お気に入りの「丼型のお弁当箱」が見つかる。機能もデザインも優秀なおすすめ14選

おしゃれで便利な丼型のお弁当箱をご紹介。コロンとしたかわいい形のお弁当箱で、おしゃれなランチにしましょう。おすすめ製品をタイプ別に分けて紹介するので、気に入ったアイテムをチェックしてみてくださいね!

公開日:
お気に入りの「丼型のお弁当箱」が見つかる。機能もデザインも優秀なおすすめ14選
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家が大好きで暮らしについて様々な媒体に寄稿する在宅ライター。元々は衣食住に無頓着なズボラ主婦でしたが、今では外食より家でごはん食べたい派。おうちごはんをもっと楽しくするヒントを皆さんにお届けします。

おしゃれで使える丼型のお弁当箱をご紹介

お弁当箱にはさまざまなデザインがありますが、丼型のお弁当箱は見た目と機能の両方に魅力があります。コロンとしたかわいい形でおしゃれなランチになり、おかずとご飯を上下に分けてセットできるのでご飯が汁気でベチャベチャになりません。

今回は人気の丼型お弁当箱の中から見た目がおしゃれで使いやすい、おすすめ製品を選びました。タイプ別に分けて紹介するので気に入ったアイテムをチェックしてみてくださいね!

丼型お弁当箱《レンジ加熱できるタイプ》

形がシンプルでカラーがかわいい丼型お弁当箱

三義漆器
¥1,100 (2022/07/01 16:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

最初に丼型のお弁当箱の中からレンジ加熱できるタイプを紹介していきましょう。

このタイプは樹脂などの素材でできています。保温や保冷はできませんが、軽量で手頃な価格が多いことがメリットです。

荷物を軽くしたい方や職場でレンジを使える方におすすめします。

三義漆器の丼弁当は、シンプルな形とかわいい色が特徴のレンジ加熱できるお弁当箱です。撥水コートでご飯がこびりつきにくいので洗い物が楽になります。


 

 

ココットみたいな形がおしゃれな丼型お弁当箱

海外のキッチングッズが好きな方に、おすすめしたいのが竹中のココポットです。

ヨーロッパの調理器具のココットをモチーフにしており、キッチンから持ってきたような遊び心のあるデザインになっています。おしゃれでキュートな見た目ですよね。

内側二段式の丼型お弁当箱で、ご飯とおかずを分けて詰められます。

カツ丼やロコモコ丼などのどんぶりレシピにしたい時は上の一段目に具、下の二段目にご飯を入れましょう。


 

まるでホーローの器みたいな丼型お弁当箱

ホーローの食器や調理器具が好きな方には竹中のレトロモーダがおすすめです。

本物のホーローみたいなレトロでモダンなデザインですが樹脂でできているので、レンジで温めて食べられます。ピクニックやアウトドアにも気軽に持っていけますよ。

中は二段になっており、ご飯とおかずを分けて持ち運べます。食べ終わった後はコンパクトに収納できるところも便利です。

食洗機に対応しているので後片付けも簡単ですね。


 

フルーツがモチーフのおしゃれな丼型お弁当箱

ポップでかわいいデザインが好きな方には、たちかわのランチボウルがおすすめです。

フルーツをモチーフにしたおしゃれで遊び心のある丼型お弁当箱で、りんごの他にレモンやオレンジもあります。お好みのフルーツ柄を選びましょう。

中は二段式になっており、ご飯とおかずを分けて持っていけます。味移りせず、ご飯がベチャベチャになりません。

本体と中段はレンジ・食洗機対応ですが上蓋は対応していないので注意しましょう。


 

仕切り・たれ容器・取っ手付きの丼型お弁当箱

麺類をお弁当に入れて持っていきたいならサブヒロモリのナチュラルブランチがおすすめです。

中段に仕切りとたれ容器がついているので冷やし中華やパスタの具、麺、たれを分けて持っていけます。麺がたれを吸わないので美味しく食べられますよ。

仕切りを外せば、おかずがたっぷりと入ります。取っ手もついており持ち運びにも便利です。

カジュアルなデザインがおしゃれで見せたくなるお弁当箱ですね。カラーは4色展開です。


 

ナチュラルでおしゃれな木目調の丼型お弁当箱

ナチュラルな雰囲気が好きな方にはCtoC JAPAN SelectのWoodyがおすすめです。

木目調のおしゃれな丼型お弁当箱ですが、樹脂製なので蓋以外はレンジと食洗機に対応しています。軽いので持ち運びにも便利です。

中は二段式になっていて、ご飯とおかずを分けて詰められます。

カラーは2色展開で明るいライトブラウン色と濃いブラウン色から選べますよ。どちらもシンプルで大人っぽいデザインです。


 

