多様化する玄関。いまどきの間取りプラン&実例集

家族はもちろん、お客様も出入りをする玄関。最近では、出入りのためだけでなく、さまざまな用途に用いることができる空間を兼ねたり、土間スペースのメリットを生かしたプランニングも多くみられます。

公開日:
多様化する玄関。いまどきの間取りプラン&実例集
SUVACO(スバコ)

SUVACO(スバコ)

専門家ライター

SUVACO(スバコ)は、自分らしい家づくり・リノベーションをしたい人と、それを叶えるプロとが出会うプラットフォーム。おしゃれな住宅事例や読みものから、あなたの価値観に合ったプロが見つかります。

家族はもちろん、お客様も出入りをする玄関。住まいの顔とも呼ばれるスペースです。最近では、出入りのためだけでなく、さまざまな用途に用いることができる空間を兼ねたり、土間スペースのメリットを生かしたプランニングも多くみられます。ここでは、従来の玄関という役割だけではない、空間づくりのヒントを集めました。

玄関プランの基本的な考え方

家族が日々使用するだけでなく、お客様を迎える場でもある玄関。玄関のつくりや雰囲気で、その家の住まい方や暮らしに対する思いなども伝わるものです。

日本の住宅の玄関は、一般的に土足で使用する三和土(たたき)部分のスペースが設けられ、三和土で靴を脱ぎ段差のある床にあがるスタイル。

基本的には、屋外と室内をつなぐ出入りの空間、靴を脱ぎ履きするスペースとして考えられます。

実際の家づくりの中では、必要な広さを考慮し、三和土部分の素材や壁材、玄関扉や窓などを検討。

加えて、靴などの収納や照明プランなどを考えることになるでしょう。

どのようなプランを検討するにしろ、家族構成やライフスタイルに考慮して、住まい全体で考えることが重要です。


 

 

玄関プランを考えるポイント

玄関プランを考えるポイント

玄関を検討する際には、いくつかのポイントがあります。

■優先順位を明確にする

現在では多様な玄関プランが考えられますが、どのように使いたいのか、具体的な希望を明確にしておくこと。

たとえば、「来客が多いので広めに、ちょっとした接客スペースとしたい」「靴だけでなく、アウトドア関連グッズの収納が欲しい」「車やバイクの置く場所の脇に簡素な玄関を」など、既成概念にとらわれず、ライフスタイルに合わせた空間づくりの希望をまとめておきましょう。

■動線や広さの検討を

優先順位が明確になったら、動線や必要なスペースの検討を。住まい全体の間取りと一緒に、行き来のしやすさ、使いやすく動きやすい広さを考えてみましょう。一般的な玄関の広さは3畳程度と言われていますが、プランニングによって大きく異なります。

■明るく風通しのよい空間に

どのような玄関プランとするとしても、基本的には居室同様、明るく風通しのよい空間づくりが求められます。敷地条件などによっては、北側に配されることも多いため、窓を設けるなどして明るさを確保したいものです。

あわせて風通しも重要なポイントです。最近では換気が可能な玄関扉も充実しているので、条件によっては検討してもいいでしょう。

 

玄関プランを考えるポイント2


■玄関扉の防犯性にも注意したい

出入口は防犯性も十分に配慮したいものです。玄関扉のキーシステムは進化し、電動で施解錠するタイプも充実。リモコンやカードだけでなく顔認証で施解錠可能な商品も発表されています。

また、外開きのドアだけでなく引戸タイプを取り入れるケースも増えてきています。性能やデザイン性も高まっているので、プランに合わせてコーディネートすることができるでしょう。

■床材や壁材などで大きく変わる

玄関スペースで悩む方が多いのが、土間部分の仕上げ材選びです。一般的な仕上げ材は、タイルや石、モルタルなど。戸建住宅の場合、玄関ポーチ(屋外)から室内の土間部分まで同じ素材(仕上げ)にして、空間的なつながりや広がりを持たせるプランが多くみられます。

また、壁材や壁面収納の扉材などの選び方によっても空間のイメージは大きく変わります。限られたスペースの場合、圧迫感のないような素材や色選びもポイントでしょう。

■すっきりとしたスペースを確保する収納計画

屋外と屋内を行き来する空間には、さまざまなアイテムが必要になります。それらを収納するスペースを周辺に確保しておきたいもの。一般的なシュークロゼットだけでなく、納戸のような広めの収納空間を取り入れたプランも多くみられます。

