インテリアを整えるコツは「引き算」!スッキリルームを作る15のコツ

かわいい雑貨や普段使いの日用品など、あれこれ物のあるお部屋も楽しいですが掃除の手間もかかるうえ、その場にいるだけで疲れてしまう…という方も多いかもしれません。今回は、「引き算」を意識したインテリアコーディネートをご紹介していきます。

著者:
公開日:
インテリアを整えるコツは「引き算」!スッキリルームを作る15のコツ

引き算で、インテリアを整える

かわいい雑貨や普段使いの日用品、捨てたくないものなど、あれこれ物のあるお部屋も楽しいですが掃除の手間もかかるうえ、その場にいるだけで疲れてしまう……という方も多いかもしれません。

そんな方におすすめなのが「引き算」を意識したインテリアコーディネートです。「飾りすぎない」「持ちすぎない」引き算のインテリアを実践すると、お部屋は劇的にスッキリするはずですよ。

スッキリルームを作りたいなら「引き算」してみよう!

家具は壁面に取り付けることでスッキリする

家具は壁面に取り付けることでスッキリする

decoramundo

出典:instagram.com

比較的購入しやすく、移動もらくちんな脚付きの家具はポピュラーなものですよね。

ですが、掃除がしにくかったり見た目にも圧迫感があるなどデメリットもあります。

実例のように箱や枠を壁面に取り付ければ、見た目もスッキリ。縦横の位置をあわせるとより美しい空間を作ることができます。


 

 

ファブリックを使わないお部屋づくりをしてみる

ファブリックを使わないお部屋づくりをしてみる

decoramundo

出典:instagram.com

椅子にはクッション、テーブルにはクロス、床にはラグ……とあって当たり前と思いがちなファブリックを思い切って取り去ってみるのもおすすめです。

見た目がスッキリするのはもちろんホコリも立ちにくくなり、お掃除がらくちんになりますよ。


 

色遣いはごくシンプルにまとめる

色遣いはごくシンプルにまとめる

decoramundo

出典:instagram.com

グレーと黄色という2色をメインに使っているお部屋です。あれこれ色を使っていないので、統一感が出ていますね。

アクセントカラーは実例のように大胆に取り入れると、ディスプレイが控えめでもおしゃれに見えます。


 

クローゼットは「余白」を意識する

クローゼットは「余白」を意識する

decoramundo

出典:instagram.com

ついつい物を詰め込んでしまいがちなクローゼットは、「余白」を大切にするのがスッキリ見せるポイント。

お洋服なども傷みにくいのがうれしいですよね。お洋服のデザイン等も堪能できますよ。


 

雑貨はギャラリーを作る感覚で並べる

雑貨はギャラリーを作る感覚で並べる

decoramundo

出典:instagram.com

かわいい雑貨がたくさん並んだお部屋は魅力的なもの。とはいえあれこれ無秩序に飾ると、どうしてもごちゃごちゃして見えてしまいます。

色使いやテイストなどテーマを決めて並べると、ギャラリーテイストのお部屋を作れます。


 

柄物は1つだけにする

柄物は1つだけにする

decoramundo

出典:instagram.com

見た目もおしゃれに見える柄物のファブリックは、積極的に取り入れたいもの。

ですが、引き算インテリアを実現するなら、柄物は1種類だけにするのがベターでしょう。

特に目線より下のラグに使うと、圧迫感も出にくいのでおすすめです。


 

ソファとクッションは色味を合わせる

ソファとクッションは色味を合わせる

flymee_official

出典:instagram.com

様々なクッションが置かれたソファはおしゃれにも見えますが、やはりごちゃついてしまいがちですよね。

ソファとの色味や素材を合わせると、スッキリとまとまりますよ。ソファ上に置くクッションも控えめにすると座りやすくなります。


 

おしゃれな色の壁があれば、ディスプレイはいらなくなる

おしゃれな色の壁があれば、ディスプレイはいらなくなる

flymee_official

出典:instagram.com

シンプルなお部屋にはあこがれるけれど、おしゃれな雰囲気も大切にしたい!という方におすすめなのが、壁をきれいな色でアレンジすること。

実例のようになにも飾っていなくても、おしゃれに見えますよ。壁はペンキなどで塗るほか壁紙を貼るのもおすすめ。

賃貸さんでも「はがせる壁紙」を使えば簡単にアレンジできます。


 

家具は色味を合わせる

家具は色味を合わせる

flymee_official

出典:instagram.com

ごくシンプルな色味の家具を中心にまとめている実例です。机や棚、椅子などさまざまな家具がありますが、どれも色味が同じなので統一感が出ていますね。

家具は同じブランドで購入するほか、リメイクシートやペンキなどで同一色に塗るのもおすすめです。


 

足元には物を置かない

足元には物を置かない

margauxpiret

出典:instagram.com

机の下やキッチンカウンターの下など、スペースがあるとついつい収納やディスプレイに使ってしまいたくなりますよね。

ですがそこをぐっとこらえると、お部屋に「ヌケ」感が生まれてスッキリとするんです。掃除もしやすいので、家事の時短にもつながりますよ。

どうしても収納に使いたい場合は、実例のように移動しやすい小ぶりのかごなどを使うのがおすすめです。


 

家具や照明は、華奢なものを選ぶ

家具や照明は、華奢なものを選ぶ

leclairdecor

出典:instagram.com

太いフレームの家具や照明は安定感はありますが、ボリュームがあるので見た目はイマイチ。

できるだけ華奢なデザインのものを選ぶと、スッキリとしたシンプルルームに近づけるでしょう。


 

 

グリーンは1つだけでもおしゃれ

グリーンは1つだけでもおしゃれ

leclairdecor

出典:instagram.com

たくさんグリーンが並ぶ風景も愛らしいものですが、お手入れや掃除が大変と思うなら「引き算」をして1つだけにしてみるのもおすすめです。

鉢植えや置き場にもこだわれば、1つでもおしゃれなインテリアを作ることができます。


 

キッチンに出すものは最低限にする

キッチンに出すものは最低限にする

sofiehome

出典:instagram.com

食品や調理器具、洗剤などついつい物を出しっぱなしにしてしまいがちなキッチンも、必要最低限のものだけを出すようにすると見た目がスッキリします。

また、出しておくと決めたものは見た目が洗練されているものにするとインテリア性もばっちりになりますよ。


 

使わないものは出さない

使わないものは出さない

sofiehome

出典:instagram.com

たくさんの枕やクッションが並ぶベッドはおしゃれに見えますが、実際に使わないのであれば思い切って取るのがおすすめ。

ベッドも広く使えるうえ、掃除や洗濯の手間も省けます。出しておくものは使うものだけ、と決めておくとスッキリするでしょう。


 

棚はすべて埋めないほうがスッキリする

棚はすべて埋めないほうがスッキリする

flymee_official

出典:instagram.com

すべての段に物が詰め込まれた棚は、圧迫感もあり見た目もイマイチ。本当に必要なものだけにより分けて、ゆとりをもって収納するのがおすすめです。

実例のように空いている段のほうが多い棚は、インテリア性も抜群です。


 

引き算インテリアで軽やかに暮らそう♡

物を持ちすぎない、詰め込みすぎない「引き算」インテリアを作るコツをご紹介しました。お部屋の中に「ゆとり」を作ると、急に物が増えた時に対応しやすいのはもちろん、お掃除もしやすく見た目もスッキリするなどいいことづくめ。

よりシンプルライフを目指したいというときには、引き算を意識したお部屋づくりをしてみてください。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告