鍋もおしゃれにこだわりたい。最新のアイテム14選で調理がもっと楽しくなる

鍋は毎日の料理に欠かせないキッチンツールです。機能も大切ですが、見た目もおしゃれな鍋にすれば料理の時間が楽しくなりますよ。今回はおしゃれな鍋の中から、最新の鍋や比較的新しいアイテムを紹介します。両手鍋と片手鍋に分け、機能的な鍋から安い鍋まで幅広く紹介しますので、選び方の参考にしてくださいね!

公開日:
鍋もおしゃれにこだわりたい。最新のアイテム14選で調理がもっと楽しくなる
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家が大好きで暮らしについて様々な媒体に寄稿する在宅ライター。元々は衣食住に無頓着なズボラ主婦でしたが、今では外食より家でごはん食べたい派。おうちごはんをもっと楽しくするヒントを皆さんにお届けします。

おしゃれな鍋で毎日の料理が楽しくなる

鍋は毎日の料理に欠かせないキッチンツールです。機能も大切ですが、見た目もおしゃれな鍋にすれば料理の時間が楽しくなりますよ。今回は、こだわりのキッチンツールを愛用する家具コンシェルジュの私が、おしゃれな鍋を紹介します。

特に今回は、最新のものや比較的新しいものを集めました。両手鍋と片手鍋に分け、機能的な鍋から安い鍋まで幅広く紹介しますので、選び方の参考にしてくださいね!

おしゃれな鍋《人気の両手鍋》

人気のミナペルホネンとコラボしたストウブ鍋

最初におしゃれな鍋の中から、人気の両手鍋を紹介していきましょう。機能的でおしゃれな人気鍋メーカーと言えば、鋳物ホーロー鍋のストウブです。

見た目だけでなく、熱伝導率の高さ、保温力、オーブンやIHで使える便利さなど機能も充実していますよね。

これまで柄物は少なかったのですが、人気ブランド・ミナペルホネン柄が登場しました。ミナらしい自然を感じるデザインがおしゃれですね。色は2色あります。


 

 

蓋でも調理できるovjectの両手鍋

ovjectは、老舗琺瑯メーカーによる新進気鋭の日本製ブランドです。

取っ手の取り外しが可能な琺瑯マグや調理できる琺瑯プレートなど、既成概念に捉われないおしゃれな製品で人気を集めています。

このブランドの両手鍋は、蓋でも調理できるのが特徴です。

ダッチオーブン料理、煮る、蒸す、焼くといった幅広い調理が可能で、IHにも対応しています。無骨なおしゃれさは、キャンプにもおすすめです。


 

軽さと機能性の高さが魅力のKING無水鍋

HALムスイ
¥14,689 (2021/08/03 03:44:57時点 Amazon調べ-詳細)

ストウブなどの鋳物ホーロー鍋はおしゃれで無水調理が便利な反面、重さをネックに感じる方もいますよね。

そんな方には、KING無水鍋をおすすめします。1953年に広島で誕生した「無水鍋」の復刻版モデルで、厚手アルミニウム鋳物製のため軽いのが特徴です。

無水調理に加え、8通りの調理ができます。シンプルで洗練されたおしゃれさは、どんなキッチンにも似合うでしょう。


 

鋳物ホーローでも軽いユニロイのキャセロール

ユニロイ(Unilloy)
¥34,005 (2021/08/03 03:44:58時点 Amazon調べ-詳細)

軽さが魅力のおしゃれ鍋をもう一つ紹介しましょう。ユニロイのキャセロールは、「世界一軽い、鋳物ホーロー鍋」と謳われる製品です。

鋳物ホーロー鍋は、大手メーカーの240mm前後の大きいサイズだと3〜4kgはあります。でもユニロイの240mmサイズは、約2.6kgです。

扱いやすいだけでなく、熱も伝わりやすいため、短時間で一気に加熱できます。継ぎ目のないデザインと豊富なカラーもおしゃれです。


 

ロングセラーがさらに進化したフィスラーの鍋

圧力鍋が人気のフィスラーは、約170年もの歴史があるドイツのメーカーです。

クラフトマンシップを重視しつつ、常に技術革新に努めてきた同社の製品は、世界中で愛用されています。

中でもプロコレクションのステンレス鍋はフィスラー最高峰とも言われる逸品ですが、最近オリジナルプロフィコレクションへと進化しました。

高品質と高機能はそのままに、よりモダンでおしゃれに仕上がっています。


 

一人鍋にも容器にも使える野田琺瑯のココナベ

野田琺瑯(Nodahoro)
¥2,343 (2021/08/03 03:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

野田琺瑯のココナベは、一人暮らしの方や一人鍋を楽しみたい方におすすめのおしゃれな鍋です。

2サイズあり、小は198×105mmと小ぶりで、独り占めしたくなる可愛らしさですね。

一人鍋はもちろん、アヒージョや少量の煮物調理、容器、食器としても使えますよ。

取っ手がないため、加熱後はミトンなどが必要ですが、冷蔵庫にしまいやすく重ねて収納できます。安い価格も嬉しいですね。


 