現在の持ち物をピックアップするだけでなく、子供の成長などによって増えるモノ、サイズが大きくなるモノなどを予測して検討することも必要です。

 

土間スペースのメリット

土間スペースのメリット

最近、玄関空間のつくりとして見直され、注目されているのが土間スペースの多様な活用方法でしょう。出入りするスペースとしてだけでなく、他の用途も兼ねるプランも多くみられます。場合によっては、他の用途で用いる空間に、出入口を設け玄関を兼ねるケースもあるようです。

ウチとソトの中間的なスペースである土間空間のメリットは、土足で使用することができるので、汚れを気にせずに作業をすることができ、多目的な使い方ができること。

プランニングにもよりますが、夏場の涼しいことも魅力でしょう。人と人との交流の場になりやすい、ペットの散歩帰りなどに使いやすい、といった声も聞かれます。

ただし、冬場は寒いため使い方によっては、暖房計画の必要性もあります。また、土足で使用するため、外からの埃(ほこり)が入ること、雨の日には濡れてしまうことも。床材は、汚れにくく、お手入れしやすい素材や仕上げを選ぶこともポイントでしょう。

 

多様に考えられる玄関プラン

最近では、一般的な玄関の役割だけでなく、プラスアルファの機能や工夫を盛り込んだプランも多くみられるようになりました。

 

シュークロゼットなど収納を充実させる

多様に考えられる玄関プラン

いわゆるシュークロゼット(下駄箱)だけでなく、ベビーカーやショッピングカートなど、外出時に必要なアイテムを収納できるスペースを確保したプランも増えてきているようです。

ある程度のスペースを確保したウォークインタイプも使い勝手のいいものです。戸建てだけでなくマンションでもみられます。


 

洗面台を設ける

多様に考えられる玄関プラン2

通常の洗面化粧台以外のセカンド洗面が注目される中、コロナ禍もあり、玄関に洗面台を設けるプランもみられます。

家族だけでなくお客様の洗面コーナー、外出時の身だしなみを確認することも。

また、趣味の空間としても利用できるスペースに、シンクを設けることで作業がしやすくなるメリットもあります。


 

自転車やキャンプ用品など、アウトドア用品のお手入れ

多様に考えられる玄関プラン3

愛用の自転車の置き場を土間スペースに確保したり、趣味のアウトドア用品を収納するプランとするケースも。

保管するだけでなく、メンテナンスなどもできる作業場としたり、屋外と行き来しやすいように出入口を広くするなど工夫したプランもみられます。


 

ビルトインガレージを兼ねる

ビルトインガレージを兼ねる

愛車スペースと玄関スペースを兼ねるプランも考えられます。ビルトインガレージとして、メンテナンスの作業場としても利用できるでしょう。

 

ワークスペースを設ける

ワークスペースを設ける

在宅ワークも一般化してきた中、ワークスペースの確保もプランニングの大きなポイントとなってきています。玄関脇の土間スペースに設けたワークスペースは、プライベートな空間と物理的にも心理的にも適度な距離を保つことができるメリットがあるでしょう。

 

来訪者の接客スペースを設ける

来訪者の接客スペースを設ける

土足のままでお客様とコミュニケーションが取れる場があると、気軽に楽しむことができるでしょう。ちょっとした椅子やテーブルを置くと心地よい空間になります。


 

通り間のようなプラン

玄関から土間スペースが廊下のように続く、通り土間のようなプランもみられます。玄関から庭に抜けられるようなプランも。ウチとソトを上手につなげることで、空間を楽しむ動線が生まれるでしょう。

 

通り間のようなプラン

どのような玄関プランとするにしろ、将来の変化をイメージすることは重要です。現在の家族構成やライフスタイルだけでなく、年齢の変化、子供の成長、家族の増減なども考慮して使いやすさを考えるようにしましょう。SUVACOの実例から、イメージに合ったタイプを探してみてください。

また、玄関周辺には、玄関ドアや内装材、収納建材、照明などが必要になります。それぞれショールームで実際の商品を確認し、デザイン性や操作性などを確認することも大切なポイントです。

 

リノベの依頼先選びに迷ったら▼

専門家紹介サービス(無料)

おしゃれな住宅実例をもっと見る

こちらもおすすめ☆