60年代から現代まで。日本生まれのオシャレなチェア、マルニ60オークフレームチェア

広島県のマルニ木工が手掛けるマルニ60。その名の通り60年代に生み出された製品の数々は、シンプルで普遍的なデザイン。2006年にマルニ60シリーズとしてブランド化され、以来多くのインテリアファンの心を掴んでいます。なかでも人気は、オーク材にファブリックをのクッションを載せたオークフレームチェア。

2016/10/16 更新
著者:
60年代から現代まで。日本生まれのオシャレなチェア、マルニ60オークフレームチェア

広島県のマルニ木工が手掛けるマルニ60。その名の通り60年代に生み出された製品の数々は、シンプルで普遍的なデザイン。2006年にマルニ60シリーズとしてブランド化され、以来多くのインテリアファンの心を掴んでいます。なかでも人気は、オーク材にファブリックをのクッションを載せたオークフレームチェア。ちょっぴりレトロでモダンな雰囲気は、あなたをとりこにするかもしれません。

レトロモダンな雰囲気が魅力。オークフレームチェアを使ったインテリアコーディネイト

レトロ可愛いマルニ60のオークフレームチェア

マルニ60の代表作ともいえるオークフレームチェア。オーク材のフレームに合わせるのは、好みに合わせて選べる14色のクッション。座り心地も抜群なソファです。


 

うしろ姿も絵になる

360度どこから見ても美しいオークフレームチェア。おすすめは後ろからのこの角度。リビングの真ん中に置いても様になる後ろ姿です。


 

広告

 

オットマンと一緒に

オットマンをつければ自分だけの特等席に。スツールとして別々に使っても絵になるマルニ60です。


 

ビタミンカラーで明るく

イエローが鮮やかなフレームチェアとグレーのチェアのコントラストが美しいコーディネイト。グリーンを置いて爽やかに。


 

リラックスムード

同系色のチェアを3つ並べてソファに。統一感のあるコーディネイトが素敵


 

お気に入り同士

ファブリックの違うチェアを並べても素敵。ウォールナットの床にオーク材のソファがよく映えます。


 

サイズ違いで

3シーターと1シーターを組み合わせて。チェックのブランケットとファブリックがリンクしたまとまりのあるコーディネイト。


 

お揃いで

ミナペルホネンファブリックのチェアとスツールを組み合わせて。きれいなグリーンがモダンなおひとり様コーナーに。


 

サイドテーブルと

真ん中にサイドテーブルを置いてティーブレイク。こんな使い方ができるのも1シーターならでは。


 

カフェ気分

和モダンなインテリアに馴染むマルニ60のチェア。モケットグリーンがレトロな雰囲気です。


 

レザーでかっこよく

レザーのマルニ60は男前なディティールがかっこいい。3シーターにオットマンをつけて重厚感を。


 

カリモク60と一緒に

同じく60年代を意識したカリモクのKチェアと合せて。ヴィンテージな雰囲気漂うおしゃれなお部屋に。


 

 

まとめ

マルニ60のオークフレームチェアを使ったおしゃれなインテリアをご紹介しました。普遍的で美しいデザインは、一度見たら忘れられない存在になること間違いなし。ぜひインテリアに取り入れて、お気に入りの空間をつくってくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!