いつの時代でもカワイイ!クロシェアイテムコーデで女子力を高めよう

16世紀のヨーロッパから広まった、かぎ編みのレース模様「クロシェ」。レースなのに甘すぎず、大人っぽく上品に着こなせるこのレースは、どんな年代の女性からも支持を得ています。

2016/10/08更新
いつの時代でもカワイイ!クロシェアイテムコーデで女子力を高めよう

16世紀のヨーロッパから広まった、かぎ編みのレース模様「クロシェ」。レースなのに甘すぎず、大人っぽく上品に着こなせるこのレースは、どんな年代の女性からも支持を得ています。

レースだけど重くならずサラッと着こなせるクロシェ

ワンピースは女性なら持っておきたい1枚

プライベートでもオフィスでも、どんなシーンにも使えるクロシェのワンピース。清楚な雰囲気がたっぷりです。


 

トップスならヘビロテ間違いなし

ボトムスやスカートなど、合わせるものの形や素材を選ばないから、使いやすいクロシェのトップス。


 

広告

 

カラーの入ったクロシェも可愛い

普段選ばないようなカラーを、クロシェレースでチョイスしてみたら、不思議と簡単に着こなせることが多いようです。


 

パールやビジューのアクセントが入るとより豪華に

繊細なクロシェのレース柄に、煌びやかなポイントが入ると一気にゴージャス感が出ます。パーティなどにも良いですね。


 

今年流行のキャミベストをクロシェで取り入れてみて

ニットのキャミベストなら、秋冬向けですがクロシェだとオールシーズンで活用できるから便利!


 

とってもガーリーに仕上がるクロシェ×スカート

ロングスカートだと面積も広いので、より豪華に見えるクロシェ。あなたのクロシェ好きをアピールできますよ♪


 

重くならないクロシェのボトムス

無難を選んで、無地のトップスばかりがタンスに並ぶことも多いですよね。そんなあなたへ、ボトムスをクロシェに用いてみることをおすすめします。意外と着心地は爽やかで、1度着たら虜になりますよ。


 

クロシェのカーデはアクセントが強すぎなくてGOOD

カーデはトップスの主張をおさえてしまうことが多いですが、クロシェだと透け感があって、中のファッションを引き立たせてくれる効果があります。


 

ポイントにクロシェを取り込む

総柄ではなく、ポイントとしてクロシェを用いると、少し派手な色でも気軽にファッションへ取り入れられますよ。


 

最も上品なのはクロシェグローブ

冬の手袋以外だとなかなかグローブをつける機会がない女性がほとんどなはず。ほんの少しかしこまったレストランに訪れる際に、ポイントのオシャレとしてクロシェのグローブはいかがでしょうか。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!