ホットプレートでつくる、おしゃれな節約レシピ。電気代を抑えるコツも公開

ホットプレートが1台あると、毎日の食事からデザートまで作れてとても便利。しかも節約レシピが簡単につくれるのも魅力です。 こちらの記事では、ホットプレートの魅力や、見た目にもおしゃれな節約レシピ、電気代を抑えるホットプレートの使い方のコツを紹介します。

公開日:
ホットプレートでつくる、おしゃれな節約レシピ。電気代を抑えるコツも公開
BRUNO

BRUNO

専門家ライター

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド。たとえば、ビーチサイドを仕事場に、いつもの食卓をパーティに変え、ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。"変幻自在"で"愉しさ重視"のライフスタイルがBRUNO流。BRUNOは、人生を愉しむための遊び心に満ちた ライフスタイルをお届けします。

ホットプレートが1台あると、毎日の食事からデザートまで作れてとても便利。しかも節約レシピが簡単につくれるのも魅力です。

こちらの記事では、ホットプレートの魅力や、見た目にもおしゃれな節約レシピ、電気代を抑えるホットプレートの使い方のコツを紹介します。

ホットプレートを使った節約レシピで、料理上手を目指しましょう。

ホットプレートの魅力

2、鶏肉のロールキャベツ_トマトクリーム煮込み

ホットプレートを使って料理することは、卓上で料理ができる以外にもたくさんのメリットがあります。まずは、ホットプレートの持つ魅力を見ていきましょう。

 

 

食費や時間を節約できる

ホットプレートは、1つのプレート上でいろいろなレシピをつくれるのが魅力です。

何品もの料理を別々につくるよりも食費が抑えられる上、作りながら食べられるので時短になるメリットもあります。

また、朝ご飯とお弁当のおかずを一緒につくれるなど、忙しい朝の利用にもおすすめです。

 

毎日の食事からパーティまで利用できる

ホットプレートは、炒め物から煮物、焼き物までできるので、1つあれば毎日の料理でも活躍します。

料理のちょっとした保温から、友達とのパーティや家族との食事など、テーブルの上でワイワイと楽しめるのも魅力です。

 

後片付けが簡単にできる

3、お皿を洗う女性

料理と食事の後に待っているのが後片付け。ホットプレートを使用すれば、ガスコンロなどを汚すことなく料理ができます。

たくさんの料理器具を使わないので後片付けも簡単です。プレートを取り外せる製品なら、プレートを丸洗いして本体を拭くだけなので、お手入れも簡単にできます。

 

【お料理】ホットプレートで作る、おしゃれな5つの節約レシピ

焼いたり煮たりと、いろいろな料理ができるホットプレートですが、家にある食材で経済的に、尚且つおしゃれな料理が楽しめます。次に、ホットプレートでできるおしゃれな節約レシピを紹介します。

 

おもてなし料理にもぴったりな「ペペロンチーノ風スープパスタ」

4、ペペロンチーノ風スープパスタ

こちらは、あさり・蒸しだことパスタを使ったスープパスタです。茹で時間が短いサラダ用パスタを使うと時間の節約になります。

冷凍のシーフードミックスを使っても良いでしょう。おしゃれな見た目で、おもてなし料理にもぴったりの料理です。

【アイテム】

オーバルホットプレート

オーバルホットプレート用カラープレート ブルーグレー

 

【材料】

<オーバルホットプレート/カラープレート(2~3人分)>

  • あさり…200g
  • 蒸しだこ…150g
  • タラ…2切
  • にんにく…1片
  • 唐辛子…5本
  • キャベツ…2枚
  • スパゲティ(茹でたもの)…80g
  • ブラックオリーブ…6個
  • オリーブ油…大さじ1
  • 白ワイン…60ml
  • 水…300ml
  • 顆粒コンソメスープの素…小さじ2
  • 塩・こしょう…適量

 

【手順】

  1. あさりは砂抜きし、蒸しだこはぶつ切りに、タラは食べやすい大きさに切っておきます。パスタは少し固めに茹でておくのがポイントです。
  2. オリーブオイルで薄切りニンニク、唐辛子を炒めます。
  3. シーフード類を炒めて白ワインを入れ、沸騰したら水とコンソメスープの素を加えます。
  4. ブラックオリーブとキャベツ、パスタを加えて塩・こしょうで味を調えたら完成です。

「ペペロンチーノ風スープパスタ」の詳しいレシピはこちら!

