一人暮らし部屋のデスクトップのレイアウトに迷う。狭くても快適に使える配置は?

一人暮らしの方が引越しや模様替えをする際に悩むことがあるデスクトップのレイアウト。ワンルームとなるとデスクトップは場所を取るので重要な問題ですよね。そこで今回は、デスクトップのインテリア実例を一人暮らしやワンルームの方向けにご紹介します!

公開日:
一人暮らし部屋のデスクトップのレイアウトに迷う。狭くても快適に使える配置は?
白井シェル

白井シェル

ライター

1Kの小さなお家を愛するライター、ブロガー。木目調をメインに、優しくこじんまりとしたインテリアが得意です。「コストは少なく、こだわりは強く」をモットーにお部屋づくりをしています。

一人暮らしのデスクトップレイアウトを紹介!

一人暮らしの方が引越しや模様替えをする際に悩むことがあるデスクトップのレイアウト。ワンルームとなるとデスクトップは場所を取るので重要な問題ですよね。

そこでこの記事では、デスクトップのインテリア実例を一人暮らしやワンルームの方向けにご紹介します!部屋の形状やテーブルの大きさを工夫している実例ばかりです。レイアウトやインテリアの参考になるアイデアを見つけて、ぜひ活用してみてくださいね。

一人暮らしのデスクトップレイアウト《隙間に置く》

クローゼットと壁の隙間に設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト

mari.s.home

こちらは部屋の狭い隙間を利用しているデスクトップのレイアウト実例です。

クローゼットと壁の隙間に、正方形のテーブルをレイアウトしています。一人暮らしのワンルームでも邪魔にならないコンパクトサイズですね。

また、こちらの実例ではホワイトで統一しているのでインテリア的にもバランスが取れています。

デスクトップ用のテーブルを用意するときは、部屋のベースカラーに合わせましょう。


 

 

カウンターにデスクトップを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト2

interior_ami

ワンルームのカウンターにデスクトップを置くレイアウトも紹介しましょう。こちらの実例ではノートパソコンを置いていますが、デスクトップでも対応できますよ。

ワンルームや一人暮らしの狭い部屋でも、カウンターは脚がないので広く見せてくれる効果もあります。

インテリアもホワイトでコーディネートしているのでまとまりがあり、すっきりとしたおしゃれな印象がありますね。


 

壁際にデスクトップスペースを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト3

chihomi_l

デスクトップ配置の実例は他にもあります。棚をテーブルがわりにし、パソコンを設置しています。

一人暮らしやワンルームであれば、棚にデスクトップや小物を収納できるのでスペースの有効活用に!

実例では、木材の手作り感がおしゃれな雰囲気を出しています。

DIYが得意な方はインテリアに合わせた棚を自作してみましょう。苦手な方は、インテリアに合う棚を用意するのもいいですね。


 

一人暮らしのデスクトップレイアウト《角に置く》

シンプルなテーブルに設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト4

gpgp_ismart

部屋の中央面積を多く露出させることが、一人暮らしのワンルームを広く見せるインテリアのコツ。

こちらの実例では、部屋の角にテーブルを配置してデスクトップをレイアウトしています。ワンルームの大きさに合わせてテーブルは選びましょう。

シンプルなテーブルをチョイスし、マリメッコ柄のスツールがワンポイントになっているのも、インテリアの工夫が見られますね。


 

カウンターテーブルに設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト5

before_room

ワンルームの一人暮らしで一時的に在宅勤務をする。そんな方にはカウンターテーブルがおすすめです。

こちらの実例では、長方形のテーブルにデスクトップを配置。ワンルームのような狭い部屋でも、細長いテーブルならレイアウトをしても広く見えます。

狭いワンルームの場合、脚の細いテーブルを選ぶことが広くおしゃれに見せるインテリアのコツですよ。


 

ゆとりのあるテーブルを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト6

yukaaaaa0515

勉強机などゆとりのあるテーブルに、デスクトップをレイアウトする実例もあります。

ワンルームの場合は部屋の角に寄せて配置するのが、インテリアとしても広く見せることができるので理想的です。

一人暮らしのインテリアで余裕を持ってスペースを確保できる場合は、大きめのテーブルにデスクトップを構えるとコピー機も配置できますね。


 

一人暮らしのデスクトップレイアウト《壁際に置く》

すっきりとした長テーブルを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト7

mayuru.home

こちらの実例では壁際に長テーブルと棚をレイアウトしています。長テーブルにはパソコンが配置されていますが、デスクトップにも応用できる実例です。

おしゃれに見せるコツは、カウンターテーブルと棚の色味を統一すること。一つのカウンターのように配置しているので、壁際にすっきりと収まって見えます。

一人暮らしのワンルームでも、壁際にコンパクトに収めるレイアウトはおすすめです。


 

デスクトップ兼作業用テーブルを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト8

hiiroooon

狭いワンルームで一人暮らしをする方には、テーブルをデスクトップ兼作業用とするレイアウトもおすすめ。

こちらの実例では、壁際に長いテーブルをレイアウトし、デスクトップを配置しつつ作業空間を確保しています。

デスクトップにはチェアを、作業用にはスツールをレイアウトすることで生活動線を確保。

デスクトップ周りのモノクロのインテリアも、一人暮らしの方が参考にできるアイデアです。


 

デスクトップ専用テーブルを設置

一人暮らしのデスクトップレイアウト9

reiya_14

ワンルームの一人暮らしでも、デスクトップ用にテーブルをレイアウトしたいことも。その場合は、コンパクトなテーブルがおすすめ。

こちらの実例ではパソコンを配置していますがデスクトップにも応用できるアイデアです。

写真のように部屋には木目が多いので、ブラウンとホワイトのテーブルをチョイスしています。

ワンルームのベースカラーに注目しながらコンパクトなテーブルを見つけてみましょう。


 

一人暮らしのデスクトップレイアウトは工夫しよう!

一人暮らしのデスクトップレイアウトをおしゃれな実例を交えて紹介しました。一人暮らしのワンルームは、テーブルの脚の細さや形状を工夫することで部屋を広く見せることができます。

また、インテリアに馴染むテーブルを配置することで、すっきりと見せることができます。引越しや模様替えのときはインテリアや部屋の形状を考慮しながら、デスクトップのインテリアレイアウトを見直してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