縦長リビングに快適なテレビ配置って?広く見えるおしゃれレイアウト実例集

縦長リビングは、壁が多く家具がレイアウトしやすい反面、窓が1つしかないためリビングとダイニングの境目を作りにくい、部屋が狭く見えるという声もあります。今回は、縦長リビングのレイアウト例をテレビの配置を中心にご紹介します。

公開日:
縦長リビングに快適なテレビ配置って?広く見えるおしゃれレイアウト実例集

テレビのある縦長リビングのレイアウト集

長方形の間取りで、一番奥に窓がある縦長リビング。マンションでも多く見られる間取りですよね。

縦長リビングは、壁が多く家具がレイアウトしやすい反面、窓が1つしかないためリビングとダイニングの境目を作りにくい、部屋が狭く見えるという声もあります。

そこで今回は、縦長リビングのレイアウト例をテレビの配置を中心にご紹介します。

テレビのある縦長リビング|配置パターン

テレビとソファを対面に配置するレイアウト

テレビとソファを対面に配置するレイアウト

bigjoy_interior

出典:instagram.com

縦長のLDKの手前をダイニングにして、窓側にリビングスペースを設けたレイアウトです。

縦長リビングの細長いスペースを有効的に使える家具配置で、ソファからテレビが見やすいのもメリット。

縦長リビングでは、ダイニングテーブルもソファやテレビ台と平行に配置するとLDKに一体感が生まれ、ダイニング側からテレビも見やすくなります。


 

 

コーナーソファで一体感のあるレイアウト

コーナーソファで一体感のあるレイアウト

bigjoy_interior

出典:instagram.com

こちらも縦長リビングの窓側にリビングスペースを作り、壁際にテレビを配置したお部屋です。

L字型のソファは、壁側だけでなく窓側にも配置できるので、リビングダイニングの一体感が高いインテリアが作れます。

キッチン側の人ともコミュニケーションが取りやすく、お部屋のどこからでもテレビが見やすいレイアウトですよ。


 

テーブルを壁に寄せた縦長リビングレイアウト

テーブルを壁に寄せた縦長リビングレイアウト

standard_coltd

出典:instagram.com

アクセントクロスを使ってリビングと、ダイニングのインテリアをおしゃれに分けた縦長LDKレイアウト。

ダイニングテーブルはお部屋の真ん中ではなく、壁側に寄せて配置しています。家具を壁際に寄せることで、縦長リビングに開放感が出るレイアウトですよ。

お部屋が広く見える反面、椅子を置くスペースが少なくなるので家族が4人以下のご家庭におすすめです。


 

窓側にソファのある縦長リビングレイアウト

窓側にソファのある縦長リビングレイアウト

yui_____110

出典:instagram.com

こちらのLDKは、キッチンが窓側にある珍しい間取りです。それに合わせて、ダイニングテーブルを窓側に、ソファとテレビを手前に配置。

家具は平行に配置することで、長方形のスペースが無駄なく生かされています。

窓際をダイニングスペースにすることで、自然光を浴びながら朝食を取ったり、夜景を見ながら晩酌をしたりといった楽しみも生まれますよ。


 

ダイニング側にテレビのあるレイアウト

ダイニング側にテレビのあるレイアウト

nami0015

出典:instagram.com

モノトーンのインテリアがおしゃれなお部屋のレイアウト。

食事をしながらテレビを見る習慣があるお宅なら、LDKのダイニング側にテレビを配置するのもおすすめです。

縦長リビングでは、どちらかの壁側にテレビを配置してしまうと、テレビが見にくい席ができてしまうので、こんな風にキッチン側に配置するといいですね。


 

窓際にテレビがある縦長リビングレイアウト

窓際にテレビがある縦長リビングレイアウト

yu_akashi

出典:instagram.com

縦長リビングでは、窓際にテレビを配置すると逆光で画面が見にくいことがあります。

テレビを窓際に配置したいなら、ブラインドを使って光を調整できるようにしましょう。

窓際にテレビを配置すれば、キッチンからもテレビが見やすいので、一人暮らしの人にもおすすめのレイアウトですよ。

窓側にテレビを置くことで、ベッドやテーブルなどの他の家具も配置しやすくなります。


 

壁の真ん中にテレビのある縦長リビングレイアウト

壁の真ん中にテレビのある縦長リビングレイアウト

こちらは9畳ほどの縦長1Kを一人暮らしのお部屋として使っています。ベッドを窓際に配置してお部屋の手前をリビングスペースにしているのが◎。

あえてソファを置かず、低めの家具でインテリアを作っているので、開放感がありますね。テレビは、ローテーブルと平行に配置して、反対側に壁はソファを置かずにクッションを並べています。

