賃貸OK!壁を傷つけずに実施できる家具の地震対策まとめ

釘打ちで壁に固定することができない賃貸のお部屋。壁や床、天井を傷つけることなくできる、地震対策をまとめました。

著者:
公開日:
賃貸OK!壁を傷つけずに実施できる家具の地震対策まとめ

賃貸OK!壁を傷つけずに実施できる家具の地震対策まとめ

賃貸OK!壁を傷つけずに実施できる家具の地震対策まとめ

釘打ちで壁に固定することができない賃貸のお部屋。壁や床、天井を傷つけることなくできる、地震対策をまとめました。

text : Miha Tamura from goodroom journal

 

 

家具の転倒防止対策

突っ張り棒で固定する

背の高い家具ならば、突っ張り棒で固定する方法が最も確実です。多くのサイズ、製品が出ており、値段もお手ごろに手に入ります。


 

家具の下に敷くシートを入れる

和室の木天井など突っ張ることができない天井や、家具と天井の間が空きすぎている場合。

上がダメなら、下に敷くという方法があります。

突っ張り棒では固定できない、腰高くらいの高さの家具には、前面にシートを入れて傾きをつける方法をどうぞ。


 

壁に吸着させる

床と接する面に板がない収納は、壁に吸着するタイプの製品が便利です。


 

テレビの転倒防止はぴったり吸着する耐震マットで

私の実際の経験では、東日本大震災のとき、唯一被害があったのは家のテレビ。揺れによる落下で破損してしまいました。

壊れると金銭的ダメージの大きいテレビ、パソコンモニタなどには、吸着マットを敷いて備えましょう。


 

食器や雑貨の落下防止対策

家具をしっかり固定した上で、そこにしまうものも落下したり破損しないように対策を施しましょう。

ガラス・陶器類が落下して破損したり、本棚から本が散乱していると、避難の際の妨げになったり怪我をすることがあります。

 

高いところに重いもの・割れやすいものを置かない

重い土鍋や、食器などの割れやすいものは「腰高より下に収納」が原則です。

キッチンでも、耐震ラッチのついていない吊り戸棚は軽いキッチン雑貨、食品などのストックに使い、なるべくシンク下や引き出しの収納を利用するようにしましょう。

 

高いところに重いもの・割れやすいものを置かない

食器棚を買うときは「腰高まで」の高さのものがおすすめ。(このお部屋はこちら)

 

高いところに重いもの・割れやすいものを置かない3

吊り戸棚には陶器・ガラス類はおかず、軽い食器や食品ストックだけが原則(このお部屋はこちら)

 

平皿はボックスに入れるか、立てて収納

平なお皿を積み重ねて収納していると、棚や引き出しの中で横揺れし、隣の食器を壊してしまう場合があります。プレートスタンドに立てるか、ファイルボックスを使って仕切って収納するのがおすすめです。

 

平皿はボックスに入れるか、立てて収納

立てることで取り出しやすくもなり、一石二鳥(このお部屋はこちら)

 

扉にキャビネットストッパーをつける

吊り戸棚に「耐震ラッチ」がつけられていない場合、はがせるタイプのストッパーが活用できます。ただし耐震対策用のものではないので、揺れや衝撃に耐えうるかは注意が必要。

あくまで上記の対策を施したうえで、検討しましょう。


 

食器棚や本棚に滑り止めシートを敷く

食器棚や本棚には専用の滑り止めシートを敷いておきましょう。過信は禁物ですが、ある程度の揺れには対策ができます。


 


 

大事な雑貨は「ミュージアムジェル」で固定

見せる収納で飾っているお気に入りの雑貨。頻繁には使わない、倒れやすいものは棚に固定しておきましょう。

美術館・博物館でも使われているというミュージアムジェルは、無色透明で目立ちにくい上、何度も繰り返し使えます。


 

新生活のスタート時には必ず防災確認を!

新生活のスタート時には、台風・地震などにあったときの場合をシミュレーションし、ひととおりの情報・アイテムを備えておくのが大事です。

家具の対策と合わせて、ハザードマップや避難所の確認も合わせて行なっておきましょう。

 

こちらの記事も参考に

こちらの記事も参考に

地震や台風に備えよう。部屋探し〜新生活スタート時の防災チェックポイントまとめ

部屋探しと引越しのヒントを見る

goodroomで東京・神奈川・埼玉・千葉の賃貸を探す
goodroomで大阪・神戸・京都の賃貸を探す
goodroomで名古屋・愛知の賃貸を探す
goodroomで福岡の賃貸を探す
goodroomで札幌・北海道の賃貸を探す

 

qa

「教えて!グッドルーム」特集はこちら

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告