トレンド「オーバーサイズ」は秋冬も継続!大きめジャケットやニットのゆったりコーデ集

春夏大流行した、オーバーサイズのトップスにすっかり慣れてしまった人も多いのではないでしょうか。オーバーサイズのシャツやTシャツは、体のラインを隠し、着る人みんなを華奢に見せてくれますよね。そんなオーバーサイズが癖になっている方に朗報です。秋冬もその流行は継続しますよ!

公開日:
著者:
トレンド「オーバーサイズ」は秋冬も継続!大きめジャケットやニットのゆったりコーデ集

大流行の「オーバーサイズ」はもちろん秋冬も継続です

春夏大流行した、オーバーサイズのトップスにすっかり慣れてしまった人も多いのではないでしょうか。オーバーサイズのシャツやTシャツは、体のラインを隠し、着る人みんなを華奢に見せてくれますよね。そんなオーバーサイズが癖になっている方に朗報です。秋冬もその流行は継続しますよ!!この秋冬も、同じように大きめサイズのトップスで、体を華奢に見せちゃいましょう。

 

デニムジャケットは着られてる感を出すと◎

出典:http://wear.jp

オフの日に着たい、この秋注目のデニムジャケットは絶対オーバーサイズがおすすめ。きちんとした場に着ることはまずありませんし、中に重ね着したりすることも考えられるアイテムですから、思い切って大きすぎるくらいのサイズを選んでみてください。人によってはメンズサイズを選んでもよいかもしれません。袖はこのように追って着ると上品です。


 

出典:http://wear.jp

カジュアルなデニムジャケット、そのうえサイズも大きすぎるようなものを選ぶとさらにカジュアルに見えがちです。そこで、インナーにフェミニンなブラックワンピースをあわせると、バランスが取れて素敵ですよ。足元もミニマムなデザインのショートブーツなのが◎あえて女性らしいアイテムをあわせるのが着こなしのコツですね。


 

 

出典:http://wear.jp

こちらは黒のタイトスカートをあわせたスタイル。長め丈がフェミニンです。キャップと足元のコンバースオールスターと小物はクラシカルなスポーツアイテムで統一しています。スカート丈が短いと真似しずらいコーデですが、ひざ下丈のタイトスカートなので、大人にも似合うコーデになっていますよ。


 

出典:http://wear.jp

かなり大きめのデニムジャケットを着たコーディネート。スキニーパンツをあわせています。足のラインが出るスキニーパンツは、パンツながら女性らしい印象のアイテム。ヒールのあるパンプスも合わせているので、フェミニンな印象です。色落ちの多いデニムジャケットは、ハードな印象になりがちなので、フェミニンなアイテムと組み合わせるとバランスが取れますよ。


 

ニットは少しゆるっとさせると、大人っぽさ&今っぽさ両立♡

ゆるっ♡ふわっ♡なニットは、カワイイ少女のものではありません!大人な私たちも、すこしゆるめのニットをきて、柔らかそうなフェミニンな魅力を出していきましょう!

 

出典:http://wear.jp

程よくオーバーサイズなVネックニットを、シンプルにデニムとパンプスでコーディネートしています。ニットのサイズ感はこれくらいが一番大人に似合いますよね。ピタピタしているのも見苦しいし、あまりに大きいのも似合いません。ゆとりある大人の女性が演出できますよ。


 

出典:http://wear.jp

ドロップショルダーのオーバーサイズニットは、かなり大きめ。でもだぼだぼと余る生地ではないので、すっきり着られています。今年流行のドロップショルダー=肩の縫い目が下の方にあるデザインは、サイズを大きく見せる割にすっきり着られるのでおすすめです。


 

出典:http://wear.jp

昨年大流行したアラン模様のニットですが、今年は定番アイテムとして登場中。少し大きめサイズなら、こんな風に中に重ね着するのも容易ですよ。黒のワイドパンツをあわせているのでクラシカルな雰囲気になっていますが、シンプルにデニムをあわせてもOK。


 

出典:http://wear.jp

今年ならではの深スリットのオーバーサイズニットです。これ自体はカシミア混の上質なタイプで、薄手でも暖かく長いシーズン着られます。薄手のスリットニットは、こんな風に「前だけIN」もすっきりできるので、この着こなしが好きな人はスリットが深く薄手のニットは今年マストです。


 

出典:http://wear.jp

ゆったりあったかなニットといえば、やっぱりタートルネックは外せません。このニットのように、ネック部分がゆったりしているものは小顔効果もあるのでねらい目です。コートを着たときに、ネック部分がスカーフのように出るのも素敵ですよね。真冬に向けて一枚欲しい形です。


 

出典:http://wear.jp

黒いニットも女性らしさが演出しやすいですよ。肌の白さを強調するし、コーデを引き締めて大人っぽく見せてくれます。こちらのニットも本当にちょうどいいゆとり。今年ニットを新調するならこのくらいのサイズ感を見本にしたいですね。足元をニットやベレーの色と揃えて、色数の少ない大人っぽいコーデにしています。


 

出典:http://wear.jp

カジュアルに着たい人、ポップなファッションが好きだった人にはこのくらい、結構大きめのサイズもありますよ。シンプルにあわせるだけで、ちょっと個性的でキュートなファッションに見えます。子供っぽく見せないように、小物やボトムスなど色がごちゃごちゃしない着こなしだけは心がけてくださいね。


 

今年コートを買うならゆったりめ&長めがおすすめ!

毎年秋や春になると多く販売されるトレンチコート。今年の特色は長目&大きめです。トレンドが変わるごとにコートを買い替えることはできないけれど、今年コートを買う人は少し意識してみてはいかがでしょうか。


 

 

出典:http://wear.jp

気楽に買える、ガウンタイプのコートです。春から流行していますが、この秋はさらに長く。膝よりもさらに下、くるぶし近くまであるタイプが人気です。他のアイテムは自分の定番のものを選んでいても、このコートをくわえるだけで、ゆるっと今どきなバランスになりますよ。


 

出典:http://wear.jp

大人女子たるもの、こんなコートを着こなしたい。シンプルながら、どこかセンスの良い秋物のコートです。こちらも丈が長いのがわかるでしょうか。シンプルな着こなしですが、すごくおしゃれですよね。トレンド全てを追う年齢ではありませんが、バランスなど少しずつトレンドを意識するとおしゃれにみえますよ。


 

出典:http://wear.jp

ウールのコートもオーバーサイズで。冬物のウールのコートを買う人も、今年のトレンドはドロップショルダー&長め丈というのを覚えておくと◎トレンドを避けたい人も、抑えたい人も、知っておくのは大事ですよ!


 

トレンドを意識して華奢に見せちゃおう

「大きい服を着て、身体を大きく見せる」のではなく、「大きい服を着て、華奢に見せる」のが今のトレンド。大人だから、守ってあげたくなるような小ささ、は不要だけど、ちょっと肥大化してきた体を小さく見せるトレンドはありがたいですよね。若者の流行と切り捨てず、使えそうな技だけ取り入れて、おしゃれをどんどんしていきましょう!

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告