在宅勤務の一人暮らしにおすすめのレイアウト実例。参考になる上手な配置をご紹介

一人暮らしの方で在宅勤務をしていると、家が職場となるため今までは気にならなかった家具の配置などが気になるようになってきたという方も多いのではないでしょうか。今回は、在宅勤務の一人暮らし向けレイアウトをご紹介します。

公開日:
在宅勤務の一人暮らしにおすすめのレイアウト実例。参考になる上手な配置をご紹介

在宅勤務の一人暮らし向けレイアウト特集

一人暮らしの方で在宅勤務をしていると、家が職場となるため今までは気にならなかった家具の配置などが気になるようになってきたという方も多いのではないでしょうか。

在宅勤務となった場合、仕事がしやすい空間を作ることが大切です。そこで今回は、在宅勤務の一人暮らし向けレイアウトをご紹介します。

在宅勤務の一人暮らし向けレイアウト|ナチュラル系

すぐに資料が手に届く利便性の高いレイアウト

すぐに資料が手に届く利便性の高いレイアウト

iro.ako_kusa.m

ナチュラルテイストのおしゃれな一人暮らしインテリアですが、デスクの横に棚をレイアウトすることですぐに資料が取り出せて仕事がしやすいメリットがあります。

また、棚を仕切りのように活用すればワンルームや1Kの一人暮らしインテリアでもテレワークスペースと就寝スペースを区切ることができるので、気持ちのメリハリもつけやすく人気です。


 

 

配線も隠せるおしゃれなレイアウト

配線も隠せるおしゃれなレイアウト

rooom_tooom

ホワイトで統一された一人暮らしインテリアはおしゃれで、ものがごちゃごちゃとしていないためテレワークに集中できるインテリアになっています。

棚の近くにデスクをレイアウトすることで配線が隠しやすくなり、すっきりとした一人暮らしインテリアが作れますよ。

コンパクトなワゴンを使えば資料やタブレットなども使いやすく場所を取らないので、1Kや1DKにもおすすめです。


 

時間が確認しやすいレイアウト

時間が確認しやすいレイアウト

ナチュラルでおしゃれな雰囲気の一人暮らしインテリアは、デスクの位置から掛け時計を確認しやすいレイアウトにしています。

時間の確認をしやすいレイアウトはおすすめで目の前が広々としているため、リラックスして在宅勤務ができます。

また、動線を確保しつつもデスクがやんわりお部屋を仕切ってくれるので、ワンルームなどに仕切り効果がほしい方にもおすすめのインテリアです。

 

圧迫感のない仕切りがあるレイアウト

圧迫感のない仕切りがあるレイアウト

大きめのデスクは壁に沿うようにレイアウトしたインテリアは壁にポスターなどを貼ることで、おしゃれな在宅勤務スペースができます。

また、ワンルームや1Kで仕切りがほしいけれど狭く感じてしまうのは嫌だという場合はネットと棒などを使って仕切ると、おしゃれで圧迫感がない在宅勤務スペースができますよ。

在宅勤務スペースをざっくりと仕切ることで仕事と生活のメリハリがつきます。

 

在宅勤務も可能なコンパクトレイアウト

在宅勤務も可能なコンパクトレイアウト

一人暮らしで狭めのワンルームや1K、1DKの場合は小さめのデスクを置いて在宅勤務スペースを作るのがおすすめです。おしゃれなナチュラルインテリアの中に馴染みやすく場所も取らないので人気ですよ。

また窓のそばに在宅勤務スペースを作ることで、あたたかく日の光を浴びながら在宅勤務ができるのが魅力です。家具が自然素材で統一されているのも、おしゃれな一人暮らしインテリアです。

 

在宅勤務の一人暮らし向けレイアウト|シンプル系

窓側スペースを活用した在宅勤務向けレイアウト

窓側スペースを活用した在宅勤務向けレイアウト

お部屋の窓の部分に在宅勤務スペースを作った一人暮らしインテリアです。シンプルながらも日の光を浴びながら在宅勤務ができるレイアウトとなっていて、お部屋の角に作ることで動線の邪魔にならないのもいいですね。

シンプルで家具の高さが低いものばかりなのでワンルームや1K、1DKでも、お部屋が広く感じる素敵なインテリアです。

 

リモート向きのシンプルなレイアウト

リモート向きのシンプルなレイアウト

a___l__e_

在宅勤務でリモートのときに困るのが背景ですが、シンプルで何も貼っていない壁を背景に在宅勤務をすれば背景に困ることはありません。

一人暮らしインテリアでは大きめのデスクを使うのもいいですが、小型のデスクにすれば好きな場所に移動がさせやすく、1Kや1DKのお部屋でも場所を取らず邪魔にならないので人気ですよ。


