クローゼットを見直して服選びをもっと快適に♪クローゼットの収納アイデア

上下に分かれた棚と、ハンガーポールが特徴的なクローゼット。 「もっと使いやすく、見た目もキレイにしたい!」という人は多いのではないでしょうか? 今回は、クローゼットの収納アイデアをご紹介。 アイテムに適した場所におさめれば毎日の洋服選びがグッと快適になりますよ。

著者:
公開日:
クローゼットを見直して服選びをもっと快適に♪クローゼットの収納アイデア

クローゼットの収納アイデアをご紹介

上下に分かれた棚と、ハンガーポールが特徴的なクローゼット。

「もっと使いやすく、見た目もキレイにしたい!」という人は多いのではないでしょうか?

今回は、クローゼットの収納アイデアをご紹介。

アイテムに適した場所におさめれば毎日の洋服選びがグッと快適になりますよ。

クローゼット収納のポイント

クローゼットの収納

manataro.500

クローゼットを有効活用するポイントは、8割収納を心がけることです。

アイテムの数が多いほど管理に手間と時間が掛かってしまいます。

収納方法を見直す前に、ワードローブを厳選するところから始めましょう。

また、着る頻度でアイテムを分類するのも使いやすいクローゼットにするコツです。


 

 

クローゼットの収納アイデア

クローゼットの収納アイデア①上部ゾーン

クローゼットの収納2

letoile__life

使用頻度が低く軽いモノは、クローゼットの上部に収納するのがおすすめです。

こちらは無印良品のソフトボックスを使い、スッキリとおさめています。

ラベル付けしておけば、ファスナーを開けて中身を確認する手間が省けます。

ダイソーの園芸コーナーで見つけたというタグが、お洒落ですね。


 

クローゼットの収納3

yururiyurami

イケアのペーパーボックスを上部に収納しています。

無駄をそぎ落としたシンプルなデザインで見た目もスッキリ。

手前に3つ並べたかごバッグも雰囲気があって素敵です。

見た目も美しい収納は、ぜひお手本にしたいですね。


 

クローゼットの収納4

___yoko.rty

上部に収納したケースに、子供の布団やオフシーズンの服を収納しています。

持ち手が付いたデザインなら、高い位置でもスムーズに取り出せますね。

背の高い人なら踏み台を使わなくても届きそう。

使う収納アイテムは、シンプルなデザインを選ぶとスッキリまとまります。


 

クローゼットの収納アイデア②ハンガーゾーン

クローゼットの収納5

s.k.m.f

「人に見せる場所じゃないから。」と、さまざまな色・形のハンガーを混在させていませんか?

美しいクローゼットを目指すなら種類を統一しましょう。

肩先が揃うとスッキリしますよ。

また厚みのあるハンガーでは収納できる枚数が減ってしまいます。

スリムなデザインを意識して選んでみてくださいね。


 

クローゼットの収納6

kozue._.pic

普段使いの服とアウターをハンギングし、その他は全て引き出しにおさめています。

あらかじめハンガーの本数を決めておけば、洋服の数をコントロールすることも可能。

似たような服を買ってしまったり、安いからと衝動買いしてしまったりというリスクを防げます。


 

クローゼットの収納7

doraco0331

こちらは、ドイツ製の「MAWAハンガー(マワハンガー)」で統一しています。

カーディガンのボタンをとめなくても、滑り落ちず快適。

清潔感あるホワイトのハンガーは、クローゼットの見た目をスッキリさせたい人にぴったりですよ。


 

クローゼットの収納アイデア③下部ゾーン

クローゼットの収納8

himayuralico

クローゼットの下部ゾーンは重さのあるアイテムの収納におすすめ。

こちらは布団を重ねておさめています。

上げ下ろしする必要がないので腰への負担も軽減できそうですね。

布団を片付けたり、敷いたりするのもスムーズです。


 

クローゼットの収納9

natsu._.log

下部に引き出しタイプの収納ケースを使うのも、おすすめ。

こちらはダイソーの白いリメイクシートを使用し、中を目隠ししています。

柄や色が見えないので、スッキリまとまりますよ。

またケースの上の空間を利用してバスケットをスタンバイ。

靴下などの小物や部屋着などの定位置にぴったりです。


 

クローゼットの収納10

muno_home

下部ゾーンに引き出しケースを使う場合は、洋服をポールにかけた状態でスペースを測りましょう。

その際、衣類の丈を揃えるのがポイントです。

こちらのクローゼットの左側は服の長さに合わせてケースを階段状に並べています。

丈を揃えれば下部の空間を無駄なく使えますよ。


 

クローゼットの収納11

lokki_783

収納ケースを選ぶとき、つい大容量タイプを選びがち。

引き出しの奥のモノが取り出しにくいので、小さめをセレクトしましょう。

ケースは小分にし、引き出し1段につきワンジャンルと決めておくと使いたいものがすぐに見つかります。


 

クローゼット収納におすすめのアイテム

女性の洋服用におすすめのハンガー。

緩やかなアーチのおかげで、ニットやセーターをハンギングしても型崩れしにくいのが魅力的。

肩に出っ張りがないので洗濯物をハンガーで干し、そのままクローゼットに移動させれば家事の時短にもつながります。


 

 

無印良品の引き出し式ケース。

スペースに合わせて自由に組み合わせられるのが魅力です。

リメイクシートを貼って目隠ししなくても中が見えず、スッキリまとまります。

白とグレーの中間のような色合いが素敵ですね。


 

[CIAOPANIC TYPY] 〈収納かご・ランドリーバスケット〉ベトナムシーグラスカゴM

[CIAOPANIC TYPY] 〈収納かご・ランドリーバスケット〉ベトナムシーグラスカゴM

1,650円

引き出しケースの上にできた空間に、便利なバスケット。パジャマや、数回着てから洗濯する洋服の定位置にぴったりです。

storage_stayhome半分に折り畳めるので、入れるものに合わせて深さを調節できます。コロンと丸い形がお洒落ですね。

 

持ち手付きで、クローゼット上部の収納にぴったりな衣装ケース。

ダブルの羽毛布団がぴったり入るサイズです。

内側をコーティングしてあるので立てても倒れません。

飽きのこないシンプルなデザインが嬉しいですね。


 

クローゼット収納を見直して、毎日の服選びをもっと快適に

上部・ハンガーポール・下部と、各スペースの特徴に適したアイテムをおさめるのが、クローゼット収納のコツ。

グッズを使う場合は、きちんと計測し無駄な空間をつくらないことも大切です。

あなたもクローゼット収納を見直して、毎日の服選びをもっと楽しんでくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告