手書き風ロゴがおしゃれな丼型お弁当箱

カジュアルなデザインが好きな方には、スケーターのカフェ丼ランチボックスがおすすめです。

手書き風ロゴがおしゃれな丼型お弁当箱で、カフェ気分でランチを楽しめます。

二段式で上段に具、下段にご飯やパスタなどを入れて持ち運びましょう。中蓋にはパッキンがついているので汁物が漏れないか気になる方も安心して使えます。

蓋と中蓋を外せばレンジ加熱可能です。食洗機にも対応しているので片付けも楽ちんですね。


 

丼型お弁当箱《保温機能付きのタイプ》

2色使いがおしゃれな冷めにくい丼型お弁当箱

続いて丼型のお弁当箱の中から保温・保冷できるタイプを紹介していきましょう。

このタイプは2種類あり、1つはステンレスジャーにご飯やおかずの容器を入れる製品です。

もう1つはサーモスのスープジャーのようにジャーに直接ご飯を詰めて、その上におかず容器をのせます。

パール金属のCSランチは冷めにくい真空二重構造のジャーに容器を入れて使うお弁当箱です。ポップな4つのカラバリがあり、2色使いがおしゃれですね。


 

スプーンを蓋の裏に収納できる丼型お弁当箱

お弁当をスマートに持ち運びたいならパール金属のデリデリがおすすめです。

付属のスプーンを畳んで蓋の裏に収納できるので、お弁当セットがかばんの中でかさばりません。

取っ手の部分も折り畳み式になっており必要な時にだけ使えますよ。ご飯を保温できる二段式の丼型お弁当箱で、お茶碗約1.9杯分のご飯を詰められます。

サイズは外径12.5×取っ手を含まない高さ13.5cmで保温・保冷タイプの中ではコンパクトです。


 

大盛りご飯が入るおしゃれな丼型お弁当箱

ご飯をよく食べる方におすすめしたいのがアスベルのカフェ丼ランチです。

お茶碗約2杯分のご飯が入る丼型お弁当箱で大盛りご飯をたっぷり食べられます。デザインがおしゃれなので女性も抵抗なく使えますよ。

この製品は、ジャーにご飯やおかずの容器を入れて保温・保冷するタイプです。出かける前に、ご飯の容器をレンチンしておくと温かさが長持ちします。

ステンレスジャー本体は、レンジ加熱できないので注意しましょう。


 

2つの容量から選べるカフェ風の丼型お弁当箱

パール金属・ホームレーベルのどんぶりランチジャーは2つの容量から選択できる丼型お弁当箱です。お茶碗約2杯分と2.7杯分があります。

食べる量に合わせたり、家族でサイズ違いを揃えたりするのもおすすめです。どちらも、ご飯がたっぷりと入ります。

ジャーに容器を入れて保温するタイプで、どんぶりレシピを気軽に楽しめますよ。

ロゴの入ったカフェ風のおしゃれなデザインも魅力でランチが楽しみになるお弁当箱ですね。


 

お茶碗約3.15杯のご飯が入る丼型お弁当箱

スケーターのカーボントーンは、よく食べる方や育ち盛りの子供のランチにおすすめの丼型お弁当箱です。

お茶碗約3.15杯のご飯が入る大容量のお弁当箱で、おかずもたくさん入ります。スポーツをされる方や、よく食べるお父さん部活をする子供には嬉しいですね。

真空二重構造で保温・保冷するタイプで、サラダなどの冷たさもキープします。温かい食品を入れる場合は熱湯を注いで本体を温めてから使いましょう。


 

ステンレスジャー単体でも使える丼型お弁当箱

ジャーに容器を入れる保温タイプのお弁当箱は、サイズがやや大きくなりがちな欠点があります。

もっとコンパクトに使いたいならSabuの2WAYサーモキャリーランチがおすすめです。

2段式ですが、ご飯は直接ステンレスジャーに詰められるため他の保温・保冷タイプよりもコンパクトに使えます。

おかず容器を外してジャー単体でも使えるのでオムライスやパスタなど単品の主食レシピをさっと食べたい時に便利です。


 

ムーミン柄がかわいい北欧風の丼型お弁当箱

スケーターのムーミンランチジャーは北欧デザインが好きな方に、おすすめの丼型お弁当箱です。

ブルーとイエローの北欧カラーもおしゃれですね。外側だけでなく、内側のおかず容器や蓋も同じ色使いになっています。

ご飯をジャーに直接入れる保温・保冷タイプで、φ11.4×高さ13.8cmと保温タイプの中でも比較的コンパクトなサイズです。

温かいご飯を入れる際はジャーを予め熱湯で温めておきましょう。


 

丼型のお弁当箱を選ぶ際のポイントとは?

まず、お昼にレンジを使うかどうかでタイプを決めます。職場のレンジで温めて食べるならレンジ加熱できるタイプ、レンジがない環境なら保温できるタイプがおすすめです。

保温できるタイプを選ぶ際は製品の詳細をチェックしましょう。中には、ご飯だけを保温するものもあります。また、正しい使い方でないとしっかり保温できない場合があるので、購入後は説明書をよく読みましょう。

自分に合った丼型お弁当箱を選んでくださいね!

こちらもおすすめ☆