 

オンオフの切り替えがしやすいレイアウト

オンオフの切り替えがしやすいレイアウト

12mr22

シンプルな一人暮らしレイアウトですが、デスクの下に棚を入れると場所を取らないうえに仕事の書類などを収納しやすくなります。

窓側に向けてデスクを置くとベッドやリビングが目に入らないので、仕事と私生活の切り替えもしやすくメリハリがつけやすくなりますよ。

シンプルで片づいている一人暮らしインテリアのため、お部屋に在宅勤務スペースがあってもリラックスしやすいですね。


 

ライト配置を自由に動かせる便利なレイアウト

一人暮らしのワンルームのお部屋ですが、ベッドの横にデスクを置きその間にライトをレイアウトしています。

在宅勤務中はライトをデスク側に当てたりベッドでゆっくりとしているときは、ライトをベッド側に向けたりもできるので便利ですね。

シンプルでものが少なく、在宅勤務に集中しやすい空間が作られている一人暮らしインテリアです。


 

動線を確保しやすい快適なレイアウト

縦長のお部屋ですが、奥の方に在宅勤務スペースを作り仕事ができるインテリアを整えています。

縦長でも正方形でも家具の配置を工夫することで動線を確保しやすくなり、奥の在宅勤務スペースまでまっすぐ行けるようになっていますね。

また、デスクの足元には大きめの口のバスケットを置いておくことでものが片づけやすく、人気のシンプルデザインのためインテリアにも馴染みます。


 

在宅勤務の一人暮らし向けレイアウト|クール系

統一感のあるおしゃれなレイアウト

統一感のあるおしゃれなレイアウト

mairoom203

デスクやイスなどが黒で統一された在宅勤務スペースは、おしゃれでクールな雰囲気が魅力です。

デスクまわりも、おしゃれに飾ることにより気分も上がりますね。

小物など雑貨を多く取り入れている在宅勤務スペースですが、バランスがよく色合いも落ち着きがあるものばかりなので在宅勤務にも集中しやすい一人暮らしレイアウトになっています。


 

 

おしゃれ感も抜群!集中しやすいレイアウト

おしゃれ感も抜群!集中しやすいレイアウト

mairoom203

グレーを取り入れたクールな雰囲気の在宅勤務スペースはおしゃれで、すっきりとした一人暮らしインテリアですね。

横にはベッドが、デスクの後ろには一人用イスがあり在宅勤務が終わったらスムーズにリラックスできる空間に行けるのも人気のレイアウトです。

一人暮らしの狭めのお部屋でも、ものを少なくしたりデスクを壁側に向けたりすることで集中しやすい空間が作れます。


 

生活スペースと区切って仕事ができるレイアウト

生活スペースと区切って仕事ができるレイアウト

メッシュパネルを使い仕切りを作ったクールな一人暮らしインテリアです。在宅勤務スペースと生活スペースを区切りつつ、メッシュパネルを使うことで向こうが透けるので圧迫感がないのが魅力です。

窓側に在宅勤務スペースをレイアウトすると、明るく開放感がある中で仕事ができるのがいいですね。パネルをレイアウトしながらも動線を確保できているので生活もしやすいお部屋です。

 

角を在宅勤務用スペースにできるレイアウト

角を在宅勤務用スペースにできるレイアウト

かっこいい一人暮らしインテリアは、ベッドと在宅勤務スペースをそれぞれ角に配置して仕事と私生活のメリハリをつけるタイプのお部屋です。

すっきりと片づいていておしゃれな一人暮らしインテリアですが在宅勤務のことも考えられてレイアウトされており、デスクを置いている側はものを少なめにして視界に入らないようにしているのもポイントです。

 

部屋の移動もしやすい便利なレイアウト

部屋の移動もしやすい便利なレイアウト

コンクリート壁がおしゃれな在宅勤務スペースは、ドライフラワーなども飾って素敵な空間となっています。小物を飾っていますが落ち着いた色のものばかりで仕事の邪魔をせず、集中できる一人暮らしインテリアになっていますね。

また、在宅勤務スペースからは二階に行ったりソファに座ったりと、どこにでも行きやすいレイアウトとなっていて便利です。

 

在宅勤務の一人暮らし向けレイアウトまとめ

在宅勤務の一人暮らし向けのレイアウトをご紹介しました。おしゃれかつ在宅勤務がしやすい一人暮らしインテリアは多く、1DKやワンルームでも少し工夫をするだけでも仕事がしやすく私生活とのメリハリもつけられるのが魅力です。

一人暮らしで在宅勤務をしている方は、ぜひ今回の内容を参考に在宅勤務がしやすく暮らしやすいレイアウトにしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