 

テレビのある縦長リビング|配置実例

ヴィンテージインテリアの縦長リビング

ヴィンテージインテリアの縦長リビング

白いフローリングの床の縦長リビング。DIYしたというキッチンの間仕切りやテーブルを置いて、ヴィンテージテイストのインテリアでコーディネートしています。

2人暮らしのこちらのお部屋では、ダイニングテーブルを壁際に寄せることで、通路を確保。テレビもテーブル側に配置しているので、食卓からも視聴できるレイアウトになっています。

 

 

モノトーンインテリアの縦長リビング

モノトーンインテリアの縦長リビング

ma.yuy___am

出典:instagram.com

白を基調にブラックを利かせたモノトーンインテリアの縦長リビング。床だけでなく、家具も白が多めなので開放感がありますね。

ダイニングテーブルはキッチンカウンターにつけて配置しているので、お部屋が広く使えます。

テレビは、ソファの対面に配置。ダイニングとリビングが視覚的に分けられているので、メリハリのある生活ができそうなレイアウトです。


 

ナチュラルインテリアの縦長リビング

ナチュラルインテリアの縦長リビング

木製の家具でコーディネートしてナチュラルな雰囲気の縦長リビング。壁が長いことを利用して、壁一面を壁面収納に。

テレビもその中に収めてしまえば、お部屋がすっきりとしてみえます。ダイニングはあえて窓際に配置。お部屋の一番明るい場所で食事ができるので、家族で朝食を取ることが多いご家庭におすすめの配置です。

 

ナチュラルモダンインテリアの縦長リビング

ナチュラルモダンインテリアの縦長リビング

bigjoy_interior

出典:instagram.com

縦長リビングの間取りですが、2方向に窓があるので明るいお部屋です。

オーク材のフローリングに合わせてナチュラルモダンなインテリアコーディネートに仕上がっていますよ。

テレビは腰高窓の下に配置。光の入り具合によって画面が見にくくなることがあるので、窓にブラインドやカフェカーテンをつけるのがおすすめです。


 

アンティークインテリアの縦長リビング

アンティークインテリアの縦長リビング

kikilala.003

出典:instagram.com

白いフローリングのマンションの縦長リビング。

ウォールナットカラーの家具や木材とアイアンを組み合わせた家具を配置することで、マンションでもアンティークでおしゃれな雰囲気のインテリアが作れます。

お部屋にグリーンや雑貨を飾るとよりセンス良く見えますよ。

テレビを置いたリビングスペースとダイニングテーブルの間に背の高い家具を配置することで、さりげないゾーニングができます。


 

北欧インテリアの縦長リビング

北欧インテリアの縦長リビング

emiyuto

出典:instagram.com

北欧テイストの家具がレイアウトされた縦長リビング。ダイニングテーブルをキッチンカウンターにぴったりとつけているので、空間にゆとりを感じます。

高さのあるテレビ台とソファもそれぞれ壁際に寄せてあるので、キッチンから一直線に窓が見えて開放的な雰囲気になっています。


 

カフェ風インテリアの縦長リビング

カフェ風インテリアの縦長リビング

ご夫婦が暮らす縦長リビングのお部屋。ダイニングテーブルとソファを同じ壁側に寄せて、テレビ台を反対側に配置することで、細長いお部屋の導線がぐっと良くなります。

腰高窓の下には収納棚とテーブルをDIYして、スペースを有効活用しています。お部屋の椅子が色々な方向を向いているので、2人で一緒の部屋に居てもプライベートが保てるのがいいですね。

 

ガーリーインテリアの縦長リビング

ガーリーインテリアの縦長リビング

こちらは一人暮らしのお部屋。縦長のお部屋にLDと寝室を詰め込まなければいけません。右側の壁にベッドとテーブル、左側にリビングと収納と家具を配置することで、視覚的にゾーニングができていますね。

また、お部屋の真ん中に空間ができることで窓まで一直線に視線が届き、お部屋が広く見える効果もあります。テレビは、ソファとテーブル側を向いているので、どちら側にいても視聴が可能です。

 

テレビのある縦長リビングまとめ

縦長リビングのテレビのレイアウトについてまとめてみました。同じような縦長リビングでもレイアウトによって、お部屋の印象が違ってくることがわかりますね。

ソファやテレビ台の配置を工夫することで、お部屋を広く開放的に見せることも可能です。ぜひポイントを押さえて、縦長リビングを有効活用してくださいね。

こちらもおすすめ☆