家族収納には一工夫を!使いやすくするちょっとしたポイント実例集

家族みんなが使うアイテムや使用頻度の高いアイテムは、収納にも一工夫が必要です。そこで今回は、家族で使う収納に着目し、便利で使い勝手を良くするアイデアをピックアップ。

公開日:
家族収納には一工夫を!使いやすくするちょっとしたポイント実例集
まめさくら

まめさくら

ライター

保育園栄養士として勤務した経験を活かし、日々育児に勤しむ母です。得意な執筆ジャンルは料理、レシピ、インテリアです。ライター歴は4年目、役に立つ、楽しめる記事を発信していきたいと思っております。

家族収納は使い勝手が勝負!

家族みんなが使うアイテムや使用頻度の高いアイテムは、収納にも一工夫が必要です。パッと見てわかりやすく出し入れしやすい収納を目指すことで、散らかりにくく片付けやすい空間が実現できますよ。

今回は家族で使う収納に着目し、便利で使い勝手を良くするアイデアをピックアップ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

家族収納を便利に!《クローゼット編》

子供にはタグで明記

家族収納

m.tfy

最初にご紹介するのは、クローゼット収納から子供専用スペースの実例です。

パッと見てわかりにくい場合は、見分けるためのタグをつけておくと安心ですよ。

言葉がまだ読めない小さな子供には、イラストで明記してあげると良いでしょう。タグの色を変えるのも効果的です。


 

 

小物類はわかりやすく分類

家族収納2

kayo.home00

靴下やベルト、手袋やマフラーなどの衣類関係の小物は、専用の収納を作って分類しておくと便利です。

上から覗き込めば中身の確認ができるので、忙しい時でも実用的。

背の低い子供でも簡単に出し入れできるような、背の低い棚にセットしておくと良いでしょう。


 

ぎゅうぎゅうに詰め込まない

家族収納3

kayo.home00

いくら収納スペースに余裕があるからと言って、とにかく詰め込むのはNG。

ある程度余裕を持って収納していくことで、モノの紛失を防いだり、探し物がしやすくなるなどのメリットが期待できます。

余裕のある収納をキープすることが一番大切ですよ。持つ数を決めておくと良いでしょう。


 

ジャンルで分けると着替えが楽になる

家族収納4

himayuralico

家族で使うクローゼットの中には、さまざまなアイテムが収納されています。ちょっとした工夫によって、より快適な収納ライフが実現できますよ。

どういった収納がベストかを考え、実例を参考にすると良いでしょう。こちらは洋服のジャンル別に収納した便利な実例です。


 

一つの部屋のように設定する

家族収納5

shoko_petite_maison

こちらは、家族みんな分の衣類を収納できるファミリークローゼットのワンショットです。

家族全員分の衣類を収納するので、専用の収納場所を作っておくと便利です。

こちらは姿見やエアコンなどをセットして収納のみとして使わず、更衣室も兼ねられるように工夫されたものです。


 

家族収納を便利に!《その他編》

薬は容量を明記

家族収納6

camiu.5

薬類などは、パッと見てわかりやすく収納しておくのがベストです。

こちらは取り出しやすい引き出しタイプの薬収納ですが、ラベリングに一工夫したアイデア収納になっています。

薬の名前と一緒に容量を記載しておくと、症状がある時だけ飲むタイプの薬は説明書を確認しなくてもOKに。


 

パッと見てわかりやすい目隠し

家族収納7

neppe___ks

目隠し収納も、中身を把握しやすい状態にしておくとより便利になります。

リモコン類の収納は家族みんなが使うアイテムになるので、ボックス収納の場合は蓋なしがベストです。

パッとみてわかりやすく、出し入れしやすい収納アイテムを選ぶようにすると良いでしょう。


 

取り出しやすく、片付けやすく

家族収納8

penta_room

子供のおもちゃや登園グッズグッズなどの収納は、出し入れしやすく整理整頓が楽になるよう、工夫してあげましょう。

こちらは押し入れに収納するためのキャスター付きカラーボックスです。キャスター付きのアイテムは稼働式なため、使い勝手がよくおすすめです。


 

記名でわかりやすく

家族収納9

yuuko0217

家族が使う小物類や好みの食べ物など、分けておいた方が便利なアイテムは個人別で分けた収納が便利です。

統一感を出すために収納アイテムを揃える時はラベルなどを貼って記名しておくと、わかりやすくなりますよ。

ラベルのデザインも統一し、シンプルなものにするとスッキリ見えますよ。


 

開けてすぐわかる引き出しの気遣い

家族収納10

ya2yo8i

引き出しを開けただけで中身が明確になっていると、準備や片付けがしやすくなります。

特に使用頻度が高く中身の出入りが激しい箇所は、目隠しよりも使い勝手を優先してカスタマイズするのがベター。

子供の登園アイテムなどは、子供自ら準備や片付けができるようにわかりやすすくしてあげましょう。


 

実用性の高い家族収納を目指そう!

便利で使い勝手の良い家族収納のアイデアをご紹介しました。明確で片付けやすい収納を目指していくと、自然と使い勝手の良い収納が実現できます。

見た目よりも使い勝手重視が一番ですが、スッキリと見せたい場合は収納アイテムを統一するなど、ちょっとしたポイントでグッと素敵に仕上がりますよ。

こちらもおすすめ☆