「生活感」は隠さない。食卓を中心にした小さな40㎡の家族の暮らし

お部屋が狭かったり、家族が増えたりして、モデルルームみたいに完璧なコーディネートのお部屋にするのはちょっと難しいと感じている方も多いかも。でも「暮らし」の様子が感じられても、「素敵」をつくるコツはあるんです。家族3人で暮らす40㎡の2LDKを拝見しました。

公開日:
「生活感」は隠さない。食卓を中心にした小さな40㎡の家族の暮らし
goodroom journal

goodroom journal

専門家ライター

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

「生活感」は隠さない。食卓を中心にした小さな40㎡の家族の暮らし

お部屋が狭かったり、家族が増えたりして、モデルルームみたいに完璧なコーディネートのお部屋にするのはちょっと難しいと感じている方も多いかも。

でも「暮らし」の様子が感じられても、「素敵」をつくるコツはあるんです。家族3人で暮らす40㎡の2LDKを拝見しました。

text : Miha Tamura from goodroom journal


 

 

食卓中心に暮らす、家族の2LDK

YUIさんが2人のお子さんと暮らしているお部屋は、40㎡ほどの2LDK。10畳のLDKに、6畳と4.5畳がひとつずつの間取りです。

 

40㎡の家族の暮らし2

部屋の中で一番気に入っている場所はダイニング。ソファ、テレビを置くのをやめて、食卓中心の生活に。テーブル脚はIKEAのもので、ホームセンターで買った木材をワトコオイルで塗装し天板にしています。

 

合わせているのはベンチと小さなスツール2つ。背もたれがないのですっきり見え、小さなお部屋でも動きやすそうです。


 

キッチンでは、IKEAのHYLLISを活用。無印良品のステンレスワイヤーバスケットなどを組み合わせて、素敵なオープン収納を作っていらっしゃいます。


 

キッチンツールや調味料も、いつでもすぐ、手に届く位置に。

お部屋のテーマは、「生活感のある、住んでいる人の雰囲気がわかる部屋」。

「よく使うものは基本的にはオープン収納にして、レトルトとかちょっとパッケージが派手なものも、隠したりはせずそのままに。SNSにあげるときも『これは隠さなきゃ』とか気にせず、そのまま見せています。モデルルームみたいにきちんとしすぎないことで、自分自身が気にしなくていいし、暮らしている感じのある部屋がいい、と思って」


 

「フィットする家具」は自分でつくる

こちらはYUIさんの寝室。押入れは、襖を全て外し、デスクとして使っています。


 

洋服はこちらのハンガーラックと、ベッドの下に収納。


 

素敵なショップカードやフライヤーなどは好きで集めてしまうアイテム。ベッド周りにもたくさん飾られています。


 

押入れの中の本棚はDIY。集めているショップカードや雑誌などを、整頓してまとめて置く場所に。

「もともと狭い部屋に住んでいたこともあって、既製品だと『ちょっと場所をとるんだよな』っていうものが多くて。奥行きもこんなにいらないし、とか。自分の部屋にフィットするものが作りたくて、DIYなら自由にできるなぁと思って、はじめました」


 

こちらは高校1年生の息子さん、小学5年生の息子さんのための、子ども部屋。

もともとテレビボードとして作った家具を間仕切りにして、二人それぞれの空間を作られています。


 


 


小さな空間でも、ものをしまう場所をしっかりと作ってあることで、とても整理整頓して、暮らしていらっしゃいますね。

小さなお部屋でも、ふだん使うものとちょっと可愛いアイテムとを混ぜながら、「自分たちの暮らし」が感じられる落ち着いた空間を作っていらっしゃったYUIさんのお部屋。

モデルルームみたいに完璧じゃなくても、おしゃれで居心地の良い空間は作れるんだな、と感じます。

YUIさんのInstagramアカウントはこちら

https://www.instagram.com/___.ui_/

子どもと暮らすインテリア実例を見る

 

東京・神奈川・埼玉・千葉 2LDKの賃貸を探す
大阪・京都・神戸 2LDKの賃貸を探す
名古屋 2LDKの賃貸を探す
福岡 2LDKの賃貸を探す
札幌 2LDKの賃貸を探す

 

私らしく暮らす。賃貸インテリア

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

人気の連載が本になりました

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