自宅で趣味を存分に楽しむ。充実した時間を過ごすために考えられた住空間

新しくてきれいなだけではなく、自分の好きな、使い勝手のいい空間もほしい。そんな思いは、中古マンションをフルリノベーションすることで実現できます。今回は、実際に趣味に合った空間やコーナーを叶えた4つの事例をご紹介します。

公開日:
自宅で趣味を存分に楽しむ。充実した時間を過ごすために考えられた住空間
ゼロリノベ

ゼロリノベ

専門家ライター

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに不動産仲介から設計・施工までワンストップ・リノベーションをご提供しています。無料オンラインセミナー「小さいリスクで家を買う方法」はHPをチェック。

自宅で趣味を存分に楽しむ。充実した時間を過ごすために考えられた住空間

自宅で趣味を存分に楽しむ。充実した時間を過ごすために考えられた住空間

新築マンションは、建物のすべてが新しいのでフレッシュな気分で生活をスタートできる反面、間取りや設備などが画一的というデメリットもあります。

新しくてきれいなだけではなく、自分の好きな、使い勝手のいい空間やコーナーもほしい。ただ、新築を買ってリフォームするには資金的にちょっと難しい。

そんな思いは、中古マンションをフルリノベーションすることで実現できます。独自のこだわりも自分に合った空間づくりも、ほぼ希望通りに。

今回は、実際に趣味に合った空間やコーナーをフルリノベーションして叶えた4つの事例をご紹介しましょう。

 

 

いつでも思いきりギターが弾ける部屋を住まいの中心に

いつでも思いきりギターが弾ける部屋を住まいの中心に

住居の中心に設けた防音室。厚い壁が大きな音もしっかり遮断してくれます。


 

いつでも思いきりギターが弾ける部屋を住まいの中心に2

お気に入りのギターとPCなどを置いた作業コーナーも完備。ずっとこもっていられそう。

マンションのような集合住宅は、当然ですが上下左右の住戸は他の方の住まい。

みんな同じように生活しているといっても、やはり普段から音の問題は多少の配慮が必要です。

しかも、生活音ではない趣味の楽器などの音には、他人にとっては騒音になる可能性もあり、より神経を使ってしまうもの。

弾きたいときに弾けないのはストレスになることもあるので、いつでも思ったときに思いきり音を出したいというなら、防音室をつくるという方法があります。

既製の防音室もいくつか販売されているのでそれを設置してもいいのですが、せっかくリノベをするのなら、暮らしに合った、好みのレイアウトを選んで、ベストだと思える場所に防音室をつくるのもアイデア。

深夜でも早朝でも好きなときに楽器が弾ける。都会ではなかなか難しい、贅沢な趣味の時間がつくれます。

 

専用の部屋とコーナーを設置して、趣味を存分に楽しむ

専用の部屋とコーナーを設置して、趣味を存分に楽しむ

玄関に設けた自転車を置くスペース。大事なものが集まったコレクションルームの様相。

 

専用の部屋とコーナーを設置して、趣味を存分に楽しむ2

2人でゆっくりDVD鑑賞。大きなスクリーンで臨場感は抜群です。

 

専用の部屋とコーナーを設置して、趣味を存分に楽しむ3

あえて囲ったPCコーナーに入れば、集中力も高まりそうです。

自転車を趣味にしている方も最近、増えているよう。専門のショップも見受けられますし、道路を軽快に走っている人を見ることも多くなっています。

自分用にチューンナップしたオリジナルの自転車はやはり身近に置きたい。

そこで、広めの玄関に自分用の自転車が置けるスペースを設置。手入れしたり、パーツを磨いたりする時間が楽しめる工房のような場所にしました。

また大画面での迫力ある映像を観るために、プロジェクターを映せる広い壁のあるリビング、自分の趣味の時間を一人でこもって過ごせるコーナーをつくるなど。

リノベだから実現できた、こだわりの空間、コーナーを住まい内に設え、希望を最大限に反映した個性的な住まいが実現しています。


 

CDコレクションとこだわりのオーディオコーナーで音楽を堪能する

CDコレクションとこだわりのオーディオコーナーで音楽を堪能する

壁面に並べたCDコレクションとオーディオのコーナー。前に座って音楽三昧。

 

CDコレクションとこだわりのオーディオコーナーで音楽を堪能する2

ずらりと並んだ圧巻のCDコレクション。聴きたい音楽をすぐにピックアップできます。

音楽好きな方にとって、好きな音源やオーディオにはこだわりが強くなるでしょう。

CDのコレクションも増えていくにつれて、きちんと整理整頓しないと聴きたいCDがすぐに取り出せないことも。

こういう思いを軽減するために、壁面にCDコレクションとオーディオのコーナーを設置。

いつでも聴きたい音楽を聴きたいときに楽しめる。それこそが充実した趣味の時間です。

また、家族とは離れて一人になる時間もほしいという思いに応える自分専用コーナーを設けるのもアイデア。

一人でなにかに没頭する時間は、心から楽しいひとときになるに違いありません。

 

片づけなくてもいいように、趣味の専用コーナーをリビングの隅に

片づけなくてもいいように、趣味の専用コーナーをリビングの隅に

ゆるく囲った作業コーナー。子どもと一緒になにかつくったり、おしゃべりしたり。

 

片づけなくてもいいように、趣味の専用コーナーをリビングの隅に2

手づくりで靴を製作。専用のミシンも置いた本格的な工房です。

手づくりを趣味にする人もかなりいるようです。時間を忘れて製作に没頭するのは、至福のときかもしれません。

しかし、例えばリビングで道具を広げたり、また片づけたりという作業はちょっと億劫で、趣味が存分に楽しめない可能性もあります。

そういう悩みを解決するのが、作業するときに使いやすいように設えた趣味のコーナーです。

専用のミシンも置かれたリビングの片隅のコーナーは、使い勝手がいいように道具が整理されていて、プロの工房のよう。

個室にして閉じこもってしまうのではなく、リビングの端にコーナーを設け、中の様子が伺えるよう、ネットでゆるく間仕切りしただけですが、十分独立した場所になっています。

子どもが見に来て一緒に遊んだり、趣味の手づくりに集中したり。一人でも、家族と一緒でも楽しい時間が過ごせるようになっています。

人それぞれ、いろいろな趣味があり、それさえあれば楽しく過ごせるというものがありますね。

中古マンションをリノベすることで手に入る、自分に合った趣味のスペース。毎日暮らす住まいこそ、そういう場所があれば、便利さとは違う快適な暮らしが実現できそうです。

無料オンラインセミナー「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

こちらもおすすめ☆