製花瓶カバーをつくる

そろそろ梅雨に入りますね。今、我が家のお庭ではたくさんのお花が咲いています。 せっかくのお庭のお花、飾りたいけど小さい花瓶しかない…なんてことがたまにあります。今回は、そんな時に役に立つ花瓶のカバーを作ってみました。

公開日:
背の高いお花を楽しむアイテム!古道具風木製花瓶カバーをつくる
natsume

natsume

一級建築士

一級建築士 DIYクリエイター おうちを楽しく育てる暮らし「おうち育」を提案。 収納・100均リメイク・DIYなどおうちに関する楽しいアイディアをSNSで発信中。 著書 なつめさんちの新しいのになつかしいアンティークな部屋つくり  雑誌掲載・TV出演・コラム執筆・空間プロデュースなど

小さな花瓶しかなくても背の高いお花を飾る方法

そろそろ梅雨に入りますね。今、我が家のお庭ではたくさんのお花が咲いています。

せっかくのお庭のお花、飾りたいけど小さい花瓶しかない…なんてことがたまにあります。今回は、そんな時に役に立つ花瓶のカバーを作ってみました。

材料

材料

  • ナチュラルウッドボックス・・・3個(セリア)
  • セリア角材2P 45×2.5×1.5・・・1組(セリア)
  • 花瓶(入れば家にあるものでOK)※今回はダイソーの円筒ガラス花瓶使用(200円商品)
  • 水性ニス・・・ウォルナット/メープル(セリア)
  • 筆、スポンジ、いらない容器

 

 

作り方

作り方

ウッドボックス2つの底の板を2枚ずつ外します。金づちで端をたたけば外れます。ちなみに金づちもセリアです。

 

作り方2

底の板が4枚外れました。外した板は3枚使います。端のボンドなどをきれいにとっておくと後が楽です。

 

作り方23

セリアの水性ニス2色を1:1程度に混ぜ、ウッドボックス3つ、角材、先ほど外した板3枚を塗ります。

いつもはスポンジだけで塗装をしますが、今回は細かいところをたくさん塗るので絵の具用の筆も使いました。

 

作り方4

塗り終えたところです。外した板3枚は、貼り合わせるので見えないところは塗らなくてOKです。

 

作り方5

ボンドは木工用でOKですが、速乾があればそのほうが早く作業が進みます。底板の残っている箱を下にして、縦に重ねます。

 

作り方6

外した底板を3枚組み合わせたところ。飾りの取っ手の一部にします。

 

作り方7

角材と張り合わせた板をコの字に組んで取っ手風にします。強度はないのであくまで飾りです。ウッドボックスを縦に重ねると写真の通りになります。

 

作り方8

3枚組み合わせた板はきれいに重ならない場合もあります。そうするとボンドだけだと弱いと思うので、もしうまく接着できないときは、セリアのミニL字金具を内側に取り付けると強くなります。

 

作り方9

花瓶が入るかを確かめてOKなら完成です。サリュの細い花瓶は、少し安定感が悪いのでダイソーの円柱型を一つは入れると安心です。

 

完成

完成

ほぼボンドで張り合わせただけですが、木箱のような花瓶カバーができました。

 

 

完成2

花瓶の高さは木箱の半分くらいしかありませんが、木製カバーの高さがあることで長いお花も首が曲がらず安定します!

 

完成3

中はこんな感じで、入れてあるだけなのでお水替えも普通にできます。

 

完成4

花瓶がいくつか入っているので向きを変えたり、花の位置を変えたりとバリエーションも様々に楽しめますよ。

 

お花がより楽しめるようになります

普段、小さな花瓶で小分けにして飾るのが好きなのですが、アナベルやドウダンツツジ、えだものなどは大きく飾りたいときもあります。

そんな時、大きな花瓶を持つのもよいのですが、ある小さな花瓶を活用できればものをたくさん持たなくて済みますね。

接着するだけで作ることができるので、ぜひ作ってみてください。お花を飾るバリエーションが増えて楽しいですよ!

natsumeさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