グッドルームのスタッフに聞きました!「在宅ワークを楽しむコツを教えてください!」

リモートワークが当たり前になりつつあるいま。他のリモートワーカーはどんな環境で働いているんだろう?そんな疑問に答えるべく、日々リモートで働いているグッドルームのスタッフに、どんな部屋や環境で働いているのかを聞いてみることにしました。

公開日:
グッドルームのスタッフに聞きました!「在宅ワークを楽しむコツを教えてください!」
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

グッドルームのスタッフに聞きました!「在宅ワークを楽しむコツを教えてください!」

リモートワークが当たり前になりつつあるいま。他のリモートワーカーはどんな環境で働いているんだろう?

そんな疑問に答えるべく、日々リモートで働いているグッドルームのスタッフに、どんな部屋や環境で働いているのかを聞いてみることにしました。

text : nekomimi

今回は、グッドルームで働くスタッフに「リモートワークについて」幅広くアンケートを取り、話を聞いてみることにしました。

「リモートワークをするとき、どういう環境にすると良いのかな?」「一人暮らしだから気分転換がうまくできない!」そんな疑問の答えになりそうなヒントが、たくさん出てきましたよ。


 

 

在宅ワークでまず用意したい、椅子

会社と自宅の環境における一番の違いは、「インテリア」。オフィスで働いていると気が付きませんが、在宅ワークになって初めて椅子のありがたみを感じた方も多いのではないでしょうか。

ですが、オフィスと自宅では部屋の広さなどに大きな違いがあるため、オフィスで使用しているものをそのまま購入することは難しいでしょう。デザイン面でも機能面にもこだわりたい、グッドルームスタッフが自宅で愛用している椅子について聞きました。

 

ハーマンミラーの「セイルチェア」

濱田さん:「元々は腰痛改善や座り心地の良さを重視して、ハーマンミラー社の高機能ワークチェア『アーロンチェア』を検討していました。ただ、狭いワンルームにアーロンチェアがあると色味も黒く、形もややごついため、威圧感を感じてしまうんですよね。そこで私はホワイトのセイルチェアを選びました。部屋になじむデザインで、かつ疲れにくく、以前よりも仕事に集中できるようになった気がします」


 

イトーキの「バーテブラゼロサン」

松永さん:「在宅勤務が続くことになり、思い切って家にお迎えしたのが、この椅子。ワークチェアとしての機能はもちろん、ダイニングに置いても馴染むデザインが決め手です。お部屋のインテリアのイメージに合わせてシート生地やフレームの色をカスタムできるのも良く、とても気に入っています」


 

より集中できる場所に、デスクを配置する

椅子の次はデスク。ダイニングテーブルなどが置けない広さのお部屋に住んでいる方は、今回初めて折り畳みのデスクを購入したという方も多いのでは。

デスクを自作したり、購入したりして、様々な工夫を凝らしながら、より自分が集中できる環境をつくりあげている例を見てみましょう。

 

窓際にデスクを移してみる

在宅ワークを楽しむコツ4

井本さん:「普段自宅で作業をすることがあればダイニングテーブルで作業をしていました。ただこれでは、なかなかオンとオフの差がつきづらいことが課題でしたね。そこで窓際にデスクを移して、太陽の光や風を感じながら仕事ができる環境にしました。ちなみに、奥のデスクはDIYしたもので、とても気に入っています」

 

部屋の角にフィットするデスクを選ぶ

関井さん:「テレワークが始まってすぐ、無印良品で作業用のデスクを購入しました。パイン材を使用して温かみもあるデザイン。さらに折りたたむことができるので、部屋を広く使いたいときにはしまうことができて、とても便利です」


 

気分転換は、アロマにおまかせ

人間の五感のうち、嗅覚が一番脳にダイレクトに届くという話を聞いたことがあります。

リラックスしたいときや集中したいとき、自宅ならオフィスよりも周囲に気を遣うことなく、簡単に香りを取り入れることが出来て、作業効率が上がるかもしれません。

 

在宅ワークを楽しむコツ6

沼田さん:「気分転換したいときにソファにシュッとひと吹きしてリラックスすることができています。100%天然精油でできているので、肌にも優しく、除菌消臭効果も期待できるので、一石二鳥です!」

以前このアイテムを紹介した記事はこちら

 

無印良品のアロマディフューザー

在宅ワークを楽しむコツ7

大坂さん:「集中力が切れたときに無印良品で購入したアロマディフューザーを気分転換につけています。アロマオイルには様々な種類があるのですが、私はリラックス効果のある『シダーウッド』の香りを使っています」

 

部屋の彩りにも。観葉植物を愛でてみる

ともすれば誰とも話さずに一日が終わり、孤独という声も多く聞こえる在宅ワーク。観葉植物が家にあれば、部屋の彩りにもなり、日々の変化も感じることができ、一石二鳥。

 

在宅ワークを楽しむコツ8

岡部さん:「窓際に緑を置くスペースを作って、息抜きに眺めたり、朝の水やりをルーティンにしてます。近くの園芸センターで、あんまり手間のかからないものを揃えるようにしています」

 

在宅ワークを楽しむコツ9

ルーカスさん:「緑の少ない都心に住んでもガーデニングをして、少しでも自然を感じる暮らしがしたいと考えていました。休日に植物の手入れをするだけでリフレッシュすることもできるので、とてもいいですよ」

 

在宅ワークで一番よかったのは「使える時間が増えたこと」

自宅で働くということは、通勤時間がなくなるということ。グッドルームでも、スタッフによってはかなりの時間が空いたようです。

「睡眠時間が増えた」「休憩時間に家事ができる」という声や「家族と過ごす時間が増えた」というコメントも。

 

通勤時間が3時間弱減った

在宅ワークを楽しむコツ10

叶田さん:「勉強の時間や趣味の時間が増え、主人と過ごす時間が圧倒的に増えました!毎日3食一緒に食べることができ、一汁三菜で栄養バランスなどを考えた献立を作れるようになりました」

 

ペットと過ごす時間が増えた

在宅ワークを楽しむコツ11

岩橋さん:「家にいる猫と一緒に過ごす時間が増えたことが、在宅ワークをしていてよかったこと。たまに邪魔をされますが、常に癒やされながら仕事をすることができています」

*

「できるだけ外に出てはいけない」という、前代未聞の環境が世界中で求められたことで、少なからず困惑した私たち。それでも、より良い環境を自分自身で考え、実行していく中で新たな環境への変化にも対応できるようになったような気がします。

みなさんのお部屋作りや気持ちの切り替えの仕方などの、参考にしてみてくださいね。

goodofficeをもっと見る

 

東京・シェアオフィスを探す
東京・コワーキングスペースを探す
東京・リノベオフィスを探す
東京・SOHOを探す

 

こちらもおすすめ☆