収納見直しのポイントをチェック!少し手を加えるだけで使いやすくなる♪

毎日使う場所の収納スペースは、使い勝手良く工夫されていますか?ちょっとした知識や経験があるだけで、使いやすく効率の良い収納スペースに仕上がりますよ。今回は、おすすめの見直し箇所、見直しポイントをメインに、実例ショットを交えてご紹介します。

著者:
公開日:
収納見直しのポイントをチェック!少し手を加えるだけで使いやすくなる♪

収納見直しのポイントとは?

毎日使う場所の収納スペースは、使い勝手良く工夫されていますか?ちょっとした知識や経験があるだけで、使いやすく効率の良い収納スペースに仕上がりますよ。

今回は、おすすめの見直し箇所、見直しポイントをメインに、実例ショットを交えてご紹介していきます。

ちょっとしたアイテム見直しから、空間を大きく使った例など、気になった箇所をチェックしてみてくださいね。

ここを見直すと便利!おすすめ見直し箇所&ポイント10選!

子供のプリントなどの書類関係

おすすめ見直し箇所&ポイント

alinu.h.h.k

書類関係の中でも特に整理整頓に気を配っておきたいのが、子供関係のプリント類です。

行事や普段の連絡など、大切な情報が詰まったプリントはほぼ毎日のように配られるため、あっという間に溜まっていきます。

書類収納の中に子供関係をまとめた専用スペースがあると、探す手間も省けて一石二鳥ですよ。


 

 

毎日使うシンク下

おすすめ見直し箇所&ポイント2

r.y0323__home

毎日使うキッチンでも特に使用頻度が高いのが、シンク下の収納スペースです。

調理器具意外にもキッチン周りの掃除アイテムや、毎日の家事に必須の雑貨を収納することが多い場所です。

収納の見直しをするなら、特に活用頻度の高い場所をメインにチェックすると良いでしょう。


 

見栄えも意識した見直しを

おすすめ見直し箇所&ポイント3

minimal._.white

収納の見直しをするなら、見栄え良く見える収納を楽しむのもおすすめですよ。

せっかく見直すなら、使い勝手だけでなく見た目も満足いく仕上がりがベストです。

こちらの実例では入れ物も中身もモノトーンで揃えたものです。

手持ちのアイテムが好みの色やデザインに偏っている場合にはおすすめの見直し例です。


 

パッと見てわかりやすいのが良し

おすすめ見直し箇所&ポイント4

jam470

開けた瞬間からわかりやすく、見た目で便利とわかるような収納は、毎日の家事に有利に働きます。

パッケージも品物名が見えるように収納したり、食器類は容器を変えてわかりやすく分けたりなど、使い勝手を良くする工夫が詰まったシンク下収納です。

瓶類を使うときに寝かせておくと中身が明確になりますよ。


 

文房具収納はスッキリさせよう

おすすめ見直し箇所&ポイント5

sh.atyou

いつの間にかアイテムが増えてしまいがちなのが文房具のコーナーです。

本当に必要なものだけを残して、スッキリと見直すのがおすすめですよ。

こちらの実例では、収納スペースに余裕さえ感じられるほどにスッキリとした収納に。

重複して持っているアイテムは手放すなどして、断捨離するのもひとつの手段です。


 

キッチン上収納も実用的に

おすすめ見直し箇所&ポイント6

konoasa_i

キッチンの上方面の収納は、さまざまな用途に使われる便利な場所です。

こちらの収納を見直す場合は、実用性を考えた実例がベター。

特に目隠しできるタイプの棚なら、普段の作業動線やアイテムの使用頻度をポイントに、収納するアイテムの数や場所を決めていくと良いでしょう。


 

収納アイテムは統一感が命

おすすめ見直し箇所&ポイント7

minimal._.white

目に入ったときに、綺麗に整っていると感じられるような収納がベスト。

そのことを頭において、気になる場所の収納を見直してみましょう。

こちらの実例は、ダイニング背面の収納実例です。

インテリアに馴染むシンプルなホワイトでスッキリと統一されていますね。

統一感は収納の命と言っても過言ではありません。


 

サイズアウトしたアイテムは要注意

おすすめ見直し箇所&ポイント8

ks._.myhome

見直し箇所として多いのが、子供関係のグッズです。

子供が成長するにしたがって、使うアイテムのサイズや用途は目まぐるしく変化し続けるもの。

その変化に合わせて、収納もその都度見直していくのがベストです。

こちらは、サイズアウトした子供のシューズ収納を見直したものです。


 

家族全員が使う場所も見直そう

おすすめ見直し箇所&ポイント9

kayo.home00

家族みんなが使うアイテムを収納するなら、みんながわかりやすいと感じるような配慮が必要です。

こちらの実例は、薬やマスクなどの救急箱の収納です。

小分け用のボックスには中身の内容をラベルで明白に。

パッとみただけでわかるので、使い勝手が良くなりますよ。

中身が判断しやすい半透明のグッズがおすすめです。


 

調理器具は出し入れしやすさがカギ

おすすめ見直し箇所&ポイント10

takimoto_manami

毎日の料理に使う調理器具は、出しやすくしまいやすい収納がベストです。

今までの見直しをするなら、画像のように立てかけるスタイルの収納がおすすめですよ。

重ねて置かないので取り出しやすく、しまう時も簡単です。

他のアイテムに気を使わずに収納できる、無駄を省いた収納実例です。


 

収納見直しで快適な生活を

おすすめの見直し箇所やポイントをご紹介しました。どの実例も、使用頻度の高い収納場所ばかりです。基本的には、良く使う収納の見直しを中心に行うのがベター。

作業中のイメージをしながら、作業効率を考えた工夫をプラスしていきましょう。キッチンや子供グッズはアイテムの数や入れ替わりが激しいので、定期的な見直しがおすすめですよ。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告