おしゃれな高めポニーテールヘア15選。崩れずバランス良くする大人っぽヘアのコツ

髪を一本にまとめるポニーテールは定番アレンジですが、テールの結び位置を高めにすると印象が大きく変わります。今回は、大人女性におすすめのおしゃれな高めポニーテールヘアをシーン別にまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

公開日:
おしゃれな高めポニーテールヘア15選。崩れずバランス良くする大人っぽヘアのコツ

おしゃれな高めポニーテールやり方実例

髪を一本にまとめるポニーテールは定番アレンジですが、テールの結び位置で印象が大きく異なります。結び位置が高めのポニーテールは若々しく見え、男性からも好評のヘアスタイル。

ロングヘアの方には、ぜひ綺麗にできるやり方をマスターしてもらいたいアレンジです。大人のおしゃれな高めポニーテールを簡単にバランスよく作るやり方をシーン別にまとめました。ご参考にどうぞ。

おしゃれな高めポニーテール:オフィス

基本&定番の綺麗な大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール1

shingo_syuto

シンプルに高めで結んだ髪は典型的で基本的な定番ポニーテール。

暗色髪のストレートヘアならテールが広がらずタイトなシルエットになるのでオフィスでも好印象です。

ここから大人のおしゃれなカジュアルヘアやパーティヘアにしたい場合は、テールをカールさせたり、おくれ毛を出したり、アクセサリーを着けたりするだけで簡単チェンジ。

シーンに合わせたバランスがポイントです。


 

 

すっきりシルエットの簡単高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール2

sugenoaiko

高めポニーテールは首回りがすっきりしますが、テール部分がばさばさしてうるさいと感じることもあります。

特にオフィスシーンでは、テールの毛束を結び束ねて、すっきりとまとめた方が仕事の邪魔になりません。

画像の髪型はテール部分を上から順にゴムで結び、結び目を自毛で巻いて隠すというやり方の簡単アレンジ。

結び目の間隔をバランスよくすると大人っぽく綺麗になります。


 

タイトでも大人可愛い印象の高めポニーテール

定番の高めポニーテールのテール部分にリボンを巻いてタイトなシルエットにまとめたアレンジ。

全体にすっきりした印象で、前髪の量やリボンのカラーも控えめなのでオフィスやお仕事のシーンでも嫌われない髪型です。

一方で、肩より下の毛先を残して巻くことで大人可愛い仕上がりでおしゃれ。

バランスを少し変えるだけで簡単にパーティ用、お仕事用とモードチェンジできます。


 

立体感のあるシルエットの高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール4

chiakih62

定番の高めポニーテールのテール部分を編んで結び、編み目を少しずつ引き出して立体感を出した簡単アレンジ。

子供から大人までチャーミングに見せる万能スタイルです。

ここからお団子にするというのが定番ですが、ロングボブからセミロングの方はあえてテールのままでもおしゃれ。

やり方は簡単ですが、編み目を引き出すバランスがオフィスシーンで好印象になるポイントです。


 

個性的なサイド結びの大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール5

kawamura_takashi_cam

ロングボブからセミロングぐらいのレングスの方におすすめの高めワンサイドポニー。

ロングでも可愛いのですが、片側が重く見えカジュアル感が強くなるのでオフィスシーンには基本的にあまりおすすめできません。

テールが短めになるレングスならコンパクトなシルエットになり、おしゃれなバランスで楽しめます。

定番のポニーテールを片側に寄せて作るだけなので簡単ですよ。


 

おしゃれな高めポニーテール:カジュアル

長め前髪が艶っぽい大人の高めポニーテール

テールをタイトなシルエットにするアレンジはオフィス向け高めポニーテールでもご紹介しましたが、こちらはカジュアルアレンジです。

目にかかるうざバングがこなれた艶感を出し、コントラストのはっきりしたリボンがオフっぽく、ナチュラルな毛先のバランスがリラクシー。

同じようなポニーテールでも、ディテールを変えると簡単におしゃれな大人のカジュアル感を演出できます。


 

抜け感のあるふんわり大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール7

ciel6850

こちらもオフィス用アレンジと被っていますが、ちょっとした緩さのバランス加減でカジュアル感が強いポニーテールになります。

カジュアルになる簡単なやり方はポニーの結び目やテールの毛を大胆に引き出し、全体的に立体感がでるように緩めるだけ。

コツは基本のポニーテールをしっかり作ってから、バランスを見ながら丁寧に髪を引き出して全体にふんわり仕上げることです。


 

