サンフランシスコ発!バリスタも納得、機能とデザインを両立させたスタグポアオーバーケトル

温かい飲み物をいれる回数が増えてくる季節ですね。今日は、バリスタも納得する、優れた機能とおしゃれなデザインを両立させた、Fellow Products のスタグポアオーバーケトルをご紹介させていただきます。コーヒーをいれるのが楽しみになる素敵なケトルをご覧ください。

2016/11/15更新
サンフランシスコ発!バリスタも納得、機能とデザインを両立させたスタグポアオーバーケトル

温かい飲み物をいれる回数が増えてくる季節ですね。今日は、バリスタも納得する、優れた機能とおしゃれなデザインを両立させた、Fellow Products のスタグポアオーバーケトルをご紹介させていただきます。コーヒーをいれるのが楽しみになる素敵なケトルをご覧ください。

機能とデザインを両立させたスタグポアオーバーケトル

Fellow Productsとは

Fellow Productsは、CEOのジェイク・ミラーを中心に、コーヒーを心から愛するたった数人からなるプロジェクトチームで、サンフランシスコを拠点とするブランドです。つまり、根っからのコーヒー好きが集まった会社という事ですね。


 

【スタグポアオーバーケトル】

Fellow Productsで、コーヒーを最適な温度で抜群に美味しく淹れたい!という思いから開発されたのが【スタグポアオーバーケトル】です。日本で購入しやすいのはマットブラックとシルバーの2色で、こちらはマットブラックタイプです。


 

広告

 

そして、文句なしの美しさを放つシルバータイプ。こちらも素敵!う~ん、2色しかないのに、カラー選びでかなり悩ませてくれそうです。


 

大きさはこんな感じです。注ぎ口の先端から持ち手までの長さはありますが、本体はコンパクトで持ち上げやすく、収納しやすいサイズです。


 

スタグポアオーバーケトルのココがすごい!

2016年1月にベストインマーケット賞を受賞

スタグポアオーバーケトルは、ライフスタイルのトレンドグッズが一堂に集まる、ニューヨークのデザインプロダクト見本市「NY NOW」で、2016年1月にベストインマーケット賞を受賞しました。ベストインマーケット賞というのは、ホーム・ライフスタイル・ハンドメイドのカテゴリで約2500社以上出典する中、合計9つのカテゴリで勝ち抜いた最優秀新商品賞の中から、たった1点だけ選ばれるという、栄誉ある賞なんです!そんなケトルがお家のキッチンにあったなら。。そう考えるだけでもワクワクしてきませんか!?


 

湯温がわかるサーモメーターがケトルと一体化

コーヒーも紅茶も、日本茶も、いちばん美味しくいれることが出来る湯温があります。スタグポアオーバーケトルにはサーモメーターが付いているので、お湯の温度が一目瞭然!それぞれの飲み物に適した湯温で、最高に美味しいお茶をいれる事ができるんです。ちなみに、コーヒードリップ時に最適といわれる湯温は90℃~96℃で、その部分はサーモメーターに赤くマークが施されています。


 

ケトルのトップに付いたサーモメーター、なんておしゃれなのでしょう♪これぞ機能とデザイン美を兼ね備えた逸品と言えますね。


 

一定量のお湯を注げる制度の高い注ぎ口

この細い注ぎ口をご覧ください。狙ったところに確実にお湯を落せるようなデザインになっており、ドリップ用としても最適な機能を誇っています。


 

とにかく注ぎやすいこちらのケトル。。お茶をいれる時のみならず、お料理にも大活躍!最適な温度のお湯を少しずつ注ぎたい時などには、なくてはならない存在となることでしょう。


 

手にフィットするエルゴノミクスデザインのハンドル

もうひとつ、こちらのケトルのすごいところ。。それはハンドルの持ちやすさと安定感!お湯が入ったケトルは想像以上に重くなり、片手で持つとバランスが崩れがち。。実はこのハンドル、下半分に重りが内蔵されており、傾けたときにグラつかないよう配慮された設計になっているんです。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。