【連載】《可変性と機能性》がカギ!少ない家具で狭いリビングをフレキシブルに使う方法

トレーニング、自宅学習、在宅勤務などが増えて、リビングダイニングに求められるものが増え、その在り方が変わってきています。そこで、限られた空間を有効に使える「可変性」と「機能性」を併せ持った家具選びをご紹介します!

公開日:
【連載】《可変性と機能性》がカギ!少ない家具で狭いリビングをフレキシブルに使う方法

これからのリビングにもとめられるものは《可変性と機能性》

トレーニング、自宅学習、在宅勤務……。在宅時間が増えて、リビングダイニングに求められるものが増え、その在り方が変わってきています。

しかし、目的に応じて家具を増やしていくと、リビングダイニングは物であふれ、ますます狭いお部屋になってしまいます。

そこで、限られた空間を有効に使うには、シーンに合わせて変えることができる「可変性」と「機能性」を併せ持った家具を選ぶことが大切になります。

奥行45㎝のワークテーブルが大活躍!

奥行45㎝のワークテーブルが大活躍!

「可変性」と「機能性」を併せ持った家具として、注目したいものが上図のようなワークテーブルです。

ワークテーブルとは、幅120㎝×奥行40㎝~45㎝×高さ72㎝程度のテーブルのことで、パソコン作業やお仕事をするカウンターテーブルとして、オフィスなどで使用されているものです。

このワークテーブルですが、そのサイズ感から、ダイニングテーブルとしても使えます。例えば、4人家族で使う一般的なダイニングテーブルのサイズは幅120㎝×奥行80㎝×高さ70㎝です。

 

 

奥行45㎝のワークテーブルが大活躍!2

上図のように、ワークテーブルを向かい合わせに2つ使用すれば、幅120㎝×奥行80~90㎝×高さ72㎝程度のテーブルとなりダイニングテーブルとほぼ同じサイズになります。

 

奥行45㎝のワークテーブルが大活躍!3

上から見た、家具のレイアウトです。

 

奥行45㎝のワークテーブルが大活躍!4

上図のようにワークテーブルが2つあると、ダイニングテーブルの機能も兼ねることができます。

 

在宅勤務や自宅学習には、L字レイアウトが便利!

在宅勤務や自宅学習には、L字レイアウトが便利!

在宅勤務や自宅学習の場合は、上図のように「L字型」のレイアウトがおすすめです。専用のデスクを買い足さずに、ワークテーブルのレイアウトのみで対応できるので、無駄がありません。

 

在宅勤務や自宅学習には、L字レイアウトが便利!2

ワークテーブルは、幅が120㎝もあるので、上図のようにパソコンや資料などの作業スペースも確保できます。

壁を背にすれば、オンライン会議の背景にも気を使いません。

 

在宅勤務や自宅学習には、L字レイアウトが便利!3

また、お仕事をしながら、お子様の自宅学習を見守ることも可能です。このL字レイアウトは、上図のように対面で座るより心理的圧迫感が少なく、声をかけやすい適度な距離を保てます。

 

気分を変えたいときは、カウンターレイアウトもお勧め!

気分を変えたいときは、カウンターレイアウトもお勧め!

いつもの食事風景を変えたいときは、上図のような、カウンターレイアウトもお勧めです。

 

気分を変えたいときは、カウンターレイアウトもお勧め!2

上図のように、ワークテーブルを、キッチンカウンターに2台平行に並べるだけで、カフェ風のダイニングに変身できます。

調理をしながら対面でおしゃべりをしたり、手軽に気分を変えて、食事を楽しむことができます。

 

気分を変えたいときは、カウンターレイアウトもお勧め!3

また、上図のようにリビングサイドにスペースができますので、子どもたちが遊んだり、ヨガや筋トレなど、軽い運動をするスペースにも使えます。

 

フレキシブルな家具を使い、限られた空間を有効に使う

いかがでしたか?このワークデスクは、ホームセンターやネットショップなどで販売されており、価格は1万円以下と、とてもリーズナブルな商品です。

リビングの使われ方の変化とともに、家具に求められる機能も変化しています。無駄な買い物をしないためにも、フレキシブルに対応できる家具を検討してみてください。

しかまのりこさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告