一人暮らしでも色んなレイアウトが楽しめる♪すっきり見えるレイアウト実例

一人暮らしのお部屋は部屋の広さが限られているので、家具のレイアウトも悩んでしまいますよね。そこで今回はワンルームでも空間を最大限に活用されている方のレイアウト実例を紹介させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

著者:
公開日:
一人暮らしでも色んなレイアウトが楽しめる♪すっきり見えるレイアウト実例

一人暮らしでも空間を最大限に活用できる♪

一人暮らしのお部屋は部屋の広さが限られているので、家具のレイアウトも悩んでしまいますよね。

そこで今回はワンルームでも空間を最大限に活用されている方のレイアウト実例を紹介させていただきます。家具をどのように配置しているのか参考にしてみてくださいね。

すっきり見えるレイアウト実例

ベッドは壁側に寄せる

ベッドは壁側に寄せる

___ha__g

出典:instagram.com

大きなベッドは壁にぺたっとくっつけて圧迫感を出さずにレイアウトするのがおすすめです。

ベッドフレームがないだけでもすっきり見せられるので、家具で圧迫感を与えてしまうのはもったいないですね。


 

 

テレビを角に配置する

テレビを角に配置する

___ruu___

出典:instagram.com

テレビは意外と場所を取りますし存在感のある家具なので角に持ってくるとすっきりして見えますね。

コーナー用のテレビボードなども販売されているので、圧迫感を与えないようなコンパクトなテレビボードがおすすめです。


 

奥に大きな家具を持ってくる

奥に大きな家具を持ってくる

riririroom

出典:instagram.com

このように縦長の間取りになっている場合、部屋に入って一番奥にベッドや背の高い家具を置くのがおすすめです。

手前側に置いてしまうと、どうしても圧迫感を感じてしまいます。縦長のお部屋は大きな家具を奥に置きましょう!


 

奥に大きな家具を持ってくる2

riririroom

出典:instagram.com

1つ前の写真と同じお部屋なのですが、ソファの位置が微妙に変わっていますね。

ソファを壁に寄せて配置するのもいいですが、コンパクトなソファならこのように位置を変えて模様替えすることもできます。

一人暮らしのお部屋の場合、あまり大きな家具を買わない方が空間を広く使えるのでおすすめ。


 

床を広く見せるように配置する

床を広く見せるように配置する

maasan_gram

出典:instagram.com

こちらのお部屋は家具をホワイト系で統一しているので、部屋が明るく広く見えやすくなります。

黒い家具はかっこいいですが、少し圧迫感を感じさせてしまうので家具選びも重要です。

テレビボードとソファ、リビングテーブルの位置が離れているので、床がしっかり見えていて広く感じられます。


 

死角になる位置にベッドを置く

死角になる位置にベッドを置く

dkdk0621_

出典:instagram.com

部屋の中で一番大きな家具といえばベッドですよね。このような間取りの場合、左側にベッドを置いてしまうと通路を妨げて狭くなってしまいますよね。

ベッドは眠るとき以外はほとんど使わない場所でもあるので、見えにくい位置や一番奥に配置するのがおすすめです。


 

余計な家具を置かない

余計な家具を置かない

rooom_tooom

出典:instagram.com

テレビボードを置かず、テーブルの上にパソコンを置かれていますよね。あれこれ置いてしまうと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。

テーブルを壁にぺたっとくっつけてパソコンを置くことで、収納家具とテーブルが一体化になっているように見えますね。


 

コーナーにテレビを置く

コーナーにテレビを置く

namiheeeey

出典:instagram.com

ベッドもそうですがテレビも比較的場所を取るものなので、一番奥の目立たないスペースに配置するのもおすすめです。

特にコーナーに置くことで、無駄なスペースを作りにくくすっきり見せてくれます。


 

窓を遮らないように配置する

窓を遮らないように配置する

kanagram_room

出典:instagram.com

窓の位置も重要になってくるのですが、窓を遮るように家具を置いてしまうと暗くなってしまいますよね。

洗濯物を干すときにも窓を開けにくかったりとデメリットしかありません。窓にかからないようにベッドやラック、テレビボードなどの家具を置くのがおすすめです。


 

ソファとベッドを並べて置く

ソファとベッドを並べて置く

_____dailyy

出典:instagram.com

ベッドだけではなくソファも置く場合、いくらコンパクトソファを選んだとはいえ場所を取ってしまいます。

できるだけ壁面に大きな家具を置き、手前の部分を広く使うようにするのがおすすめです。ベッドとソファが隣同士にあるとすっきりして見えますね。


 

快適な空間をつくりましょう!

一人暮らしのお部屋はそこまで大きな家具がないので、比較的模様替えしやすい空間ですよね。できるだけ圧迫感を与えず空間を広く見せるレイアウトがおすすめです。実際に一人暮らしのインテリアを参考にしながらレイアウトを変えてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告