コンパクトな1Rや1Kでもおしゃれな照明を!一人暮らしの照明事情

コンパクトなスペースでの一人暮らしには、どのような照明が必要でしょうか。一般的には天井にシーリングライトが取り付けられている物件が多いかもしれません。今回は、インテリア上級者さんのお部屋で使われている照明器具に注目します。

著者:
公開日:
コンパクトな1Rや1Kでもおしゃれな照明を!一人暮らしの照明事情

一人暮らしのお部屋にはどんな照明が似合うのか

ワンルームや1Kといったコンパクトなスペースでの一人暮らしには、どのような照明が必要でしょうか。

一般的には天井にシーリングライトが取り付けられている物件が多いかもしれません。今回は、インテリア上級者さんのお部屋で使われている照明器具に注目します。

床置きのフロアライトや小さめサイズのデスクランプなどを組み合わせた、おしゃれな照明のあしらい方をご覧ください。

北欧インテリアでまとめた1Kの照明事情

ベッドサイドのフロアライト

まずは、北欧テイストを感じさせるモノトーンインテリアでまとめられた1Kのお部屋の照明から、ご紹介しましょう。

ベッドを挟んで左右に小さなテーブルやテレビ台を配置して、おしゃれな雑貨をディスプレイ収納しています。

観葉植物もさまざまなタイプを取り入れたインテリア上級者さんは、ベッドサイドにシンプルなフロアライトとコードライトをセット。

2種類の明かりを楽しんでいます。


 

 

ベッドサイドのテーブルライト

ベッドサイドに置かれたテーブルランプは裸電球系のデザインがおしゃれです。

ウッドスタンドの図形的なデザインや木の色味が、アクセサリーホルダーとして使っているハンド型オブジェと似ている点もポイント。

高さの違う2色のキャンドルや薬品っぽいラベルデザインなど、小物の選び方にもセンスが光ります。


 

デスクコーナーのデスクライト

デスク周りもモノトーンでまとめています。

自粛期間中に在宅勤務となったことをきっかけに、座り心地の良い椅子を購入されたそう。

デスクライトは、インダストリアルな機能的なデザインをセレクトしています。

アームの角度が付けられるタイプなので間接照明としても活躍してくれそうです。


 

一人暮らしの天井ライト

ウッディな家具になじむ美しい光

一人暮らし 照明4

一人暮らしのお部屋で使われているさまざまな照明の中から、まずは天井のシーリングライトを見ていきましょう。

こちらは、大きな球形のライトが5つ並べられたデザインです。夕方になって電気を灯すと、うっすらオレンジみのある光が広がります。

天井までのウッディなシェルフやフローリングに、天井からのやわらかな光が美しくなじみます。

 

繊細なラインデザインのシェード

一人暮らし 照明5

続いてご紹介する一人暮らしのお部屋は、6畳×12畳の1DKをカフェスタイルのナチュラルインテリアにまとめているお部屋です。

白やベージュといったニュートラルカラーでまとめられた空間は、スペースを実際よりも広く開放的に感じさせるのではないでしょうか。

天井のシーリングライトには、ライン状デザインのランプシェードを並べています。

 

ナチュラルデザインのシャンデリア

一人暮らし 照明6

10.4畳のワンルームには、個性的なデザインのシーリングライトが設置されています。

ソファコーナーの天井に設置されているシャンデリアは、ブラックスチールのフレームに朝のロープがぐるぐると巻き付けられているデザイン。

武骨な印象のフレームが、フレンチカントリーテイストにカジュアルダウン。ナチュラルなインテリアとの相性も良いシャンデリアです。

 

一人暮らしのフロアライト

イーゼルのようなデザインのフロアライト

一人暮らし 照明7

最後にご紹介するのは、一人暮らしのお部屋に取り入れられているフロアライト。

ワンルームの対角線上にフロアライトとデスクランプを配置することで、電気を灯したときに光を部屋中に拡散することができます。

手前のフロアライトは、白椎木を素材にしたスタンドにシンプルなファブリックシェードを組み合わせたデザインです。

イーゼルのような見た目もおしゃれです。

 

シンプルな角柱デザインのフロアライト

一人暮らし 照明8

13.9畳のワンルームでの一人暮らしのお部屋です。ソファコーナーの対面にベッドスペースをしつらえたレイアウトに、スポットライトとフロアライトがおしゃれな雰囲気をプラス。

シンプルな角柱のように見えるフロアライトは、ホワイトオークが素材です。光が出てくるサイドは和紙のようなテイストのアクリルが使われています。

 

ソリッドデザインのフロアライト

白の分量が多いモノトーンインテリアの1K。

白いソファのサイドに置かれたフロアランプは、ソリッドなデザインのゴールドカラーが目を惹きます。

天井からの照明だけでなく、フロアライトやテーブルランプなどを上手に活用して間接照明風にあしらうことで照明による陰影が生まれ奥行きを感じる、おしゃれな空間にしつらえられます。


 

フランス生まれのフロアライト

一人暮らし 照明10

こちらも1Kのお部屋に一人暮らしをされている人のインテリアです。

ベッドサイドに置かれたフロアライトは、フランス生まれのインダストリアル系工業ランプで知られるジェルデ社のもの。

ジョイントが特殊な構造になっているので、一般的なフロアランプに比べて照明の向きを自由自在に変えられます。壁に向けて間接照明として使う方法もおすすめです。

 

限られたスペースでも照明でおしゃれに

ワンルームや1Kといったコンパクトなお部屋での一人暮らしは、スペース的な制約もあります。

それでも、天井からのシーリングライトやペンダントライト、床置きするフロアライトなどさまざまな種類の照明を上手に選んで配置することで、おしゃれでリラクシーな空間を作り上げることができるでしょう。

まずはお気に入りの照明を探すところから始めてみませんか。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告