ふわふわ立体感が魅力の大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール8

jam_623_yuuki

全体のシルエットが華やかな金魚のように見える大人可愛い高めポニーテール。

ミディアムヘアで作った定番ポニーのテール部分にコテやアイロンで動きを付け、立体感のあるふわふわな仕上がりにアレンジしています。

結び目を自毛で巻いて毛束をラフに緩めているところもおしゃれ。おくれ毛をバランスよく作るところもポイントです。

コテやアイロンがあれば簡単にできますよ。


 

結び目がリラクシーな大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール9

mokuhairsalon

前出同様にゆるふわのテールが華やかでおしゃれな高めポニーテール。

ざっくり簡単にまとめたような無造作感が大人っぽく、外国人風のこなれた感じのウェーブがナチュラルで優しい雰囲気を醸し出しています。

高めポニーテールでもやや下がり気味に作ったテールと、自毛で巻いた結び目がリラクシー感を出していて、カジュアルシーンにもバランスよくマッチする簡単アレンジです。


 

スカーフで簡単おしゃれな高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール10

maya_arrange

時間が無い時のお出かけにおすすめの簡単スカーフアレンジポニー。

高めの位置で作るポニーテールはすっきりして気持ちが良い一方、おしゃれなシルエットになるようにバランスよくスタイリングするには実は結構手間がかかりますよね。

そんな時には大判スカーフを結び目にサッと結ぶだけで簡単にかっこ良く整います。リボンではなく、スカーフを使うことで大人の仕上がりになります。


 

おしゃれな高めポニーテール:パーティ

綺麗でふんわり華やかな大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール11

mogi0211

高めポニーテールは首回りをすっきりさせながら、シニヨンやお団子とは異なる華やかな演出もできるのでパーティアレンジにも人気ですね。

とはいえパーティならではのエレガントさと大人可愛いさのバランスがとれたおしゃれなスタイルを作るのは難しいところ。

テールの毛先を外に巻いて、その上を内に巻いてというS字カールにするのが簡単でいろいろ使える基本のやり方です。


 

 

バランスがいい綺麗な大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール12

fumiko.0928

高めポニーテールより少し下がり気味に作ったテールをふわふわに巻いて下した大人ポニーのパーティスタイル。

弧を描く毛束の動きが立体感を出してとってもおしゃれですね。

パーティスタイルの場合、ふわっとしたエアリー感は大切なものの、あまりラフにしてしまうと上品さに欠けた印象になる危険もあります。

全体の崩し加減のバランスを考えてスタイリングするのがポイントです。


 

エアリーでゴージャスな大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール13

shoji83

巻いてほぐしたテール部分のランダムな動きに立体感があっておしゃれな高めポニーテール。

ロングで作るポニーテールでは、カールしたテールが螺旋になって落ちていきゴージャスな雰囲気です。

顔横のおくれ毛も細い毛束をそれぞれ丁寧にくるくると巻くことでエアリーな彩りとなって、よりリッチな大人可愛い印象を演出してくれます。

おくれ毛はバランスを見て量を調整すること。


 

ウェーブがリッチな大人の高めポニーテール

おしゃれな高めポニーテール14

daisuke_5511

幾重にも重なるカールが大人可愛くロマンティックな高めポニーテールです。

立体感があるリッチな印象の自毛を盛った結び目や幾筋ものおくれ毛が、テールのゴージャス感をさらにアップさせてパーティにふさわしいおしゃれな華やぎを演出しています。

簡単なやり方のポイントは、丁寧に少しずつ毛束を巻くことと、しっかりまとめてから全体のバランスを見ながら崩すことです。


 

和装にも似合う清楚系大人の高めポニーテール

シンプルで清楚な印象なのに、どこかきらびやかな華がある高めお団子ポニーテール。

コンサバティブな斜め前髪や控えめなおくれ毛が清楚な雰囲気を醸し出し、柔らかなウェーブのあるテールが大人可愛いインパクトを生み出しています。

浴衣姿にぴったりなスタイルで、お祝い事の着物姿にもおしゃれにマッチするでしょう。大きめのヘアアクセがバランスよく似合いますよ。


 

大人の素敵な高めポニーテールアレンジ

大人の高めポニーテールをおしゃれにアレンジする簡単実例をご紹介しました。高めポニーテールをシーンに合わせて綺麗に作るポイントはバランス。

全体のシルエットとテールのボリュームのバランスで印象が左右されます。また、結び方や立体感を出すやり方もおしゃれなポニーテールを作る、おさえておきたい基本のポイントです。こちらを参考にぜひお試しください。

こちらもおすすめ☆