 

SNS映えもバッチリな「ツリーのマカロニグラタン」

5、ツリーのマカロニグラタン

ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・ピーマンをツリーに見立てた可愛いグラタンです。

パプリカとピーマンを星型や葉型に抜いて、ツリーにトッピングするととてもおしゃれで、SNS映えもバッチリ。

 

【アイテム】

コンパクトホットプレート

 

【材料】

<4人分>

  • 鶏むね肉(鶏もも肉でも可)…300g
  • 玉ねぎ…1個
  • マカロニ…120g
  • 小麦粉…100g
  • 牛乳…1,000ml
  • シュレッドチーズ…120g
  • バター…80g
  • 塩…小さじ1と1/2
  • こしょう…少々

[トッピング]

  • ブロッコリー…1/2房
  • カリフラワー・パプリカ(赤・黄)・ピーマン…適量

 

【手順】

  1. マカロニ・ブロッコリー・カリフラワーは下茹でしておきます。パプリカ、ピーマンは星型やヒイラギ型でくり抜く
  2. バターで鶏肉と玉ねぎを炒める
  3. 玉ねぎがしんなりしたら小麦粉を振り入れ、粉気がなくなるまでさらに炒める
  4. ホワイトソースは牛乳を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜ、塩・こしょうを振り、沸騰してとろみがつくまで混ぜながら加熱して作る
  5. マカロニを入れてチーズをまぶし、蓋をした状態で2分程度加熱してチーズを溶かす
  6. ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・ピーマンでトッピングしたら完成

「ツリーのマカロニグラタン」の詳しいレシピはこちら!

 

時短で作れるおしゃれな「秋の洋風炊き込みごはん」

6、秋の洋風炊き込みごはん

ホットプレートで炊き込みご飯も簡単にできます。シーフードミックスやトマト、えのき・マッシュルームなどのきのこ類を使った、節約しつつもおしゃれな炊き込みご飯です。旬な食材をのせて作ってみるのもおすすめです。

 

【アイテム】

コンパクトホットプレート

 

【材料】

<4~6人分>

  • 米…2合
  • 冷凍シーフードミックス…100g
  • トマト…1個
  • えのき…1/2袋
  • マッシュルーム…2個
  • かつお節…適量
  • 水…350ml
  • みりん…大さじ2
  • 醤油…小さじ1
  • 塩…小さじ1
  • オリーブ油・黒こしょう・パセリ・粉チーズ…適量

 

【手順】

  1. みりんや醤油で味付けした水に、米を1~2時間浸けておく
  2. 米をホットプレート上にのせ、その上にきのこ類を散らして4分ほど加熱
  3. 蒸気があがったら、シーフードミックスを散らして、真ん中にトマトをのせて10分加熱
  4. 加熱後は10分ほど蒸らし、オリーブ油、黒こしょう、パセリ、粉チーズをかけたら完成
  5. 真ん中のトマトは食べる前に崩すことがポイント

「秋の洋風炊き込みごはん」の詳しいレシピはこちら!

 

パーティー料理にもってこいな「ホワイトチーズソースの煮込みハンバーグ」

7、ホワイトチーズソースの煮込みハンバーグ

野菜もたっぷり摂れる、ホワイトチーズソースの煮込みハンバーグです。色とりどりで、見た目もきれい。

にんじんをハート形にしたら、とてもおしゃれな1品になります。残りの野菜はチーズフォンデュにして食べられるので、経済的です。

 

 

【アイテム】

オーバルホットプレート

 

【材料】

<2~3人分/50分>

  • 合い挽き肉…300g
  • 玉ねぎ(中サイズ)…1個
  • しめじ…1パック(80~100g)
  • 溶き卵…1個分
  • 牛乳…大さじ3
  • パン粉…大さじ6
  • 塩・こしょう…適量
  • ナツメグ…適量
  • サラダ油…適量
  • 小麦粉…大さじ2
  • 牛乳…400ml
  • バター…10g
  • 粉チーズ…小さじ2
  • コンソメ顆粒…小さじ1
  • 塩・こしょう…適量
  • ピザ用チーズ…60g
  • スライスチーズ(チェダー)…2枚
  • 乾燥パセリ・粗挽き黒こしょう…適量

<トッピング(チーズフォンデュ用)>

  • お好みの野菜(じゃがいも・にんじん・ブロッコリー・ミニトマト)…適量

 

【手順】

  1. にんじん、じゃがいも、ブロッコリーなど好みの野菜を茹でておく
  2. 合い挽き肉で小さいハンバーグを作り、ホットプレートで焼き目を付けたら一度取り出す
  3. バターと小麦粉と牛乳を入れて、ホワイトソースを作る
  4. ハンバーグを戻し入れ、粉チーズやコンソメ、塩こしょうを入れて煮込んだらチーズをのせ、野菜をトッピングしたら完成

「ホワイトチーズソースの煮込みハンバーグ」の詳しいレシピはこちら!

 

色鮮やかで見た目にも楽しい「カラフルシチューフォンデュ」

8、カラフルシチューフォンデュ

こちらはエビや鶏肉、ブロッコリー、ヤングコーンなどを使ったシチューフォンデュのレシピです。好みでウインナーやアスパラガスなど、家にある材料を具にして使えるので、冷蔵庫に眠らせていた食材も余すことなく使えて経済的です。

 

【アイテム】

コンパクトホットプレート

 

【材料】

<4人分>

  • えび(ゆで)…8尾
  • オリーブ(ブラック・グリーン)…各4個
  • 鶏もも肉…1枚(300g)
  • ブロッコリー…1/2個(75g)
  • パプリカ(赤・黄)…各1/2個
  • フランスパン…適量
  • ヤングコーン…8本
  • ラディッシュ…適量

<フォンデュソース>

  • 濃いシチュー クリーム…1/2箱(84g)
  • 水…300ml
  • 牛乳…100ml
  • S&Bパセリ…適量

 

【手順】

  1. エビとオリーブを串に刺す、鶏肉とフランスパンをひと口大に切るなど、具材を用意する
  2. フォンデュソースは市販のシチュークリームと水、牛乳を使って鍋で作る
  3. フォンデュソースを耐熱容器に移し、ホットプレート上に置く
  4. 具材もホットプレートにのせて完成

「カラフルシチューフォンデュ」の詳しいレシピはこちら!

