【folk公式アンバサダー】壁の「アク」ってなに?原因と防ぎ方教えます♪

folk公式アンバサダーmaca_homeさんの、DIYやセルフリノベーション術、おしゃれなインテリア等を配信しています。 今回は「壁に出るアクの原因と防ぎ方」をご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

公開日:
【folk公式アンバサダー】壁の「アク」ってなに?原因と防ぎ方教えます♪
maca_home

maca_home

ライター

folk公式アンバサダーmaca_homeさんの、DIY術やおしゃれなインテリア等を紹介しています。暮らしを楽しむヒントをたくさん配信するのでぜひ参考にしてみてください♪

DIYで暮らしやすく

DIYクリエイターが分かりやすいハウツーやDIYレシピを公開!暮らしを楽しむヒントをたくさん配信するのでぜひ参考にしてみてください♪

今回は「壁に出るアクの原因と防ぎ方」をご紹介します。

「アク」の原因と防ぎ方

そもそも「アク」ってなに?

そもそも「アク」ってなに?

maca_home

合板や古い砂壁、モルタルなど、DIYした際に壁に変な汚れが浮き出てきたことはありませんか?

それは下準備を疎かにすると現れる「アク」。

今回は、その「アク」についてご紹介していきます。

maca_homeさんのInstagramはこちら


 

 

洗面所に可動式ガチャ棚をDIY!

洗面所に可動式ガチャ棚をDIY!

maca_home

こちらは我が家の洗面所。

可動式ガチャ棚をDIYした際、下地のない場所にシルバーの柱を設置するために、ホームセンターの合板を壁にビスで固定しました。


 

その時の壁をよーく見てみると…

その時の壁をよーく見てみると…

maca_home

1820×910の針葉樹合板を壁にビスで固定しています。

その上からモルモル(漆喰風の塗料)を塗って柱を設置。

一見綺麗ですが、こちら近くで見てみると……


 

半年経過でシミが多発?!

半年経過でシミが多発?!

maca_home

矢印箇所にシミがポツポツと出現しています。

モルモルを塗って半年後ぐらいの状態です。

このシミの正体は、板の中や壁の中に点在する汚れが表面に浮き上がってきたもの。

板や壁の表面に水分がつくと、磁石のように水分が汚れを引き寄せてしまうことが原因です。


 

落ち込まなくて大丈夫!

落ち込まなくて大丈夫!

maca_home

DIYをはじめるとついついプロレベルな仕上がりを目指したくなるもの。

半年でシミが浮き出てくると気分も下がってしまいますが、「DIYなんだから仕方がない!」ぐらいの気持ちで向き合うのがおすすめです。

健康被害や生活に支障をきたす問題ではないならOK!

対処法を知っていれば解決できるものもたくさんあるので、のびのびDIYを楽しんでいきましょう♪


 

シミを消す対処法①

シミを消す対処法①

maca_home

改めて、壁にシミが浮き出てきた時の対処法をご紹介します!

まず漆喰風の塗料、ニッペのモルモルを用意し、シミの上から塗るだけ♪


ニッペホームプロダクツ㈱
¥9,479 (2023/02/02 12:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

シミを消す対処法②

シミを消す対処法②

maca_home

同じ色のペンキで塗り重ねるのもOK!

色が合えばベストですが、多少塗り後がわかってしまってもDIYだからオールOK♪


 

事前にシミを防ぐ方法

事前にシミを防ぐ方法

maca_home

事前にシミを防ぐ方法もあるので、ご紹介します。

こちらはニッペの「ヤニ・シミ止めシーラー」。

古い壁やモルタル壁、合板などは中に汚れが潜んでいるので、表に出てこないようにこれを事前に塗っておきます。

シーラーで塗装した後にペンキを塗るだけでOKです♪


 

壁紙の上もOK!

壁紙の上もOK!

maca_home

壁紙の上やDIYで作成した小物、家具にもそのまま塗れます。

※厳密にいうと家具も小物もアクが出る・壁紙だからOKというわけではないですが、DIYなのでゆるく考えていきましょう!


 

完璧を目指しすぎず、ゆるく楽しくDIYしよう!

完璧を目指しすぎず、ゆるく楽しくDIYしよう!

maca_home

合板・古い砂壁・モルタル壁はアクが本当に出やすいので要注意です。

私は洗面所の可動式ガチャ棚DIYをする際、ついつい面倒くさくてサボっちゃいましたが、シミが気になる方は事前にシーラーで下塗りしておくことをおすすめします♪


maca_homeさんのInstagramはこちら

こちらもおすすめ☆