【連載】新品のブリキを味のあるジャンクなブリキにペイントリメイク!

今日は新品のブリキを、何年も雨ざらしで置いていたような味のあるジャンクなブリキにペイントリメイクする方法をご紹介します。金属やプラスチックにペイントする方法なので、100均で買ったものも自分好みの色にできるのでぜひ活用してください!

公開日:
【連載】新品のブリキを味のあるジャンクなブリキにペイントリメイク!
Mily

Mily

DIYクリエイター

DIYクリエイター・整理収納アドバイザー 自宅をDIYでリノベーションし、DIYと整理収納を合わせ快適な暮らしになるよう工夫しています。 DIYアイデアや整理収納のこと、100均リメイクのレシピなどSNSで発信。 ワークショップや作品販売などイベントで活動中。

新品のブリキをジャンクなブリキ鉢にペイントリメイク♬

こんにちはMilyです♪今日は新品のブリキを、何年も雨ざらしで置いていたような味のあるジャンクなブリキにペイントリメイクする方法をご紹介します。

今回ご紹介する方法は金属やプラスチックにペイントする方法なので、100均で買ったものも自分好みの色にできるのでぜひ活用してください!

置いているだけでかっこいいジャンクなブリキ

まずは完成した作品からご覧ください。

サビが出て味があって、フェイクグリーンを飾るのにピッタリです。えんぴつ立てや小物入れにも使えます。

それでは早速工程に入ります。


 

 

ペイントスタート♪

まずはブリキの表面にヤスリで細かい傷をつけます。

傷をつけることで塗料とのひっかかりができて、上から塗った塗料が剥がれにくくなります。

金属やプラスチックを塗る時は、必ず1番最初にヤスリで傷をつけてください。


 

次にプライマーをハケで塗ります。

プライマーを塗ることで、より塗料が剥がれにくくなります。ペイントは下地作りが大事です!


 

プライマーが乾いたらミルクペイントのブラックペッパーを塗ります。


 

次にミルクペイントのブラックペッパー、ニュースペーパー、オーガニックコットンをトレイに出して色を混ぜながらスポンジで塗ります。

ちゃんと混ぜ切らない感じで塗るのがコツです。塗料は白、グレー、黒に代用できるのでおうちにあるものを使ってください。


 

全体的にまばらな感じで塗れました。下地に塗ったブラックペッパーも所々塗り残すのもコツです。


 

最後にステンシルで文字を入れてサビ加工します。こちらも混ぜ切らない感じにスポンジで塗っていきます。

今回はサビ加工用のミルクペイントのラストメディウムを使っています。濃い茶色と赤茶色のアクリル絵の具などでも代用できます。


 

完成です!


 

底に穴を開ければ観葉植物を植えたり、お庭でお花を植えるのにも使えます。


 

新品のブリキに手を加えて味のあるお気に入りの雑貨に♪

新品のブリキを、雨ざらしで錆びたようなジャンクなブリキにペイントリメイクする方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

下地にヤスリをかけプライマーを塗れば、金属やプラスチックなどにも塗れるので便利ですね。100均で買った雑貨などに手を加えてお気に入りの雑貨にリメイクしてみてください!

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。他にもDIYの記事を書いているのでよかったら見て下さい。

Milyさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