伝統と革新が融合したモラトゥーラの土鍋

モラトゥーラ(Molatura)
¥23,100 (2021/08/03 03:45:00時点 Amazon調べ-詳細)

モラトゥーラのbest potは、土、金属、異素材を組み合わせた全く新しい土鍋です。

鍋本体は蓄熱性に優れた萬古焼を使用し、蓋は鉄鋳物を琺瑯加工しています。金属の蓋は、気密性を高めて旨味を閉じ込めることが可能です。

伝統的な技術を取り入れながらも、見た目はモダンでおしゃれですよね。

テーブルにそのまま出せるおしゃれさなので、普段の食卓はもちろん、おもてなしにもおすすめですよ。


 

おしゃれな鍋《人気の片手鍋》

おしゃれな色を楽しむ野田琺瑯のソースパン

野田琺瑯(Nodahoro)
¥4,697 (2021/08/03 03:45:01時点 Amazon調べ-詳細)

続いておしゃれな鍋の中から、人気の片手鍋を紹介していきましょう。野田琺瑯の片手鍋はベーシックな白も人気ですが、年々カラーバリエーションが増えています。

中でもクルールソースパンは、鮮やかなブルーやグリーン、ニュアンスカラーのベージュやグレーといった様々な色を楽しめますよ。

注ぎ口は両口タイプなので、利き手を選ばない設計です。天然木を使った蓋のつまみもおしゃれですね。


 

大人っぽい色がおしゃれな月兎印のミルクパン

ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)
¥3,630 (2021/08/03 03:45:02時点 Amazon調べ-詳細)

うさぎのマークで有名な月兎印は、レトロなポットが人気の琺瑯ブランドです。

ポットの他にボウルやバットなどもありますが、中でもミルクパンはそのおしゃれな色が魅力と言えます。

ブルーやキャメルも綺麗ですが、比較的最近登場したネイビーは、落ち着いた色合いでどんなキッチンにもマッチしそうです。

価格も安いので、琺瑯鍋を初めて使う方にもおすすめですよ。


 

うさぎ好きさんには外せない琺瑯ミルクパン

ミッフィーフェイスは、人気メーカー・富士ホーローのシリーズです。ミッフィーの顔のみのミルクパンは、おしゃれで可愛いですね。

キャラクターものですが、デザインはシンプルなので大人っぽいキッチンにも合いますよ。

裏表で違う表情がデザインされているので、向きを変えながら楽しむのもいいですね。おしゃれで使う人を笑顔にするユニークな鍋は、プレゼントにもおすすめです。


 

湯切り機能が便利なツヴィリングのソースパン

包丁や鍋などが人気のツヴィリングは、約290年もの歴史を持つドイツの老舗キッチンブランドです。

常に技術革新を続けており、そのデザイン性の高さから数々のデザイン賞を受賞しています。

新しく発表されたシンプリファイシリーズは、動作をミニマムにする調理器具です。

例えばこのソースパンには湯切り機能がついており、ザルなしで水切りできます。見た目もスタイリッシュでおしゃれですね。


 

料理の相方にしたいヨシカワのaikata

木製×金属の組み合わせがおしゃれなaikataは、老舗金属メーカー・ヨシカワの片手鍋です。

ユニークなネーミングの通り、料理の相方にしたくなる人気鍋ですよ。丈夫でお手入れ楽なステンレス製の本体には、個性的な注ぎ口がついています。

この形状のおかげで汁物をこぼさずに注げるので、ストレスフリーに使えますよ。蓋やハンドルについた木製のおしゃれなパーツは、優しい気分にさせてくれますね。


 

コスパの高いウルシマ金属の人気ミルクパン

ウルシヤマ金属工業(Urushiyama)
¥3,145 (2021/08/03 03:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

コスパの高い小鍋をお探しなら、ウルシマ金属のIH-Duo・ミルクパンがおすすめです。

シンプルでおしゃれな本体は、全面2層構造を採用しているため、熱伝導性に優れています。

また、中には目盛りもついているので、計量しながら使えるのも便利です。

このおしゃれさと機能性の高さ、日本製といったスペックながら、3,000円台なのはかなり安いと言えます。


 

1台7役もあるToMayの人気マルチポット

狭いキッチンで使える汎用性の高いアイテムをお探しなら、ToMayのマルチポットがおすすめです。

これだけで煮る、炒める、茹でる、沸かす、揚げる、炊く、和えるといった役割をこなし、片手鍋としてもフライパンとしても使えます。

カラーが豊富でおしゃれな色が多いため、キッチンに合う色を選ぶのも楽しいですよ。この使い勝手とおしゃれさで2,000円台は、かなり安いと言えます。


 

おしゃれな鍋を選ぶ時のチェックポイント

鍋選びには、見た目、素材、機能、サイズ、対応熱源、形状なども大切ですが、重さと素材もチェックしておきましょう。例えば、鋳物ホーローや鉄は調理に優れていますが、重くなりがちです。

一方、アルミや琺瑯はそれよりも軽いですが、お手入れに注意が必要な場合もあります。毎日使うものですので、メリット・デメリットを把握しておきましょう。記事を参考に、自分に合ったおしゃれな鍋を見つけてくださいね!

こちらもおすすめ☆