 

【お菓子】ホットプレートで作る、おしゃれな2つの節約レシピ

ホットプレートを活用すれば、節約しつつお菓子作りも楽しめます。次に、簡単にできるリースタルトとフレンチトースト、2つのレシピを紹介します。1人はもちろん、お友達とホームパーティーをする時にも楽しめるレシピです。

 

餃子の皮がキュートに変身した「パリパリ!リースタルト」

9、パリパリ!リースタルト

餃子を作って皮だけ余った時にもおすすめのデザートレシピです。餃子の皮がキュートなタルトに変身します。

 

【アイテム】

コンパクトホットプレート

 

【材料】

<6枚分>

  • 餃子の皮…6枚
  • 溶かしバター(サラダ油でも可)…10g

<ホイップクリーム>

  • 生クリーム…100g
  • 砂糖…大さじ1
  • 抹茶パウダー…0.5g

 

【手順】

  1. 皮の真ん中を丸く抜いて、表面に溶かしバターを塗る
  2. ホットプレートで両面をパリパリになるまで焼く
  3. 生クリームをホイップ状にして、半分は抹茶を混ぜて2種類作っておく
  4. 皮の上にクリームを絞り、イチゴやブルーベリーなど好みのフルーツをのせたら出来上がり

「パリパリ!リースタルト」の詳しいレシピはこちら!

 

簡単でおいしい「とろけるひと口フレンチトースト」

10、とろけるひと口フレンチトースト

「簡単でおいしい」が叶うスイーツレシピです。材料費もかからないので、食パンがある時に気軽にトライしてみてください。

 

【アイテム】

オーバルホットプレート

【材料】

<3~4人分/20分>

  • 食パン(6枚切り)…4枚
  • 卵…4個
  • 牛乳…400ml
  • 砂糖…大さじ4
  • バニラエッセンス…適量
  • サラダ油…適量
  • メイプルシロップ…適量
  • はちみつ…適量

 

【手順】

  1. 卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスを混ぜたものに、耳を切り落とした1cm角の食パンを入れてレンジで加熱
  2. タコ焼きプレートに食パン生地を入れて、たこ焼きを作る要領でくるくると丸めていく
  3. スプーンですくうように転がし、全体に焼き色が付き、こんがりとさせる
  4. お皿に盛り付けて、はちみつやメイプルシロップをかけ、好みでフルーツなどをトッピングして完成

「とろけるひと口フレンチトースト」の詳しいレシピはこちら!

 

ホットプレート使用時の電気代を抑えるコツ

11、机上の計算機とコンセント

ホットプレートを使用する時に気になるのが電気代ですよね。最後に、ホットプレートを使用する時の電気代を抑えるコツを紹介します。

 

電子レンジなどで食材に火を通しておく

ホットプレートの使用による電気代を抑えるには、使用する時間を短くするか、または消費電力を小さくするのがポイント。

電子レンジなどで食材にあらかじめ火を通しておくと、使用時間が短くなるため電気代の節約になります。

 

一気に調理してから保温にする

ホットプレートは、加熱されるまで時間がかかります。一度電源を切ったり温度を下げたりした後に再び熱すると、余計に電力を消費します。

そのため、少しずつ調理をせずに、一気に仕上げて加熱時間を短縮しましょう。ずっと高温に設定すると電力を消費するので、食材にある程度火が通ったら蓋をして、保温にするのがおすすめです。

蓋をすることで表面温度が高く維持できるため、余熱で十分に調理できて時間も短縮できます。

 

料理や人数に合ったホットプレートを使用する

ホットプレートには、さまざまな加熱方式やサイズがありますが、コンパクトなホットプレートの方が、中型や大型のものよりも電気代を抑えられます。

料理や人数に合ったサイズのホットプレートを使うのも、電気代節約の1つの方法と言えるでしょう。

▼BRUNOのホットプレートは、コンパクトサイズから選べる!料理やスイーツも作れて見た目もおしゃれ

「BRUNOホットプレートまるわかりガイド」

 

ホットプレートでおしゃれな節約レシピを楽しもう

12、エプロンをする女性

ホットプレートを使えば、時間や食費を節約しながら、いろいろな料理が楽しめます。電気代を抑えるコツもヒントにして、ホットプレートでおしゃれな節約レシピを楽しんでくださいね。

 

こちらもおすすめ☆